バイエル社製白癬・カンジダ症・癜風治療クリーム:マイコスポール

 

 

バイエル社のマイコスポールは、ビホナゾールを成分とする真菌に対して効果のあるイミダゾール系の抗真菌薬です。真菌による皮膚病の治療に使用します。


真菌の細胞は、エルゴステロールを主成分とする細胞膜を持っており、ビホナゾールはそのエルゴステロールの生合成を阻害し、真菌の発育を抑制・阻止することで、殺真菌的に抗真菌作用を発揮します。強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴で、水虫の原因菌である白癬菌のほか、カンジダや癜風菌にも有効性が認められています。殺真菌的に作用するため、しっかり治療することで完治可能です。
 

 

 

 

 

おすすめポイント

  • バイエル社製のイミダゾール系の抗真菌薬クリーム

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 

製品名
マイコスポール

(Mycospor)


製造会社

バイエル(Bayer)

バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

ビホナゾール 10mg


使用対象・効能効果

皮膚真菌症の治療
(白癬:足部白癬、体部白癬、股部白癬、カンジダ症:指間糜爛症・間擦疹・皮膚カンジダ症、癜風)
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 1日1回患部に塗布

 

副作用

  • 主な副作用として、刺激感(しみる、ヒリヒリする、熱感)、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれ(接触皮膚炎)が報告されています。
  • 人によってはかぶれを起こすことがあり、赤みや痒みがひどくなる場合は、ただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

注意事項

  • 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴のある方は、使用をしないでください。
  • 類薬で過敏症の既往歴がある場合は、慎重投与をしてください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:水虫


コメント
コメントする