レビトラジェネリック:サビトラ10mg

 

 

サビトラ10mgは、「即効性がある」「副作用が少ない」という特徴を持つバルデナフィル成分含有のレビトラジェネリックです。

グローバル基準の20ではなく、成分量控えめの10mg錠ですので、20咾任聾きすぎる、副作用がきついという方にお勧めです。

 


おすすめポイント

  • 種類が少ないレビトラジェネリックの10咯

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

製品名
サビトラ 10mg(SAVITRA)


製造会社

サバ・メディカ


サバ・メディカは2003年設立のインドのアーメダバードを拠点とする新興製薬会社です。設立は新しいものの、幅広い製品をさまざまな地域で効果的に提供するための医薬品のバリューチェーン全体をカバーする製造、マーケティング、小売、流通網を確立させインド発のグローバル製薬ビジネス分野で最も急速に成長している企業の1つとなっています。

 


成分・形状

バルデナフィル塩酸塩水和物 10mg・錠剤

バルデナフィル塩酸塩水和物はED治療薬としてドイツのバイエル社が開発・発売した「レビトラ」の成分です。ED治療薬としてはバイアグラに続いて2番目に発売されました。バルデナフィルはバイアグラの主成分であるシルデナフィルと構造などよく似ていますが、体内に吸収されるのがより早いので即効性があり、食事などの影響も受けにくく、さらに臓器選択性が高い(陰茎海綿体以外への作用が少ない)ので副作用も少ない点が異なり、まさに「バイアグラの改良版」ともいえる成分です。このように扱いやすく、しっかり効果がある点からバルデナフィル配合のレビトラ、及びレビトラジェネリックが人気となっています。また全員に効果があるわけではありませんが、10mg以上で射精時間の若干の延長効果もあるとされ、早漏症(PE)の方にもおすすめです。


使用対象・効能効果

男性・勃起不全(ED)


使用方法

  • 1日1回性行為の1時間前に適量を服用
  • 1日の投与は1回とし、次の投与までの間隔は24時間以上としてください
  • 65歳以上の高齢者、肝障害患者は5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとしてくださいてください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、めまい、ほてり、消化不良、鼻閉、動悸などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

以下の診断・既往歴がある方は使用できません

  • バルデナフィルに対する過敏症
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と診断
  • 重度の肝機能障害
  • 血液透析が必要な肝障害、低血圧、治療管理がなされていない高血圧、不安定狭心症
  • 脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴(6ヵ月以内)
  • 網膜色素変性症

 

併用禁忌薬

  • 硝酸剤、一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン等)
  • リオシグアトアデムパスリトナビルノービア、インジナビルクリキシバン等
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


コメント
コメントする