テストステロン補充軟膏:セルノスジェル

 

セルノスジェルは男性更年期障害(LOH症候群)ともいわれ、男性ホルモンである「テストステロン」量の減少から生ずる体調不良、精神不安、ED等のホルモン補充療法(HRT)用のジェルタイプ(塗り薬)ホルモン剤です。

 

1日1回の塗布でテストステロンの濃度が24時間安定的に維持されます。精力だけでなく、倦怠感からの体力、気力の衰えを感じる40歳代以降の男性におすすめの製品です。


更年期障害といえば、一般的には中年女性の病気をイメージされると思いますが、男性にも更年期障害があります。男性の更年期障害は「LOH症候群」ともいわれ、男性ホルモンである「テストステロン」値が大きく影響しています。

 

人生で一番テストステロン値が高い時期は20代で、年齢を重ねるにつれ男性ホルモンは減少傾向になります。ある調査によると、年齢別のテストステロン平均値は20歳代を100とすると、40歳代で82%、50歳代で71%、60歳代で61%・・と漸減していきます。

 

「男性ホルモンの減少=性欲減退→勃起不全(ED)」のイメージがあるかもしれませんが、男性ホルモンは性的な部分だけではなく、やる気の減退やうつ症状、筋肉痛、心筋梗塞や脳梗塞リスクの上昇などが症状としてあらわれ、一見テストステロン(男性ホルモン)と関係のないように思える身体のさまざまな不調とも密接に関わっていることが多いと言われています。セルノスジェルは、この減少したテストステロン値を正常に戻し、さまざまな症状を緩和します。


※男性更年期障害(LOH症候群)に関する参考記事はこちら⇒『日本人が知らない「男の更年期」の恐怖』東洋経済オンライン

 


おすすめポイント

  • 塗るテストステロン補充剤

 

ここに注意

  • 使用方法、副作用に注意


 

 

 

製品名
セルノスジェル(Cernos-Gel)


製造会社

サンファーマ

サンファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)は、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。


成分・形状

1袋当たり:テストステロン50mg・ジェル

テストステロン(testosterone)は男性ホルモンの95%以上を占める重要な要素の一つで、骨や筋肉、脂肪抑制はもちろんのこと、性欲やバイタリティ作用など男性として生きるために大切なホルモンです。テストステロンは、20歳代をピークに年齢を重ねるごとに低下していきますが、減少は「人それぞれ」で「個人差が大きい」という特徴があります。男性更年期障害の症状を軽くするためには、年齢とともに減少するテストステロンをどう維持、もしくは補っていくかがポイントになります。本製品は減少したテストステロン値を正常に戻す効果を有します。

使用対象・効能効果

男性(一般的に40歳以降を想定)・テストステロン値改善


使用方法

  • 1日1回同じ時間帯(夜間の塗布は効果を減する)に上腕部や腹部など皮膚が薄い部分に1袋(5g)を塗布
  • 上記塗布量はグローバル規格です。自身のテストステロン値に応じ、適量を塗布してください
  • 18歳未満及び女性の使用はお控えください

副作用

  • 主な副作用として、前立腺障害、めまい、知覚障害、気分変調、過緊張、下痢、脱毛、赤血球増加症、にきび、ドライ肌、好斑などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります

診断・既往禁忌

  • 前立腺がんや乳がんの方
  • 塗布する箇所に皮膚疾患のある方
  • テストステロンに対する過敏症のある方

 


 

JUGEMテーマ:男性用サプリ(精力剤等)・グッズの情報