尿道炎・淋菌感染症・梅毒感染症治療ミノマイシンジェネリック:ミノシン50mg

 

 

 

ミノシン50mgは、有効成分ミノサイクリン塩酸塩を含有しているミノマイシンジェネリックの成分少量錠です。

ミノシン50mgは、テトラサイクリン系の抗生物質に分類され、細菌が増殖するために必要なたんぱく質の合成を阻害することで抗菌作用を示します。特に、グラム陽性菌(ブドウ球菌属、溶血性レンサ球菌、肺炎球菌など)及びグラム陰性菌(大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属など)に対して広範な抗菌作用があるほか、多剤耐性ブドウ球菌、クラミジア属、リケッチア属、炭疽菌に強い抗菌力を示します。

このように、広範かつ強い抗菌力をもミノシン50mg(ミノサイクリン塩酸塩)は、皮膚科、呼吸器科、耳鼻科、泌尿器科、歯科領域など幅広い感染症治療に用いられます。

 


おすすめポイント

  • 尿道炎・淋菌感染症・梅毒をはじめ広範かつ強い抗菌力を有するミノマイシンジェネリック
  • 成分量50mgの成分少量錠
  • ボトルタイプで携帯しやすい

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

製品名
ミノシン50mg

(Minocin)

 

製造会社

TEOFARMA Srl

 

成分・形状

ミノサイクリン塩酸塩 50mg


使用対象・効能効果

適応菌種
ミノサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌、梅毒トレポネーマ、リケッチア属(オリエンチア・ツツガムシ)、クラミジア属、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、淋菌感染症、梅毒、腹膜炎、感染性腸炎、外陰炎、細菌性腟炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、炭疽、つつが虫病、オウム病

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常成人は初回投与量を100〜200mgとし、以後12時間ごとあるいは24時間ごとに100mgを経口服用
  • 年齢、体重、症状などに応じて適宜増減

 

副作用

  • 主な副作用として、ショック、アナフィラキシー、全身性紅斑性狼瘡(SLE)様症状の増悪、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、自己免疫性肝炎、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、血液障害、重篤な肝機能障害、急性腎不全、間質性腎炎、呼吸困難、間質性肺炎、PIE症候群、膵炎、痙攣、意識障害等の精神神経障害、出血性腸炎、偽膜性大腸炎、発疹、めまい感、頭痛、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害、嘔吐、下痢、舌痰、倦怠感などの症状が現れる場合があります。
  • 副作用に関しては個人差があります。その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。(※2回分を一度に服用しないこと。)
  • 胃薬(アルミニウム、マグネシウム含有制酸剤)や鉄剤、カルシウム含有製剤と同時に服用すると効き目が弱くなるので、2〜4時間ずらして服用してください。
  • 多めの水で服用してください。特に寝る前の服用には注意してください。
  • 本剤の服用中に尿が黄褐色〜茶褐色、緑、青に変色することがありますが、心配は要りません。
  • めまい感があらわれることがあるので、本剤服用中は自動車の運転等危険を伴う機械の操作及び高所での作業等に従事しないでください。
  • 本剤の服用中にカルシウムを多く含む食品(牛乳など)は一緒に摂らないでください。
  • テトラサイクリン系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方は本剤を使用しないでください。

 

 

 


コメント
コメントする