【pjur medシリーズ】膣潤滑ローション:ピュアmed・ウォーミング

 

ピュアmed・ウォーミングは、パートナーとのセックスライフを潤滑にする膣潤滑剤シリーズ「ピュアmedシリーズ」の蓮の花エキス配合ローションです。

 

ピュアmed・ウォーミングには、フラボノイドやビタミンCなどを含んだ蓮の花エキスが配合されており、抗酸化作用や保湿作用が期待できます。水溶性の潤滑剤なので、肌との相性もよく洗い流すのも簡単です。天然成分由来なので敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

製造会社のピュア(pjur)社はルクセンブルグを拠点とするグローバル企業Pjur(英語表記ではPure)社で、1995年に潤滑剤の販売を開始しました。世界中で50ヶ国以上の販売実績がありますピュアmedシリーズ(膣潤滑ローション)は、世界54ヵ国で親しまれている女性のための膣潤滑剤シリーズです。皮膚科学に基づく商品テストで保証された品質、EU加盟国での流通基準証明のCEマーク認証済ですので、安心してご利用いただけます。

 


おすすめポイント

  • フラボノイドやビタミンCなどを含んだ蓮の花エキス配合ローション

 

ここに注意

  • 香りの好み、強さに個人差
  • 効果に個人差がある

 

 

 

 

 

製品名
ピュアmed・ウォーミング(pjur med warming glide)


製造会社
ピュア(Pjur)
ルクセンブルクに本社を置くpjurグループは、5大陸60ヵ国以上でヘルスケア製品を販売するグローバルヘルスケア企業です。 ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家で、佐賀県ほどの国土面積で、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツと隣接する小さな国です。そんな小国の一企業からグローバル企業に成長しているpjurグループは皮膚保護に関する個人用潤滑油および消費財に焦点を当てています。 pjurグループは、主に自社ブランド「pjur」のもとで製品を販売しています。 すべての製品は内部で開発されており、製造はドイツ拠点で行われています(なのでパッケージには made in Germanyと記されています)。 pjurグループは、欧州連合(EU)、FDA、およびTGAによって定められた要件を含む、対応する製品カテゴリーの公式国際要件に従って、すべての製品を登録し、認証を得ています。


成分・形状

アクア(水)、グリセリン、キサンタンガム、ハス花エキス、ベンジルアルコール、安息香酸ナトリウム、ソルビン酸カリウム、クエン酸


使用対象・効能効果

女性・膣潤滑ローション

 

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

必要に応じて、適量を塗布してください。

 

副作用
特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み