インド最大手サンファーマ社製痛風治療薬フェブリクジェネリック:フェブタズ80mg

 

 

フェブタズ80mg(Febutaz)は、痛風治療薬フェブリクのジェネリックです。

フェブタズの主成分フェブキソスタットは、尿酸の生成に必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼ(XO)を阻害し、尿酸の合成を抑えることにより尿酸値を低下させる薬剤で、痛風、高尿酸血症の治療に効果を発揮します。

 

副作用は比較的少ないとされています(個人が差があります)が、服用の際は、1日10mg(0.13錠)より開始し、その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量してください。維持量は通常1日1回40mg(0.5錠)で、状態に応じて適宜増減しますが、最大投与量は1日1回60mg(0.75錠)となっています。本製品は80mg錠ですので、ピルカッターなどを使い、錠剤をカットして服用することで、コストパフォーマンスよく服用することができますが、くれぐれも服用の際はご注意ください。

 


おすすめポイント

  • インド最大手サンファーマ社製痛風治療薬フェブリクジェネリック

 

ここに注意

  • 成分大容錠のため使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名

フェブタズ80mg(Febutaz)

 

製造会社

サンファーマ

サンファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)は、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。

 

成分・形状
フェブキソスタット 80mg

(Febuxostat)


使用対象・効能効果

痛風、高尿酸血症
 


使用方法

  • 1日10mg(0.13錠)より開始、1日1回服用
  • その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量してください。
  • 維持量は通常1日1回40mg(0.5錠)で、状態に応じて適宜増減しますが、最大投与量は1日1回60mg(0.75錠)です。

 

副作用

  • 主な副作用として、関節痛、肝機能検査値異常、肝機能障害、過敏症などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の方は本剤を服用しないでください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


コメント
コメントする