ファイザー社製高脂血症治療薬リピトールジェネリック:ザラトール10mg

 

 

ザラトール10mgは、アトルバスタチンを主成分とする高脂血症治療薬でリピトールのジェネリックで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症の治療に用いられています。ジェネリックながらファイザー社製なのも◎

ザラトール10mgの主成分アトルバスタチンは、コレステロールの原因となる酵素の働きを阻害することで、コレステロールの合成を抑え、また血液内の悪玉コレステロールの取り込みを促進して、コレステロールレベルを低下させます。

 

コレステロールの血中濃度を低下させることは、生活習慣による脂質異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール症など)を予防することにつながります。

高コレステロール血症とは、血中のコレステロールレベルが高い状態を指し、動脈硬化の進行を促して狭心症や心筋梗塞を招く可能性があります。家族性高コレステロール血症は、生まれつきコレステロール値が高い状態になる遺伝性の疾患です。

ザラトール10mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品は成分量10mgの少量錠かつ90錠入りの大容量なので、継続的な利用が必要な高脂血症治療薬(リピトール)として使い勝手が良く、またファイザー社製のためジェネリックに不安があるという方にもおすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • ファイザー社製高脂血症治療薬リピトールジェネリック
  • 1ケース90錠入り
  • アトルバスタチン成分少量錠で健康診断結果で脂質C判定の方におすすめ

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

製品名
ザラトール10mg(Zarator)

 

製造会社

ファイザー

 

成分・形状

アトルバスタチン10mg(Atorvastatin)

 


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1日1回服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(2錠)まで増量可能(家族性高コレステロール血症の場合は、
    1日40mg(4錠)まで増量可能)

副作用

  • 主な副作用として、肝機能値の異常、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢、指のしびれ感、頭痛、不眠、発疹、かゆみなどの症状が現れる場合があります。
  • まれなケースですが、初期症状等に念のため注意していただく症状として、横紋筋融解症、肝臓の重い症状、重い過敏症、重い血液成分の異常、重い皮膚・粘膜障害、間質性肺炎が現れる場合があります
  • その他、足のふくらはぎなどに筋肉痛が生じたり、ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状等、異常を感じた際は、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある、肝代謝能が低下していると考えられる方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸)、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の方、テラプレビルを投与中の方などは、本剤の使用をしないでください。
  • 腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる方は原則使用しないでください。ただし、医師の判断のもと、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用します。
  • 肝障害又はその既往歴がある、アルコール中毒、腎障害又はその既往歴がある、フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)・免疫抑制剤(シクロスポリン等)・ニコチン酸製剤(ニセリトロール等)・アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)・エリスロマイシンを投与中の方、糖尿病、甲状腺機能低下症、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある方、薬剤性の筋障害の既往歴のある方、高齢者等の方は、慎重投与となります。本剤を使用する前に、必ず医師にご相談ください。
  • 食事療法・運動療法を行い、高血圧、喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も考慮して使用することが望ましいとされています。
  • 投与中に血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止してください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
     

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


コメント
コメントする