カンジダ症治療薬ジフルカンジェネリック:マイラン社製フルコナゾール50mg

 

 

マイラン社製フルコナゾール50mgは、日本国内で承認されているジフルカンカプセル(ファイザー)と同じ有効成分のフルコナゾールを含有する深在性真菌症治療剤ジフルカンのジェネリックです。

 

マイラン社製フルコナゾール50mgに含有されている有効成分のフルコナゾールは、真菌の細胞膜の生合成を阻害して、真菌が増えるのを抑え、カンジタ症や真菌性髄膜炎、呼吸器真菌症、消化管真菌症などの内臓真菌症を治療したり、造血幹細胞移植患者における深在性真菌症を予防します。


おすすめポイント

  • グローバルジェネリック医薬品メーカーマイラン社製のジフルカンジェネリック
  • 1日1回の服用でOK

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

製品名
マイラン社製フルコナゾール50mg


製造会社

マイラン・ニュージーランド

マイランは米国ペンシルバニア州に本拠を置く世界最大級のジェネリック製薬会社です。現在ではアメリカのみならず、イギリス、フランス、日本を始めとする世界140ヵ国で取引されているグローバル製薬会社に成長しています。日本法人としてマイラン製薬株式会社があります。ファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結していることから、バイアグラをはじめとしたファイザー社製ブランドバイタルの多くをジェネリック製造販売しています。


成分・形状

フルコナゾール 50mg
フルコナゾールは、深在性真菌症に用いられるアゾール系の抗真菌薬です。日本では、ファイザーがジフルカンとして販売しているほか、ジェネリックが数多く承認発売されています。剤形には、カプセル剤、ドライシロップ、注射液など複数あります。通常経口服用(錠剤・カプセル)は注射液等に比べ吸収性が劣りますが、フルコナゾールは経口でも吸収が良く、腸管循環するため血中半減期が長い特性を持ち、1日1回投与で主にカンジダ属、クリプトコッカス属に効果を発揮します。


使用対象・効能効果

  • カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症
  • 真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
  • 造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
  • カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 


使用方法

  • カンジダ症の場合は通常、成人には50〜100mg(1〜2カプセル)を1日1回服用
  • クリプトコッカス症の場合は、通常、成人に50〜200mg(1〜4カプセル)を1日1回服用。なお、重症又は難治性真菌感染症の場合には、1日量として400mg(8カプセル)まで増量できる。
  • 造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防は、成人には400mg(50mgカプセルの場合:8カプセル)をを1日1回服用
  • カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎は、通常、150mg(3カプセル)を1日1回服用

 

副作用

  • 主な副作用として、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群、血液障害、急性腎不全、肝障害、意識障害、痙攣、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、間質性肺炎、偽膜性大腸炎のほか、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

以下の診断・既往歴がある方は使用できません

  • トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル配合錠を服用中の方
  • 本剤に対して過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したとき(1日以内)すぐに服用してください。ただし、2回分を一度に服用しないでください。
  • 睡眠薬、片頭痛治療薬、抗精神病薬、抗不整脈薬をお飲みの方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする