バイエル社製白癬・カンジダ症治療クリーム:トラボゲンクリーム

 

 

トラボゲンクリームは、有効成分をイソコナゾールとする真菌を殺菌する塗り薬です。主に、白癬(水虫)やカンジダ症の治療に使用します。

トラボゲンクリームの有効成分であるイソコナゾールは、イミダゾール系の抗真菌薬で皮膚真菌症の治療に使用します。強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、水虫の原因菌である白癬菌のほか、カンジダや癜風菌にも効果を発揮します。殺菌的に作用するため、正しく治療すれば完全に治すことが可能です。

 

 

 

おすすめポイント

  • バイエル社製白癬・カンジダ症治療クリーム
  • 強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを有する

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 


製品名
トラボゲンクリーム

(Travogen Cream)


製造会社

バイエル

バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

1gあたり
イソコナゾール硝酸塩 10mg


使用対象・効能効果

  • 白癬:体部白癬(斑状小水疱性白癬、頑癬)、股部白癬(頑癬)、足部白癬(汗疱状白癬)
  • カンジダ症:指間びらん症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、爪囲炎、外陰カンジダ症、皮膚カンジダ症
  • 癜風


※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

 

使用方法

  • 1日2〜3回患部に塗布

 

 

副作用

  • 赤みやかぶれが生じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:水虫


コメント
コメントする