アンドロクール(アンドロキュア)ジェネリック:プロクール(プロキュア)50mg

 

 

プロクール(プロキュア)50mgは、主成分酢酸シプロテロンの働きにより、テストステロンを減少させるホルモン剤アンドロクール(アンドロキュア)のジェネリックで、男性の過剰な性的欲求や、性的倒錯を抑えるための薬剤です。

テストステロンは、男性器の発達や男性的特徴を形成するのに大切なホルモンです。また精子の生産、性欲の維持、勃起強度、前立腺機能の維持などにも欠かせません。プロクール(プロキュア)の主成分である酢酸シプロテロンは、テストステロンがアンドロゲン受容体に結合するのを防ぎ、テストステロン量を減少させることで、男性の欲求を抑制します。

 

男性の女性化促進剤として利用されるケースが多いのですが、作用が強く効果が高い一方、副作用が強痛め注意が必要です。長期服用の副作用で、肝細胞がんが発現した例などが報告されています。国内では副作用の危険性から、承認が取り消されました。本剤利用の際は、長期の服用を避け、ある程度、男性ホルモンが下がったと感じたら、量を減らしたり服用をやめることをオススメします。

 

 

 

 

製品名
プロクール(プロキュア)(procur) 50mg


製造会社
ダグラス・マニュファクチュアリング(Douglas Manufacturing Limited)

ダグラス・マニュファクチュアリングは、1967年設立のニュージーランド・オークランドを拠点とする製薬企業です。海外拠点は米国及びシンガポールだけですが、世界35か国で30のジェネリック製品を提供しています。


成分・形状

酢酸シプロテロン 50mg

 

使用対象・効能効果
男性による性欲亢進症、性的逸脱、前立腺疾患の治療

  • 上記は、英国での適応です。
  • 本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 成人は通常、1回50mg(1錠)を1日当たり2回、朝と夕の食後、水とともに服用。望む効果が得られたら、少しずつ用量を減らします。
  • 上記は、英国での用法・用量です。
  • 本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

副作用

  • 主な副作用として、精子量減少、射精量減少、体重増または体重減、うつ、不安、乳房の腫れ、ほてり、発汗、疲労、息切れ、肝臓障害、アレルギー反応(発疹、かゆみ、息切れ)、呼吸困難、嚥下障害、胸のしこり、乳首から乳白色の液体が出る、良性肝腫瘍、肝がんなどの症状などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります

 

注意事項

  • 本剤の服用を中止したい場合は、自己判断で中止をせず、医師の指示に従ってください。
  • 服用を中止した後は、性欲・精子量などが通常の状態に戻ります。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。


以下の方は本剤を服用しないでください

  • 肝障害の方
  • がんの方
  • 髄膜腫の既往歴をもつ方
  • 消耗性疾患の方
  • 血栓のある方
  • 糖尿病の方
  • 赤血球に異常のある方
  • 重篤なうつの方
  • 18歳未満または睾丸や骨が未発達の方

 

JUGEMテーマ:男性用サプリ(精力剤等)・グッズの情報


コメント
コメントする