白癬・カンジダ症・癜風治療ペキロンクリームジェネリック:ダーマイクロス(アモロルフィンクリーム0.25%)

 

ダーマイクロス(アモロルフィンクリーム0.25%)はアモロルフィンを有効成分とするモルホリン系抗真菌ペキロンクリームジェネリックです。

 

真菌のエルゴステロール生合成経路を2段階で選択的に阻害する特徴を持ち、幅広い抗菌スペクトラムをもっています。白癬、皮膚カンジダ症、癜風など幅広い皮膚真菌症の治療に使用されます。また白癬菌(皮膚糸状菌)に対して、菌糸を著しく変形させ破壊することで強い殺菌力を示します。

 

 

■白癬菌
カビの一種である白癬菌は皮膚の角質層に寄生し、感染を広げていきます。白癬菌は髪や皮膚の角質に含まれるケラチンというたんぱく質を好んで栄養源とするカビです。手や身体にも感染しますが、9割近くは足に感染します。つよい痒みやひび割れ、皮が破けたりなどの症状が現れます。

■カンジダ
カンジダ属の真菌が感染することによって起こるカンジダ症は、主に湿潤部位の皮膚で発生しやすい傾向があります。発疹や鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどがみられます。

■癜風(でんぷう)
癜風菌というカビが皮膚表面に付着し、広範囲に広がる病気です。「くろなまず」とも呼ばれ、一見して身体に黒いシミが出来たように見える黒色癜風、白い脱色素斑が見える白色癜風が現れたりします。

 

 

おすすめポイント

  • モルホリン系抗真菌ペキロンクリームジェネリック

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 

 

製品名

ダーマイクロス(アモロルフィンクリーム0.25%)


製造会社

ヒーリングファーマ(Healing Pharma)

 

ヒーリングファーマはインドムンバイを本拠とする製薬会社です。「顧客に高品質の製品を最高基準で提供する」をミッションんに、調達から完成した配合まで国際規格に準拠した製品づくりをしています。


成分・形状

アモロルフィン塩酸塩 0.25%


使用対象・効能効果

皮膚真菌症の治療
(白癬:足部白癬、体部白癬、股部白癬、カンジダ症:指間糜爛症・間擦疹・皮膚カンジダ症、癜風)
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 1日1回患部に塗布

 

副作用

  • 主な副作用として、局所の剌激感、接触皮膚炎、発赤、瘙痒、紅斑が報告されています。
  • 人によってはかぶれを起こすことがあり、赤みや痒みがひどくなる場合は、ただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

注意事項

  • 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴のある方は、使用をしないでください。
  • 類薬で過敏症の既往歴がある場合は、慎重投与をしてください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:水虫


コメント
コメントする