アボット社製高脂血症治療剤リピディルジェネリック:リパンシール200mg

 

リパンシール200mgは、有効成分のフェノフィブラートを含有する高脂血症治療薬リピディルジェネリックで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げます。

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロールであるLDLコレステロールや、中性脂肪であるトリグリセリドが、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低下していたりする状態です。この状態が継続することで、血管にコレステロールが詰まります。動脈が狭く、もろくなるため、動脈硬化症などの原因となります。

リピディルジェネリックの有効成分であるフェノフィブラートは、コレステロールの合成や、腸管からの吸収を抑えたり、排泄を促したりすることで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。また、糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減するという臨床データが2018年に発表されています。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • アボット社製高脂血症治療剤リピディルジェネリック
  • 糖尿病患者の痛風リスク軽減効果も

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名

リパンシール200mg

 

製造会社

アボット(Abott)

 

成分・形状

フェノフィブラート 200mg・カプセル


使用対象・効能効果

高脂血症(家族性を含む)


使用方法

  • 通常、1日1回1カプセルを食後服用

 

副作用

  • 主な副作用として、肝機能検査値異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇等)、口内炎、鼓腸、胆石症、胆のう炎、浮腫、発熱、勃起障害、頻尿、横紋筋融解症、肝障害、膵炎などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方過敏症肝障害のある方、過敏症肝障害のある方、中等度以上の腎機能障害のある方、胆のう疾患のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳婦は本剤を服用しないでください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


コメント
コメントする