淋病等細菌感染症治療薬ケフレックスジェネリック:セファデックス250mg

 

 

セファデックス250mg(Cephadex)は、主成分セファレキシン配合の淋病等細菌感染症治療薬ケフレックスのジェネリックで、淋病などの性感染症など細菌感染によって引き起こされる様々な症状に対して効果を発揮する抗生物質です。

 

セファデックスの有効成分セファレキシンは、体内に入り感染してしまった細菌の細胞壁合成を抑えることで感染症を治療します。適用症状は、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、筋炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症,慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、子宮頸管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染)と幅広く、主にグラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも効果を発揮します。

 

セファデックス250mgは錠剤とカプセルの2種類を選択可能です。ご自身のニーズに合わせてご選択ください。



おすすめポイント

  • インド大手製薬会社シプラ社製セファレキシン配合ケフレックスジェネリック
  • カプセルと錠剤の2種類を選択可

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 


製品名
セファデックス250mg


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。

成分・形状

セファレキシン 250mg


使用対象・効能効果

細菌による感染症の治療
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、筋炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症,慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、子宮頸管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染)のほか、一部のグラム陰性菌にも効果を発揮します。

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 成人及び、体重20kg以上の小児は、6時間毎に250mg(1カプセルまたは1錠)を服用してください。
  • なお、重症の場合や薬効が薄い際には500mg(2カプセルまたは2錠)を服用ください。

副作用

  • 主な副作用として、発疹,蕁麻疹,紅斑,そう痒,発熱,リンパ腺腫脹,関節痛等の副作用が報告されています。
  • また、稀に重大な副作用も報告されていますので、異常が生じた際には、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 服用は治療上必要な最小限の期間に留めてください。
  • 他の疾患をお持ちの方及び、薬剤を服用中の方は本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
     

 

 

 


コメント
コメントする