シプラ社製白癬・カンジダ症治療薬:クロシップB

 

 

 

クロシップBは、クロトリマゾールと、ベクロメタゾンジプロピオネートの2つの薬効成分を配合した、抗真菌クリームです。白癬・カンジダ症治療薬で、皮膚に寄生した真菌(カビ)を殺し、水虫(手足)、タムシ(体部)、シラクモ(頭部)などの症状を改善します。

クロシップBに配合されている薬効成分のクロトリマゾールは、皮膚に寄生した真菌(カビ)の細胞膜をこわして殺菌的に働き、白癬、カンジダ、癜風(でんぷう)などの皮膚真菌症に効果を発揮します。また、ベクロメタゾンジプロピオネートが患部の炎症を鎮める作用を発揮します。両成分配合の外用クリームは日本国内では適応がありませんが、グローバルでは一般的に使用されています。

 



おすすめポイント

  • クロトリマゾールとベクロメタゾンジプロピオネートの2つの薬効成分配合の抗真菌クリーム

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 


製品名
クロシップB(Clocip-B)


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。

成分・形状

ベクロメタゾンジプロピオネート 0.025%、 クロトリマゾール 1%


使用対象・効能効果

■白癬
足部白癬(汗疱状白癬,趾間白癬),頑癬,斑状小水疱性白癬
■カンジダ症
指間糜爛症,間擦疹,乳児寄生菌性紅斑,皮膚カンジダ症,爪囲炎

※本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 1日2〜3回患部に塗布してください

副作用

  • 主な副作用として、刺激感、掻痒、発赤(ほてりやひりひり感、かゆみ、皮膚が赤くなる)などの症状が現れる場合があります
  • 副作用に関しては個人差があります
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください。
  • 本剤を眼科用として角膜、結膜には使用しないでください。また、顔面に使用する場合には眼に入らないようにご注意ください。
  • 著しいびらん面には使用しないでください。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする