アストラゼネカ社製高脂血症治療薬:クレストール20mg

 

 

アストラゼネカ社製高脂血症治療薬クレストール20mgは、有効成分のロスバスタチンを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤で、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げる薬です。成分量20mg錠なので、ピルカッター等を利用することで、リーズナブルに服用が可能です。

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低下していたりする状態をいいます。この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなるため、動脈硬化症の原因となります。

クレストールに含有されている有効成分のロスバスタチンは、肝臓内でのコレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を選択的かつ競合的に阻害します。コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進したりすることで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げます。

 

 

おすすめポイント

  • アストラゼネカ社製高脂血症治療薬

 

ここに注意

  • 服用方法、副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名

クレストール20mg


製造会社

アストラゼネカ


成分・形状

ロスバスタチンカルシウム 20mg

使用対象・効能効果

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 通常、成人にはロスバスタチンとして1日1回2.5mgより投与を開始するが、早期にLDL-コレステロール値を低下させる必要がある場合には5mgより投与を開始してもよい。
  • なお、年齢・症状により適宜増減し、投与開始後あるいは増量後、4週以降にLDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には、漸次10mgまで増量可
  • 10mgを投与してもLDL-コレステロール値の低下が十分でない、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り、さらに増量できるが、1日最大20mgまでとする。
     

 

副作用

  • 主な副作用として、蛋白尿、腎機能異常(BUN上昇、血清クレアチニン上昇)、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、肝炎、肝機能障害、黄疸、血小板減少、過敏症状、間質性肺炎、末梢神経障害、多形紅斑などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 免疫抑制薬をお飲みの方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 他の脂質異常治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の服用中にグレープフルーツジュースを大量に飲まないでください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、肝機能が低下していると考えられる以下のような方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸)、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦、シクロスポリンを投与中の方は本剤を使用しないでください。

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


アストラゼネカ社製高脂血症治療薬:クレストール10mg

 

 

 

アストラゼネカ社製高脂血症治療薬クレストールは、有効成分のロスバスタチンを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤で、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げる薬です。

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低下していたりする状態をいいます。この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなるため、動脈硬化症の原因となります。

クレストールに含有されている有効成分のロスバスタチンは、肝臓内でのコレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を選択的かつ競合的に阻害します。コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進したりすることで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げます。

 

 

おすすめポイント

  • アストラゼネカ社製高脂血症治療薬

 

ここに注意

  • 服用方法、副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名

クレストール10mg


製造会社

アストラゼネカ


成分・形状

ロスバスタチンカルシウム 10mg

使用対象・効能効果

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 通常、成人にはロスバスタチンとして1日1回2.5mg(0.25錠)より投与を開始するが、早期にLDL-コレステロール値を低下させる必要がある場合には5mg(0.5錠)より投与を開始してもよい。
  • なお、年齢・症状により適宜増減し、投与開始後あるいは増量後、4週以降にLDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には、漸次10mg(1錠)まで増量可
  • 10mg(1錠)を投与してもLDL-コレステロール値の低下が十分でない、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り、さらに増量できるが、1日最大20mg(2錠)までとする。
     

 

副作用

  • 主な副作用として、蛋白尿、腎機能異常(BUN上昇、血清クレアチニン上昇)、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、肝炎、肝機能障害、黄疸、血小板減少、過敏症状、間質性肺炎、末梢神経障害、多形紅斑などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 免疫抑制薬をお飲みの方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 他の脂質異常治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の服用中にグレープフルーツジュースを大量に飲まないでください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、肝機能が低下していると考えられる以下のような方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸)、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦、シクロスポリンを投与中の方は本剤を使用しないでください。

 

 


スワンソン社製高血圧サポートサプリメント:アミールペプチド

 

スワンソン社のアミールペプチドは、高血圧や血の巡りが気になる方のサプリメントです。

 

アミールペプチドの主成分ラクトトリペプチドは、3つのアミノ酸が結合したトリペプチド2種類の総称で、血の巡りに働きかけることで、体の健康に貢献するとされています。
 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

 

ここに注意

  • 効果に個人差
  • 即効性はない

 

 

 

 

製品名
アミールペプチド


製造会社

スワンソン


スワンソン(Swanson Health International ※通称 SHP)は米国ノースダコタ州ファーゴに本拠を置く自然健康食品の製造販売会社で、米国最大規模の健康食品会社です。スワンソンの設立は1969年と古く、ビタミンやサプリメントから「環境にやさしい」家庭用洗浄製品まで、26,000以上の製品を製造販売しています。


成分・形状
1粒あたり:
ラクトトリペプチド[イソロイシル-プロリル-プロリン(IPP)、バリル-プロリル-プロリン(VPP)][アミールペプチドE10パウダー 508mg(カゼイン加水分解乳由来)から] 3.4mg

その他の成分:ゼラチン、コメヌカ、シリカ、パルミチン酸カルシウム


使用対象・効能効果

血の巡りをサポートするサプリメントです。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続摂取を推奨しております。


使用方法

  • 1日1回1粒を目安に服用

 

副作用

  • 特に報告はされておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品を摂取する前に必ず医師にご相談ください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


ファイザー社製高脂血症治療薬リピトールジェネリック:ザラトール10mg

 

 

ザラトール10mgは、アトルバスタチンを主成分とする高脂血症治療薬でリピトールのジェネリックで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症の治療に用いられています。ジェネリックながらファイザー社製なのも◎

ザラトール10mgの主成分アトルバスタチンは、コレステロールの原因となる酵素の働きを阻害することで、コレステロールの合成を抑え、また血液内の悪玉コレステロールの取り込みを促進して、コレステロールレベルを低下させます。

 

コレステロールの血中濃度を低下させることは、生活習慣による脂質異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール症など)を予防することにつながります。

高コレステロール血症とは、血中のコレステロールレベルが高い状態を指し、動脈硬化の進行を促して狭心症や心筋梗塞を招く可能性があります。家族性高コレステロール血症は、生まれつきコレステロール値が高い状態になる遺伝性の疾患です。

ザラトール10mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品は成分量10mgの少量錠かつ90錠入りの大容量なので、継続的な利用が必要な高脂血症治療薬(リピトール)として使い勝手が良く、またファイザー社製のためジェネリックに不安があるという方にもおすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • ファイザー社製高脂血症治療薬リピトールジェネリック
  • 1ケース90錠入り
  • アトルバスタチン成分少量錠で健康診断結果で脂質C判定の方におすすめ

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

製品名
ザラトール10mg(Zarator)

 

製造会社

ファイザー

 

成分・形状

アトルバスタチン10mg(Atorvastatin)

 


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1日1回服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(2錠)まで増量可能(家族性高コレステロール血症の場合は、
    1日40mg(4錠)まで増量可能)

副作用

  • 主な副作用として、肝機能値の異常、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢、指のしびれ感、頭痛、不眠、発疹、かゆみなどの症状が現れる場合があります。
  • まれなケースですが、初期症状等に念のため注意していただく症状として、横紋筋融解症、肝臓の重い症状、重い過敏症、重い血液成分の異常、重い皮膚・粘膜障害、間質性肺炎が現れる場合があります
  • その他、足のふくらはぎなどに筋肉痛が生じたり、ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状等、異常を感じた際は、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある、肝代謝能が低下していると考えられる方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸)、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の方、テラプレビルを投与中の方などは、本剤の使用をしないでください。
  • 腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる方は原則使用しないでください。ただし、医師の判断のもと、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用します。
  • 肝障害又はその既往歴がある、アルコール中毒、腎障害又はその既往歴がある、フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)・免疫抑制剤(シクロスポリン等)・ニコチン酸製剤(ニセリトロール等)・アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)・エリスロマイシンを投与中の方、糖尿病、甲状腺機能低下症、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある方、薬剤性の筋障害の既往歴のある方、高齢者等の方は、慎重投与となります。本剤を使用する前に、必ず医師にご相談ください。
  • 食事療法・運動療法を行い、高血圧、喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も考慮して使用することが望ましいとされています。
  • 投与中に血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止してください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
     

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


ファイザー社製高脂血症治療薬:リピトール10mg

 

 

 

リピトール10mgは、アトルバスタチンを主成分とするファイザー社製の高脂血症治療薬で、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症の治療に用いられる定番医薬品です。

リピトールの主成分アトルバスタチンは、コレステロールの原因となる酵素の働きを阻害することで、コレステロールの合成を抑え、また血液内の悪玉コレステロールの取り込みを促進して、コレステロールレベルを低下させます。

 

コレステロールの血中濃度を低下させることは、生活習慣による脂質異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール症など)を予防することにつながります。

高コレステロール血症とは、血中のコレステロールレベルが高い状態を指し、動脈硬化の進行を促して狭心症や心筋梗塞を招く可能性があります。家族性高コレステロール血症は、生まれつきコレステロール値が高い状態になる遺伝性の疾患です。

リピトールは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品は成分量10mgの少量錠です。

 

 

 


おすすめポイント

  • 高脂血症治療薬のスタンダード
  • アトルバスタチン成分少量錠で健康診断結果で脂質C判定の方におすすめ

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名
リピトール10mg(LiPiTor)

 

製造会社

ファイザー

 

成分・形状

アトルバスタチン10mg(Atorvastatin)

 


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1日1回服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(2錠)まで増量可能(家族性高コレステロール血症の場合は、
    1日40mg(4錠)まで増量可能)

副作用

  • 主な副作用として、肝機能値の異常、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢、指のしびれ感、頭痛、不眠、発疹、かゆみなどの症状が現れる場合があります。
  • まれなケースですが、初期症状等に念のため注意していただく症状として、横紋筋融解症、肝臓の重い症状、重い過敏症、重い血液成分の異常、重い皮膚・粘膜障害、間質性肺炎が現れる場合があります
  • その他、足のふくらはぎなどに筋肉痛が生じたり、ひどい倦怠感、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状等、異常を感じた際は、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある、肝代謝能が低下していると考えられる方(急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸)、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の方、テラプレビルを投与中の方などは、本剤の使用をしないでください。
  • 腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる方は原則使用しないでください。ただし、医師の判断のもと、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用します。
  • 肝障害又はその既往歴がある、アルコール中毒、腎障害又はその既往歴がある、フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)・免疫抑制剤(シクロスポリン等)・ニコチン酸製剤(ニセリトロール等)・アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)・エリスロマイシンを投与中の方、糖尿病、甲状腺機能低下症、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある方、薬剤性の筋障害の既往歴のある方、高齢者等の方は、慎重投与となります。本剤を使用する前に、必ず医師にご相談ください。
  • 食事療法・運動療法を行い、高血圧、喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も考慮して使用することが望ましいとされています。
  • 投与中に血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止してください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
     

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


サノフィ社製利尿降圧剤:ラシックス40mg【ブランドバイタル】

 

 

 

ラシックスは、尿を出して血圧を下げたり、むくみをとったり、尿管の結石を体外に出す利尿降圧剤です。ま生理前の緊張をやわらげる効果も有します。

ラシックスに含有されている有効成分のフロセミドは、腎臓の尿細管でナトリウムが再び取り込まれるのを抑えて、ナトリウムを水分とともに尿として出し、むくみをとります。同時に体内のナトリウム量を減少させ、血管内を循環する血液量を減らすことで血圧を下げます。

糖代謝・腎機能に悪影響を及ぼさないフロセミドは、カリウムの排泄がチアジド系利尿剤より少ないのが特徴です。

 

ラシックスは、今後、個人輸入規制対象予定となる成分を含んでいます。規制に伴う注文量増加により市場在庫が枯渇する可能性がありますので、ご注文はお早めにお願いいたします。規制についての詳しい情報はこちらをご確認ください。

 

 


おすすめポイント

  • サノフィ社製利尿降圧剤ブランドバイタル

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意が必要
  • 今後、個人輸入規制対象予定(市場在庫が枯渇する可能性)

 

 

 

製品名
ラシックス40mg


製造会社

サノフィアベンティス


成分・形状
フロセミド 40mg(Furosemide)


使用対象・効能効果

高血圧症(本態性、腎性等)、悪性高血圧、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、月経前緊張症、末梢血管障害による浮腫、尿路結石排出促進

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常、1日1回40〜80mg(1〜2錠)を連日又は隔日服用
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 腎機能不全等の場合にはさらに大量に用いることもある。ただし、悪性高血圧に用いる場合には、通常、他の降圧剤と併用すること。

 

副作用

  • 主な副作用として、貧血、白血球減少、好酸球増加、溶血性貧血、低ナトリウム血症、低カリウム血症、低カルシウム血症、代謝性アルカローシス、高尿酸血症、高血糖症、高トリグリセリド血症、高コレステロール血症、偽性バーター症候群、発疹、蕁麻疹、発赤、光線過敏症、そう痒症、水疱性皮膚炎、紫斑、苔癬様皮疹、食欲不振、下痢、悪心・嘔吐、口渇、膵炎(血清アミラーゼ値上昇)、黄疸、肝機能異常、胆汁うっ滞、BUN上昇、クレアチニン上昇、めまい、頭痛、知覚異常、聴覚障害、脱力感、けん怠感、起立性低血圧、筋痙攣、味覚異常、血管炎、発熱、ショック、アナフィラキシー、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少、赤芽球癆、水疱性類天疱瘡、難聴、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens‐Johnson症候群)、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、心室性不整脈(Torsades de pointes)、間質性腎炎、間質性肺炎などの症状が現れる場合があります。などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

以下の診断・既往歴がある方は使用できません

  • 無尿の方
  • 肝性昏睡の方
  • 体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している方
  • スルフォンアミド誘導体に対し過敏症の既往歴のある方

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)。
  • 夜間の休息が特に必要な場合には、夜間の排尿を避けるために午前中に服用してください。
  • 服用後1時間前後でトイレに行きたくなりますが、薬の作用のためですので心配いりません。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 本剤の服用中に高麗ニンジン(朝鮮ニンジン、オタネニンジン、チクセツニンジン)を含む食品は摂らないでください。

 

 


インド最大手サンファーマ社製痛風治療薬フェブリクジェネリック:フェブタズ80mg

 

 

フェブタズ80mg(Febutaz)は、痛風治療薬フェブリクのジェネリックです。

フェブタズの主成分フェブキソスタットは、尿酸の生成に必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼ(XO)を阻害し、尿酸の合成を抑えることにより尿酸値を低下させる薬剤で、痛風、高尿酸血症の治療に効果を発揮します。

 

副作用は比較的少ないとされています(個人が差があります)が、服用の際は、1日10mg(0.13錠)より開始し、その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量してください。維持量は通常1日1回40mg(0.5錠)で、状態に応じて適宜増減しますが、最大投与量は1日1回60mg(0.75錠)となっています。本製品は80mg錠ですので、ピルカッターなどを使い、錠剤をカットして服用することで、コストパフォーマンスよく服用することができますが、くれぐれも服用の際はご注意ください。

 


おすすめポイント

  • インド最大手サンファーマ社製痛風治療薬フェブリクジェネリック

 

ここに注意

  • 成分大容錠のため使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名

フェブタズ80mg(Febutaz)

 

製造会社

サンファーマ

サンファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)は、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。

 

成分・形状
フェブキソスタット 80mg

(Febuxostat)


使用対象・効能効果

痛風、高尿酸血症
 


使用方法

  • 1日10mg(0.13錠)より開始、1日1回服用
  • その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量してください。
  • 維持量は通常1日1回40mg(0.5錠)で、状態に応じて適宜増減しますが、最大投与量は1日1回60mg(0.75錠)です。

 

副作用

  • 主な副作用として、関節痛、肝機能検査値異常、肝機能障害、過敏症などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の方は本剤を服用しないでください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


心血管疾患治療薬:テノーミンジェネリック:アテノール50mg

 

アテノール50mgは、脈の乱れを整えたり、血圧を下げたりする薬として日本国内で承認されているテノーミンと同じ有効成分のアテノロールを含有しているテノーミンジェネリックで、心血管疾患の治療に用いられる医薬品です。

 

1日1回1錠で24時間にわたり血圧・心拍数を良好にコントロールするアテノロールは、優れた抗狭心症作用と抗不整脈(頻脈抑制)作用を示す薬剤です。また、心臓の収縮をゆっくりさせて心臓の負担を減らし、狭心症の発作を予防する効果もあります。

 

 

 


おすすめポイント

  • 心血管疾患治療薬テノーミンジェネリック
  • 高血圧、狭心症、不整脈に

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名
アテノロール 50mg

(Atenolol)

 

製造会社

T.Oファーマ(T.O.PHARMA Co. Ltd)
T.Oファーマは1983年設立のタイ・バンコクを本拠にするタイを代表する製薬会社です。整形外科、心血管、呼吸器、抗感染、泌尿器科等の領域をカバーし、GMP基準に準拠しており、国家食品医薬品局(National FDA)とISO 9001:2008の認証を受けています。

 

成分・形状

アテノロール 50mg

アテノロール(Atenolol)はβブロッカーと称される薬物の一つで、交感神経のβ1受容体に対する拮抗作用を示す成分で、主として心血管疾患の治療に用いられます。グローバルでは、英国で1976年に、日本では1983年に承認されています。アテノロールは血液脳関門を通過しないので、中枢神経系の副作用が少ないとされています(個人差があります)。


使用対象・効能効果

本態性高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、頻脈性不整脈(洞性頻脈、期外収縮)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常成人には1日1回1錠を服用
  • 年齢、症状により、適宜増減できるが、最高量は1日1回2錠(100mg)までとする。

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、そう痒、低血圧、頭痛、めまい・眩暈、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇、倦怠・脱力感、しびれ感、浮腫・末梢性浮腫、高脂血症、徐脈、心不全、心胸比増大、房室ブロック、洞房ブロック、失神を伴う起立性低血圧、呼吸困難、気管支痙攣、喘鳴、血小板減少症、紫斑病などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 服薬を中止すると症状が悪化することがあるので、勝手に服用を中止しないでください。
  • 手術を行う予定のある方は、医師・薬剤師にお申し出ください。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 本剤の服用中にオレンジジュースは飲まないでください。

 

以下の方は本剤を使用しないでください。

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方
  • 高度又は症状を呈する徐脈、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある方
  • 心原性ショックのある方
  • 肺高血圧による右心不全のある方
  • うっ血性心不全のある方
  • 低血圧症の方
  • 重度の末梢循環障害のある方(壊疽等)
  • 未治療の褐色細胞腫の方

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


カナダ・アポテックス社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:アポプラバスタチン80mg

 

 

アポプラバスタチン80mgはカナダのグローバル製薬会社アポテックスが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品のプラバスタチンナトリウム成分量は80mgです。症状の重い方、錠剤をカットしてリーズナブルに利用したい方に最適です。

 

 


おすすめポイント

  • カナダのグローバル製薬会社アポテックス社製メバロチンジェネリック
  • プラバスタチンナトリウム成分量80mg

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名
アポプラバスタチン80mg

(Apo-Pravastatin)

 

製造会社

アポテックス(APOTEX)
アポテックス(APOTEX)は、1974年設立のカナダのトロントを本拠とするグローバル製薬会社で、全世界で11,000人超の従業員規模を誇るカナダ最大のジェネリック製薬メーカーです。115以上の国や地域に輸出し、引き続き投資する米国、メキシコ、インドでの重要なプレゼンスを含む45カ国以上で事業を展開しています。R&D(研究開発)にも積極的で、過去10年間で、10億ドルを研究開発に投資し、今後10年間は​​さらに20億ドルを計画するなど、カナダの全分野でトップの研究開発費を誇っています。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 80mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(0.125錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(0.25錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


トルコ・ディーヴァ社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:プラバコール40mg

 

 

プラバコール40mgはトルコのグローバル製薬会社ディーヴァが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品のプラバスタチンナトリウム成分量は40mgです。錠剤をカットしてリーズナブルに利用したい方に最適です。

 

 


おすすめポイント

  • トルコのグローバル製薬会社ディーヴァ社製メバロチンジェネリック
  • プラバスタチンナトリウム成分量40mg

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名
プラバコール40mg

 

製造会社

ディーヴァ・ホールディングス

ディーヴァ・ホールディングス(Deva Holdings)は、1958年設立のトルコを代表する製薬会社で、東欧で売上高第4位を誇るグローバル製薬会社です。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 40mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(0.25錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(0.5錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


アボット社製高脂血症治療剤リピディルジェネリック:リパンシール200mg

 

リパンシール200mgは、有効成分のフェノフィブラートを含有する高脂血症治療薬リピディルジェネリックで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げます。

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロールであるLDLコレステロールや、中性脂肪であるトリグリセリドが、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低下していたりする状態です。この状態が継続することで、血管にコレステロールが詰まります。動脈が狭く、もろくなるため、動脈硬化症などの原因となります。

リピディルジェネリックの有効成分であるフェノフィブラートは、コレステロールの合成や、腸管からの吸収を抑えたり、排泄を促したりすることで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。また、糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減するという臨床データが2018年に発表されています。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • アボット社製高脂血症治療剤リピディルジェネリック
  • 糖尿病患者の痛風リスク軽減効果も

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名

リパンシール200mg

 

製造会社

アボット(Abott)

 

成分・形状

フェノフィブラート 200mg・カプセル


使用対象・効能効果

高脂血症(家族性を含む)


使用方法

  • 通常、1日1回1カプセルを食後服用

 

副作用

  • 主な副作用として、肝機能検査値異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇等)、口内炎、鼓腸、胆石症、胆のう炎、浮腫、発熱、勃起障害、頻尿、横紋筋融解症、肝障害、膵炎などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方過敏症肝障害のある方、過敏症肝障害のある方、中等度以上の腎機能障害のある方、胆のう疾患のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳婦は本剤を服用しないでください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


MSD社製高脂血症治療剤ゼチーアジェネリック:エゼトロル10mg

 

 

エゼトロル10mgはグローバル製薬会社MSDが製造するゼチーアと同じ成分エゼチミブを含有している高脂血症治療剤です。

エゼトロルに含有されている有効成分のエゼチミブは、小腸で食事や胆汁由来のコレステロールの吸収を直接阻害することで、血中におけるLDL-コレステロール値を減少させます。単剤(本剤)またはスタチン製剤(メバロチンやジェネリック(アポプラバスタチン)など)との併用で優れたコレステロール低下作用を示します(スタチン単剤でのコントロールが悪い場合に併用します)。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。
 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • MSD社製高脂血症治療剤ゼチーアジェネリック

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

製品名

エゼトロル10mg

 

製造会社

MSD

 

成分・形状

エゼチミブ 10mg


使用対象・効能効果

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、ホモ接合体性シトステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1回服用
  • 年齢・症状により適宜増減する

 

副作用

  • 主な副作用として、便秘、下痢、腹痛、腹部膨満、悪心・嘔吐、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、蛋白尿、CK(CPK)上昇、発疹、コルチゾール上昇過敏症、アナフィラキシー、横紋筋融解症、肝機能障害などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、本剤とHMG-CoA還元酵素阻害剤を併用する場合、重篤な肝機能障害のある方は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


カナダ・アポテックス社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:アポプラバスタチン20mg

 

アポプラバスタチン20mgはカナダのグローバル製薬会社アポテックスが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

アポプラバスタチンに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品のプラバスタチンナトリウム成分量は20mgです。症状の重い方、錠剤をカットしてリーズナブルに利用したい方に最適です。

 

 


おすすめポイント

  • カナダのグローバル製薬会社アポテックス社製メバロチンジェネリック

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品名
アポプラバスタチン20mg

(Apo-Pravastatin)

 

製造会社

アポテックス(APOTEX)
アポテックス(APOTEX)は、1974年設立のカナダのトロントを本拠とするグローバル製薬会社で、全世界で11,000人超の従業員規模を誇るカナダ最大のジェネリック製薬メーカーです。115以上の国や地域に輸出し、引き続き投資する米国、メキシコ、インドでの重要なプレゼンスを含む45カ国以上で事業を展開しています。R&D(研究開発)にも積極的で、過去10年間で、10億ドルを研究開発に投資し、今後10年間は​​さらに20億ドルを計画するなど、カナダの全分野でトップの研究開発費を誇っています。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 20mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(0.5錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(1錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


トルコ・ディーヴァ社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:プラバコール20mg

 

 

 

プラバコール20mgはトルコのグローバル製薬会社ディーヴァが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品のプラバスタチンナトリウム成分量は20mgです。症状の重い方、錠剤をカットしてリーズナブルに利用したい方に最適です。

 

 


おすすめポイント

  • トルコのグローバル製薬会社ディーヴァ社製メバロチンジェネリック

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

 

製品名
プラバコール20mg

 

製造会社

ディーヴァ・ホールディングス

ディーヴァ・ホールディングス(Deva Holdings)は、1958年設立のトルコを代表する製薬会社で、東欧で売上高第4位を誇るグローバル製薬会社です。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 20mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(0.5錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(1錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


インド最大手サンファーマ社製高脂血症治療剤ゼチーアジェネリック:エゼンチア10mg

 

 

 

エゼンチア10mgはiインド最大手の製薬会社サンファーマが製造するゼチーアと同じ成分エゼチミブを含有している高脂血症治療剤です。

エゼンチアに含有されている有効成分のエゼチミブは、小腸で食事や胆汁由来のコレステロールの吸収を直接阻害することで、血中におけるLDL-コレステロール値を減少させます。単剤(本剤)またはスタチン製剤(メバロチンやジェネリック(アポプラバスタチン)など)との併用で優れたコレステロール低下作用を示します(スタチン単剤でのコントロールが悪い場合に併用します)。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。
 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • インド最大手サンファーマ社製高脂血症治療剤ゼチーアジェネリック

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名

エゼンチア10mg

 

製造会社

サンファーマ

サンファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)は、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。

 

成分・形状

エゼチミブ 10mg


使用対象・効能効果

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、ホモ接合体性シトステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1回服用
  • 年齢・症状により適宜増減する

 

副作用

  • 主な副作用として、便秘、下痢、腹痛、腹部膨満、悪心・嘔吐、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、蛋白尿、CK(CPK)上昇、発疹、コルチゾール上昇過敏症、アナフィラキシー、横紋筋融解症、肝機能障害などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、本剤とHMG-CoA還元酵素阻害剤を併用する場合、重篤な肝機能障害のある方は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


カナダ・アポテックス社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:アポプラバスタチン40mg

 

 

 

アポプラバスタチン40mgはカナダのグローバル製薬会社アポテックスが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。当製品のプラバスタチンナトリウム成分量は40mgです。症状の重い方、錠剤をカットしてリーズナブルに利用したい方に最適です。

 

 


おすすめポイント

  • カナダのグローバル製薬会社アポテックス社製メバロチンジェネリック
  • プラバスタチンナトリウム成分量40mg

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名
アポプラバスタチン40mg

(Apo-Pravastatin)

 

製造会社

アポテックス(APOTEX)
アポテックス(APOTEX)は、1974年設立のカナダのトロントを本拠とするグローバル製薬会社で、全世界で11,000人超の従業員規模を誇るカナダ最大のジェネリック製薬メーカーです。115以上の国や地域に輸出し、引き続き投資する米国、メキシコ、インドでの重要なプレゼンスを含む45カ国以上で事業を展開しています。R&D(研究開発)にも積極的で、過去10年間で、10億ドルを研究開発に投資し、今後10年間は​​さらに20億ドルを計画するなど、カナダの全分野でトップの研究開発費を誇っています。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 40mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(0.25錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(0.5錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


カナダ・アポテックス社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:アポプラバスタチン10mg

 

 

アポプラバスタチン10mgはカナダのグローバル製薬会社アポテックスが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • カナダのグローバル製薬会社アポテックス社製メバロチンジェネリック
  • プラバスタチンナトリウム日本承認成分量錠

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

製品名
アポプラバスタチン10mg

(Apo-Pravastatin)

 

製造会社

アポテックス(APOTEX)
アポテックス(APOTEX)は、1974年設立のカナダのトロントを本拠とするグローバル製薬会社で、全世界で11,000人超の従業員規模を誇るカナダ最大のジェネリック製薬メーカーです。115以上の国や地域に輸出し、引き続き投資する米国、メキシコ、インドでの重要なプレゼンスを含む45カ国以上で事業を展開しています。R&D(研究開発)にも積極的で、過去10年間で、10億ドルを研究開発に投資し、今後10年間は​​さらに20億ドルを計画するなど、カナダの全分野でトップの研究開発費を誇っています。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 10mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(2錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


トルコ・ディーヴァ社製高脂血症治療剤メバロチンジェネリック:プラバコール10mg

 

 

プラバコール10mgはトルコのグローバル製薬会社ディーヴァが製造するメバロチンと同じ成分プラバスタチンナトリウムを含有しているHMG-CoA還元酵素阻害剤(高脂血症治療剤)です。

 

生活習慣病の代表的な症状である脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が、正常範囲を超えて増加していたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低下している状態をいいます。

 

 

この状態が長く続くと、血管にコレステロールがたまり、動脈が狭く、もろくなり動脈硬化症を引き起こす原因となります。

プラバコールに含有されている有効成分のプラバスタチンナトリウムは、コレステロールの腸管からの吸収を抑えたり、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進することで、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を降下させます。

 

 

生活習慣病を抱えた人のほとんどは働き盛り世代です。忙しい毎日で病院にわざわざいけない、でも健康診断の結果が気になる、何とかしなくちゃとお考えの方におすすめの製品です。

 

 


おすすめポイント

  • トルコのグローバル製薬会社ディーヴァ社製メバロチンジェネリック
  • プラバスタチンナトリウム日本承認成分量錠

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名
プラバコール10mg

 

製造会社

ディーヴァ・ホールディングス

ディーヴァ・ホールディングス(Deva Holdings)は、1958年設立のトルコを代表する製薬会社で、東欧で売上高第4位を誇るグローバル製薬会社です。

 

成分・形状

プラバスタチンナトリウム 10mg・錠剤
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させる代表的な成分で、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられています。


使用対象・効能効果

高脂血症・家族性高コレステロール血症


使用方法

  • 通常、1日10mg(1錠)を1回又は2回に分け服用
  • 年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mg(2錠)まで増量可能

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能異常、CK(CPK)上昇、尿酸値上昇、横紋筋融解症、肝障害、血小板減少、間質性肺炎、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、末梢神経障害、過敏症状などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。(2回分を一度に服用しないこと)
  • 薬を飲んでいても、指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
  • 本剤は夕食後の服用がより効果的ですので、特に指示のない場合はできるだけ夕食後に服用してください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 他の脂質異常症治療薬をお飲みの方で腎臓の機能が悪い方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦は使用をお控えください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:生活習慣病


| 1/1PAGES |

スマートフォン

最新記事一覧

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM