ビタミンB1補給剤:アリナミンF

 

アリナミンFは、肉体疲労時などの栄養補給で有名なビタミンB1補給剤です。

 

肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期の栄養補給はもちろんのこと、眼精疲労、筋肉痛や関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれなどの諸症状の緩和にも最適です。また、ビタミンB1がアルコールの分解にも必要なことから、お酒をたくさん飲む方にも適しています。

疲労とは、身体がエネルギーを上手に得られないために生じます。疲労を回復させるには、効率的なエネルギー産生が必要です。エネルギーは、糖質や脂質、たんぱく質から産生されますが、この際ビタミンB1の関与がとても大切です。ビタミンB1はにんにくやレバーに豊富に含まれる栄養素ですが、体内に吸収されにくく欠乏しやすいという特徴があります。厚生省も不足しがちな栄養素として、ビタミンB1を挙げています。

 

そこでタケダは、慢性的に不足しがちなビタミンB1の吸収を高めるビタミンB1誘導体(フルスルチアミン)の開発に成功しました。フルスルチアミンは、通常のビタミンB1に比べて数十倍も腸内で吸収されやすく、吸収されたフルスルチアミンはビタミンB1となって、身体のすみずみまで行き届き、エネルギーの産生に効果を発揮します。アリナミンFはフルスルチアミンを主成分としています。

 

なんとなく体がだるいなどの症状がある方におすすめの製品です。

 


おすすめポイント

  • 個人輸入を利用することでリーズナブルな購入が可能

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

製品名

アリナミンF

 

製造会社

武田薬品

 

成分・形状

フルスルチアミン 50


使用対象・効能効果

  • ビタミンB1欠乏症の予防、治療
  • 食事からのB1摂取が不十分な際の補充(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時等)
  • ウェルニッケ脳症
  • 脚気衝心
  • ビタミンB1欠乏又は代謝障害が関与すると推定される神経痛、筋肉痛、関節痛、末梢神経炎、末梢神経炎、末梢神経麻痺、心筋代謝障害、便秘等の胃腸運動機能障害、術後腸管麻痺


※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

 


使用方法

  • 通常、成人には1日50〜100(1〜2錠)を1日1〜2回に分けて食後服用
  • なお、年齢、症状により適宜増減します。

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。

 


 

JUGEMテーマ:アンチエイジング


コメント
コメントする