【ブランドバイタル】男性型脱毛症治療薬:プロペシア1mg(アメリカ版)

 

プロペシアは有効成分フィナステリドを含有する男性型脱毛症治療薬です。


プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。よって、プロペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つとされています。
 

 

フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されています。また、

DHTによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではないが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められています。

 

男性型脱毛症の進行抑制としては、フィナステリドは3年間で98%の人に効果あり。髪が増えてくる人も多く、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増加。また、髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することもわかっています。頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点も、従来の育毛剤とは異なる大きな特徴です。

プロペシアは、男性専用の治療薬ですので、女性の方は服用できません。本剤は、経皮吸収(皮膚からの吸収)があるため、女性の方は本剤に触れることのないようにご留意ください。


おすすめポイント

  • 臨床試験で高い有用性を示す男性型脱毛症進行抑制薬のブランドバイタル
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 即効性はない
  • 男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はない。

 

 

 

製品名

プロペシア1mg (propecia)

 

製造会社

MSD


成分・形状

フィナステリド 1mg(Finasteride )

フィナステリドは、メルク社(現MSD)が開発した抗アンドロゲン薬。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。低用量(0.2または1mg/1日)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、ブランドバイタルとしてプロペシアが多くの国で発売されている。また、高用量(5mg/1日)で前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用する治療薬として海外で承認販売されているが、日本では前立腺の治療薬としては未承認。プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されている。フィナステリドは、体内で男性ホルモンに影響し筋肉増強剤の使用を隠す効果があるため、世界アンチ・ドーピング機関などでドーピング剤として認定されていたが、2009年禁止リストから除外されています。


使用対象・効能効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
※本剤の効果が確認できるまで通常6ヶ月は継続してください。

使用方法

  • 通常0.2mg(0.2錠)を1日1回服用
  • 必要に応じて適宜増量できるが、1日1mg(1錠)を上限とする。

 

副作用

肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)射精障害、性欲減退が報告されています。

 

注意事項

  • 粉砕・破損した場合は、成人男性以外は取り扱わないようにしてください。
  • 服用するのを忘れた際は、思い出したときにすぐ服用してください(ただし、2回分を一度に服用しないこと)
  • 本剤の効果が確認できるまで通常6ヶ月は継続してください。
  • 前立腺がん検診(PSA検診)を受診する際は、検査実施前に医師へ本剤服用の旨をご申告ください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


コメント
コメントする