バイアグラジェネリック「ビゴレ100mg」の効果と副作用!本当にED(勃起不全)を改善する効果があるのか?

 

 

 

バイアグラと言えば、成人男性ならだれもがその名称を聞いたことがあるほどの有名なED(勃起不全)治療薬。

 

ED(勃起不全)とは、「性交時に十分な勃起が得られない」あるいは「十分な勃起が維持できない」ことにより満足な性交が行えない状態であると定義されています。

 

つまり、勃起しないケースはもちろんのこと、勃起状態が維持できない、硬さが不十分など、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもED(勃起不全)となります。

 

20年ほど前に行われた調査では、中度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1,130万人にのぼるという調査結果があります。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中度以上のED(勃起不全)ということになります。つまり、ED(勃起不全)は加齢に伴いだれにでも起こりうる、老眼と同じような身近な症状(疾患)なのです。

 

 

バイアグラ(ジェネリック)はそのED(勃起不全)を改善する効果があると言われています。

 

ED(勃起不全)に悩む壮年男性なら一石二鳥の喜ばしい効果ですが、

「バイアグラって副作用があるのでは?」

「バイアグラジェネリックはバイアグラよりも効き目が劣るのでは?」

「バイアグラジェネリックって胡散臭い」

「バイアグラジェネリックは製品がたくさんあるのでどれを選んだらよいかわからない」

「バイアグラジェネリックは偽物が出回っていると聞いた」

 

という疑問、不安、不信感をお持ちの方も多いはず。

 

 

ですが、もしバイアグラジェネリックの効果が本当ならば、

ED(勃起不全)に悩んでいる方にとって使わない手はありません。

 

ビゴレは、ED治療薬の一大勢力を築き上げたバイアグラの代表的なジェネリック医薬品のひとつです。

ビゴレは日本では発売されていないグローバル市場向けの製品のため、その情報についてはインターネット上で玉石混合となっています。

 

  • バイアグラジェネリックの効果は本物か?
  • ビゴレの効果はどんなものなのか?

 

日本で発売されておらず情報も少ないため、いまいち胡散臭さもあるビゴレの真相を探ってみました。

 

 

 

 

バイアグラと3大ED治療薬

 

EDの治療薬としては、主に以下の3種類が有名です。

 

  • バイアグラ(有効成分:シルデナフィルクエン酸塩)
  • レビトラ(有効成分:塩酸バルデナフィル水和物)
  • シアリス(有効成分:タダラフィル)

 

それぞれ有効成分が異なり、即効性や作用時間にそれぞれの特徴があります。

今回、ご紹介するビゴレ100mgは、バイアグラのジェネリックに該当します。

 

製品名称 バイアグラ レビトラ シアリス
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル  タダラフィル
効き目 強力 強い 緩やか
即効性

中程度

即効性に強み 劣る
副作用  強  強  弱
持続時間 5時間程度 7〜10時間程度 24〜36時間程度

 

 

バイアグラは、ファイザー社から販売された世界初のED治療薬であり、ED治療に金字塔を打ち立てた医薬品です。各国の特許法の違い(代表的なのはインド)や特許期限切れ(日本の場合はこちら)もあり、各社各様のジェネリック製品が市場に流通しています。

バイアグラ(ジェネリック)をはじめとしたグローバル全体でのED治療薬市場は2020年には4,500億円に達する見通しです。医薬品市場全体が100兆円程度ですので、生死にかかわる医薬品でない点を考慮しても、大きな存在感を有していることが見て取れます。また、日本国内の市場規模は100億円程度と推定されていますが、今後の高齢化社会の到来に伴う需要増に伴って、市場規模は一段と拡大していくことが予想されています。

 

 

ビゴレとは?

 

ビゴレ(旧製品名ビゴラ)はジャーマンレメディーズが製造・販売し、またたく間に実績・人気ともに知られることとなったバイアグラジェネリックです。バイアグラジェネリックの多くが、本家バイアグラと同じく青い錠剤であるのに対し、ビゴレは赤色と独自路線なのが特徴です。

 

ビゴレの製造会社であるジャーマンレメディーズ(German Remedies)は1949年にドイツのレメディズ株式会社の現地子会社としてインドのムンバイで設立された製薬会社です。女性向けヘルスケア、呼吸器ケア、胃腸病、心血管ケア、腫瘍学を専門とし、アゼピン鼻スプレーやオーグメンチンなどが特に知られています。2001年ザイダスカディラの傘下にとなり現在に至ります。ザイダスカディラは1952年設立と歴史も古く、売上高は約700億超でインドでは売上トップ5に数えられる規模を誇る製薬会社でバイアグラのジェネリック医薬品だけではなく、製剤、獣医製剤、原薬、OTC薬剤、薬用化粧品など幅広く手掛けています。また基礎研究として、糖尿病、肥満、心血疾患、感染症ワクチン、生物製剤の研究なども行っており、高い研究技術と品質管理なのも◎

 

 

有効成分シルデナフィルとは?

 

バイアグラ(ジェネリック)の成分である「シルデナフィル」は元々狭心症の薬として開発されましたが、臨床試験の過程で勃起を促す効果が偶然に見つかったことで、勃起不全治療薬としての道を歩むことになりました。

またバイアグラとは別に、「レバチオ」(Revatio)という名前で肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使われています。シルデナフィルは脳を介した血管拡張を促進する作用があるため、現在に至るまでさまざまな疾患に対する適応研究がなされています。将来はシルデナフィルから新たな医薬品が発売されることはほぼ間違いないとも言われています。

ED治療におけるシルデナフィルの作用は、EDの原因とされる陰茎の勃起を止める酵素PDE5の動きを食い止める(この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。)とともに、cGMP(環状グアノシン一リン酸)の増加が男性器周辺の血管を拡げることにより男性器に行き渡る血液の量が増え、性的刺激を受けた際に緩やかな勃起を促して、勃起状態をキープする働きをみせます。

国内外で多くの臨床試験が行われており、おおよそ70〜90%の割合で効果があるとされます(効果には個人差があります)。

 

そもそもED(勃起不全)の原因としては、心理的な要因によるもの、神経や血管など身体に問題があるもの、そしてその両方が混合しているタイプがあると言われています。

 

シルデナフィルは、それらいずれのタイプにも有効だと言われており、適用範囲の広さがウリとなっています。

 

そのメカニズムですが、シルデナフィルには、別名「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬」とも呼ばれるペニスの勃起を邪魔する酵素を阻害する作用があります。シルデナフィルは、PDE5を阻害する事により、海綿体平滑筋を弛緩する成分でペニスの勃起に必要なGMP(cyclicGMP)の分解を抑制し濃度を高めます。

そうすることで、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋を緩め、血管を拡張させることで男性器の海綿体への血液の流入量を増やし、満足な性行為を行うに十分な勃起を促し、維持させると言われています。

 

 

ただし、バイアグラジェネリックは、飲むだけで性的興奮を高める効果はありませんので注意が必要です。

 

 

ビゴレの服用方法は?

 

バイアグラジェネリックの配合量に関してですが、グローバル基準は100mgなのに対し、日本の基準が50mgとなっているのは、体格が欧米人と比べて相対的に小さい日本人の身体的特徴を考慮に入れているとのことです。

 

 

基本的な服用方法は以下となっています。

  • 1日1回25mg〜50mg(0.5〜1錠)
  • 性行為の約1時間前に経口投与
  • 投与間隔は24時間以上

 

 

配合量と利きに相関関係があるわけではなく(多く飲めばその分利きもよくなるというわけではない)、効果の個人差も大きいため、ED治療薬自体を飲むのが初めての方は、まずは25mgから試すことをおすすめします。
とはいえ、海外からの個人輸入を活用する方はほとんどの方が100mgを購入しています。ピルカッターを使い錠剤をカットする(残念ながら、錠剤は手で二つに割れるほど柔らかくできていません)ことで、1錠あたりの単価を低く抑えることができるからです。

 

ただし、高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある患者については、本剤の血漿中濃度が増加することが認められているので、25mg(0.5錠)を開始用量としてください。

 

効果が出るまでの時間は、個人差が大きいようです。通常、バイアグラジェネリックは効果が出るまで1時間くらい必要と言われていますが、「本番に備え」あらかじめ試しておくのもオススメです。

 

また、バイアグラジェネリックは食事の影響を受けることがあるので、食後に使用した場合効果が出にくい事もあると言われています。そのため、空腹時や食後2時間前後の服用がお勧めと言われています。

 

 

 

ビゴレの副作用は?

 

医薬品には必ず副作用がつきものです。ビゴレ100mgには、以下のような副作用があると報告されています。

 

血管拡張作用、頭痛、ほてり、血圧低下、動悸、目の充血、意識を失う、胸が痛む、鼻づまり、視覚障害、眼の痛み、視覚異常、結膜炎、光が赤く見える、まぶしく見える、物が青く見える、眼に光が当たっていないにも関わらず光を感じる、白目が赤くなる、勃起が続く

 

特に、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどは、使用者の約9割の方が感じていると言われています。

また、アレルギーの可能性も否定できませんので、何か異常を感じたら使用を中止して医師による診断を受ける事が賢明です。

さらに、使用にあたっては注意事項もありますので、よく読んでご使用ください。

 

 

ビゴレ100mgの口コミは?

 

ですが、仮にビゴレを使ってみたいと思っても、これだけでは不安は消えないと思います。そこで、ビゴレを実際に購入し、使用されている方々の生の声(レビュー)が非常に参考になります。

 

詳しくはこちらのページをご覧いただきたいのですが、不満の声やマイナス点としては、「効果がない」と言う声がありますが、総じて「効果がある」という喜びの声が多いように感じます。

 

いずれにせよ個人差は避けられないようです。400件近い利用者の声が掲載されていますので、ぜひご自身の目で確かめてみてください。​

 

 

 

ビゴレ100mgを安心して使用する方法とは?


バイアグラジェネリックに限らず、ED治療薬は少なからず副作用があり使い方を誤ると大変危険です。ですので、最初は病院に行って医師に相談し処方してもらい、その後、問題なければ個人輸入を利用してみると言う方法もひとつの方法です。

 

個人輸入を利用する事で、病院に行く手間と、少しかもしれませんが恥ずかしい思いをする事が無くなり、安価で効果的なED治療薬を購入することができるようになります。

 

インターネットが今日のように発展してきたからこそ「手間」と「時間」と「お金」の節約が可能となりました。

 

ビゴレが、いつまでも快適な性生活を実現してくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする