健康増進サプリメント:フェヌグリーク500mg

 

 

フェヌグリーク500mgは、腸内環境の改善やダイエット・生活習慣病の予防・ホルモンバランスの調整・抗炎症作用など多様な効果を発揮してくれる自然食材から作られた健康増進サプリメントです。

 

美容と健康の両方をしっかりサポートしてくれるため、女性からの注目が高まっています。

 

フェヌグリークは、マメ科の植物の1つで日本ではコロハと呼ばれることが多く、カレーの香辛料として有名です。フェヌグリークには、たんぱく質やビタミン・ミネラルが多く含まれており、インドや中近東では食用・薬用としてとても人気の食材です。

 

 

フェヌグリークの期待効果

  1. 胃腸の働きを改善/食物繊維が多く含まれているため、腸内環境を良くし、便秘などを改善する効果があります。
  2. 女性特有の更年期障害や月経痛、男性の精力増強などを改善/フェヌグリークには性ホルモンを活発にする働きを持つジオスゲニンと呼ばれる成分が入っています。女性の場合は、女性ホルモンの分泌量を一定にし、ホルモンバランスの乱れによって起こる更年期障害や月経痛・月経前症候群などの症状を改善してくれます。また、女性ホルモンを活性化させてくれるため、バストアップの効果もあると言われています。男性の場合は、男性ホルモンやステロイドを活性化させてくれるため精力増強に効果を発揮してくれます。
  3. 生活習慣病の予防/フェヌグリークに含まれるサポニンには、コレステロールを除去してくれる効果があるため、コレステロールや中性脂肪を下げてくれます。生活習慣病と言われる動脈硬化や糖尿病・心筋梗塞などの疾患を事前に予防することができます。
  4. 脳機能の改善/フェヌグリークに含まれるコリン・ジオスゲニン・トリゴネンなどの成分が脳細胞を活性化させる働きを持っているため、認知症やアルツハイマーの予防になります。
  5. ダイエット効果/フェヌグリークに含まれるコリンやサポニンが脂質の代謝を促進してくれるため、身体が脂肪を蓄積しようとする働きを抑制するので、ダイエット効果が期待でき、肥満の防止に繋がります。
  6. 抗炎症作用/フェヌグリークに含まれるコロハやサポニンが炎症反応を鎮静してくれる効果があるため、以前から抗炎症薬として使用され、免疫力を高める効果も持ち合わせています。

フェヌグリークにはこのように様々な作用があり、健康にとても良い自然食材から生まれた健康サプリメントとして利用して頂けます。

 

 

 

 

製品名
フェヌグリーク500mg


製造会社

NOW


成分・形状
フェヌグリーク500mg

使用対象・効能効果

腸内環境の改善やダイエット・生活習慣病の予防・ホルモンバランスの調整・抗炎症作用など

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 1日2〜3回、1回2粒を服用

  • 内服量は、1日で2〜6粒までにして下さい。また、4粒内服される方は、1回2粒を2回内服するなど、まとめて内服しないように数回に分けて服用して下さい。

  • フェヌグリークを初めて内服する方は1日2粒の内服から始めて、効果のあらわれ方に合わせて内服量を徐々に増やしていくようにして下さい。最初から内服量を多くしてしまうと、効果があらわれすぎて副作用症状があらわれやすくなる可能性が高まります。

  • 服用を忘れてしまった場合は、1日1回の内服であれば、飲み忘れに気付いた時に服用して下さい。1日2回内服している場合は、飲み忘れに気付いた時に服用し、次の内服時間が近い時は、次の内服時間を少し送らせて内服時間を開けるようにするか、1回分はスキップして次の内服から通常通り内服するようにして下さい。

 

副作用

  • フェヌグリークは薬ではないため、副作用症状があらわれることはまれですが、6か月以上の長期使用や過剰摂取によって引き起こされることがあります。

  • 副作用症状として、下痢や胃の不快感・腹部の膨満感・尿から甘い匂いがする・咳や鼻づまりなどの風邪症状などがあります。また、フェヌグリークにアレルギー反応を示し、顔の腫れや息苦しさ・喘息・かゆみ・肌の発赤などの症状があらわれる場合があります。

  • 服用し始めてこのような症状があらわれた方は、服用を直ちに中止し、病院を受診するようにして下さい。

 

注意事項

  • フェヌグリークはマメ科の植物から摂取されているため、大豆・ピーナッツ・グリーンピースなどにアレルギー反応を示した方は使用することができません。また、糖尿病の方で内服治療中の方は、フェヌグリークにも血糖値を下げる効果があるため低血糖症になる可能性があります。

  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品を摂取する前に必ず医師にご相談ください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。

 

 

 

JUGEMテーマ:アンチエイジング


コメント
コメントする