禁煙補助医薬品ザイバンジェネリック:ブプロピオン150mg

ブプロバン150mgは、禁煙補助医薬品ザイバンと同成分ブプロピオン塩酸塩を有効成分とするザイバンジェネリックです。成分が同じのため、抗うつにも作用します。

 

 

 

製品名

ブプロピオン150mg


製造会社

ヒーリングファーマ(Healing Pharma)

 

ヒーリングファーマはインドムンバイを本拠とする製薬会社です。「顧客に高品質の製品を最高基準で提供する」をミッションに、調達から完成した配合まで国際規格に準拠した製品づくりをしています。


成分・形状
ブプロピオン塩酸塩150mg

(Bupropion Hydrochloride)

 

ブプロピオンは、ノルアドレナリンおよびドーパミン再取り込み阻害剤(DNRI)の一つで、ニコチン拮抗作用及び抗うつ作用を有します。

使用対象・効能効果

  • ニコチン拮抗作用
  • 抗うつ作用

 

 

 

 

 


禁煙補助薬:ニコレットガム4mg(アイスホワイト味)

 

 

ニコレットガム4mg(アイスホワイト味)は、禁煙を目標とした喫煙者のための禁煙補助薬です。日本ではニコチネル(ノバルティスファーマ)、ニコレット(ジョンソンエンドジョンソン)が承認発売されています。ニコチン含有量が4mgとグローバル規格の製品です。

禁煙補助薬によるニコチン置換療法は、喫煙をしていない時に発生するニコチン離脱症状(喫煙欲求、イライラ、集中散漫、頭痛、だるさ、眠気等)に対し、喫煙以外の方法でニコチンを体内に補給します。ニコチンの補給により離脱症状を軽くすることで、喫煙する生活習慣を改善し、ニコチン摂取量を徐々に減らすことで禁煙を無理せず目指す方法です。

ニコレットガムはニコチンが含まれている禁煙補助薬で、通常の約2倍で禁煙成功率が高まる結果が出ています。喫煙によりニコチンを摂取した場合、ニコチンは肺からも吸収されるためすぐ脳に到達しますが、ニコチン置換療法では喫煙時に比べ吸収速度が緩やかで、離脱症状を緩和するのに必要な治療域をカバーする程度の血中濃度を維持するよう設計されています。

タバコの喫煙をやめられない原因は、習慣からくる心理的要因と、ニコチンという薬物に依存する身体的要因があります。喫煙者は習慣的に、タバコがないと手持ち無沙汰になってしまい、ニコチン依存という病気のような離脱症状が出るために喫煙欲求が現れます。そのため、禁煙をする意志だけでは解決できない状態であるため、ニコチン置換療法により身体的要因となっているニコチン依存を軽減します。

ニコレットガムは、ニコチン摂取の即効性があり、喫煙欲求に応じて使用ができ、ニコチン量を調整できるので、生活に合わせて使用できるメリットがあります。また、喫煙していた時と同様な口寂しさを解消できる点も離脱症状軽減の効果があります。

 

ニコレットガム4mg(アイスホワイト味)はニコチン含有量が4mgです。1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合はニコチンガム2mgの使用をオススメします。


おすすめポイント

  • 禁煙補助薬によるニコチン置換療法の代表格
  • ニコチン含有量4mg、大容量のグローバル規格

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 効果に個人差

 

 

製品名

ニコレットガム4mg(アイスホワイト味)

 

製造会社

マクネイル(McNeil Products Ltd)(ジョンソンエンドジョンソン)

マクネイルはジョンソンエンドジョンソンの ヘルスケア製品グループの医療製品会社です。マクネイルは1879年、米国ペンシルバニア州 フィラデルフィアで、小売薬局として創業。1959年、 ジョンソンエンドジョンソンが買収、ペンシルベニア州フォートワシントン本社に移転しました。 マサチューセッツ州フォートワシントン工場に加えて、世界中に工場を有します。プロクター&ギャンブル(P&G)のジレット買収に伴う連邦取引委員会からレンブラント練り歯磨き売却要求により同部門はマクネイルに売却され、現在同社は、タイレノールおよびモトリン IB( イブプロフェン )製品の完全ラインを含む店頭および処方薬製品を販売しています。 


成分・形状

ニコチン 4mg


使用対象・効能効果

禁煙補助
禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和

※ニコレットガム 4mg(アイスホワイト味)は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30分程かけてかむ。
  • 1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合は2mgのニコチンガムを使用してください。
  • 1〜6週目は、1〜2時間毎に1個を使用してください。
  • 7〜9週目は、2〜4時間毎に1個を使用してください。
  • 10〜12週目は、4〜8時間毎に1個を使用してください。
  • 1日の総使用個数は24個を超えないこと。

 

副作用

口内炎、のどの痛み、はきけ、嘔吐、腹部不快感、胸やけ、食欲不振、下痢、発疹・発赤、かゆみ、頭痛、めまい、思考減退、眠気、どうき、胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良など、異変を感じた際は、直ちに本剤の使用を中止し、医師・薬剤師にご相談ください。

 

注意事項

  • 本剤を使用中あるいは使用直後にはタバコを吸わないようにしてください。
  • 授乳中の方は、本剤を使用する前に医師にご相談ください。
  • 3ヶ月を超えて継続する場合は、医師・薬剤師に相談してください。
  • 6ヵ月を超えて本剤を使用しないでください。

 

以下の方は、本剤使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

  • 医師又は歯科医師の治療を受けている方
  • 他の薬を使用している方(他の薬の作用に影響を与えることがある)
  • 高齢者及び20歳未満の方
  • 本人又は家族がアレルギー体質の方
  • 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 腹痛、胸痛、口内炎、のどの痛み・のどのはれなどの症状のある方
  • 医師から次の診断を受けた方
  • 心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、不整脈)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、バージャー病(末梢血管障害)、高血圧、甲状腺機能障害、褐色細胞腫、糖尿病(インスリン製剤を使用している人)、咽頭炎、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病(症状を悪化させたり、現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある)
     

以下の方は本剤を使用しないでください。

  • 非喫煙者[タバコを吸ったことのない人及び現在タバコを吸っていない方](はきけ、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある)
  • すでに他のニコチン製剤を使用している方
  • 妊婦又は妊娠していると思われる方
  • 重い心臓病を有する方
  • 3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした方
  • 重い狭心症、不整脈と医師に診断された方
  • 急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された方
  • 本剤の成分による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある方
  • うつ病と診断された方
  • あごの関節に障害がある方

 

 

 

JUGEMテーマ:禁煙


禁煙補助薬:ニコレットガム2mg(オリジナル)

 

 

 

 

 

ニコレットガム2mgは、禁煙を目標とした喫煙者のための禁煙補助薬です。日本ではニコチネル(ノバルティスファーマ)、ニコレット(ジョンソンエンドジョンソン)が承認発売されています。ニコレットガム2mgはニコチン含有量が2mgと日本承認成分量の製品です。➡グローバル規格の4mgはこちら

禁煙補助薬によるニコチン置換療法は、喫煙をしていない時に発生するニコチン離脱症状(喫煙欲求、イライラ、集中散漫、頭痛、だるさ、眠気等)に対し、喫煙以外の方法でニコチンを体内に補給します。ニコチンの補給により離脱症状を軽くすることで、喫煙する生活習慣を改善し、ニコチン摂取量を徐々に減らすことで禁煙を無理せず目指す方法です。

ニコレットガムはニコチンが含まれている禁煙補助薬で、通常の約2倍で禁煙成功率が高まる結果が出ています。喫煙によりニコチンを摂取した場合、ニコチンは肺からも吸収されるためすぐ脳に到達しますが、ニコチン置換療法では喫煙時に比べ吸収速度が緩やかで、離脱症状を緩和するのに必要な治療域をカバーする程度の血中濃度を維持するよう設計されています。

タバコの喫煙をやめられない原因は、習慣からくる心理的要因と、ニコチンという薬物に依存する身体的要因があります。喫煙者は習慣的に、タバコがないと手持ち無沙汰になってしまい、ニコチン依存という病気のような離脱症状が出るために喫煙欲求が現れます。そのため、禁煙をする意志だけでは解決できない状態であるため、ニコチン置換療法により身体的要因となっているニコチン依存を軽減します。

ニコレットガムは、ニコチン摂取の即効性があり、喫煙欲求に応じて使用ができ、ニコチン量を調整できるので、生活に合わせて使用できるメリットがあります。また、喫煙していた時と同様な口寂しさを解消できる点も離脱症状軽減の効果があります。

 

ニコレットガム4mgはニコチン含有量が4mgです。1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合はニコチンガム2mgの使用をオススメします。


おすすめポイント

  • 禁煙補助薬によるニコチン置換療法の代表格
  • ニコチン含有量2mgの日本承認成分量

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 効果に個人差

 

 

製品名

ニコレットガム2mg(オリジナル)

 

製造会社

マクネイル(McNeil Products Ltd)(ジョンソンエンドジョンソン)

マクネイルはジョンソンエンドジョンソンの ヘルスケア製品グループの医療製品会社です。マクネイルは1879年、米国ペンシルバニア州 フィラデルフィアで、小売薬局として創業。1959年、 ジョンソンエンドジョンソンが買収、ペンシルベニア州フォートワシントン本社に移転しました。 マサチューセッツ州フォートワシントン工場に加えて、世界中に工場を有します。プロクター&ギャンブル(P&G)のジレット買収に伴う連邦取引委員会からレンブラント練り歯磨き売却要求により同部門はマクネイルに売却され、現在同社は、タイレノールおよびモトリン IB( イブプロフェン )製品の完全ラインを含む店頭および処方薬製品を販売しています。 


成分・形状

ニコチン 2mg


使用対象・効能効果

禁煙補助
禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和


※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30分程かけてかむ。
  • 1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合は2mgのニコチンガムを使用してください。
  • 1〜6週目は、1〜2時間毎に1個を使用してください。
  • 7〜9週目は、2〜4時間毎に1個を使用してください。
  • 10〜12週目は、4〜8時間毎に1個を使用してください。
  • 1日の総使用個数は24個を超えないこと。

 

副作用

口内炎、のどの痛み、はきけ、嘔吐、腹部不快感、胸やけ、食欲不振、下痢、発疹・発赤、かゆみ、頭痛、めまい、思考減退、眠気、どうき、胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良など、異変を感じた際は、直ちに本剤の使用を中止し、医師・薬剤師にご相談ください。

 

注意事項

  • 本剤を使用中あるいは使用直後にはタバコを吸わないようにしてください。
  • 授乳中の方は、本剤を使用する前に医師にご相談ください。
  • 3ヶ月を超えて継続する場合は、医師・薬剤師に相談してください。
  • 6ヵ月を超えて本剤を使用しないでください。

 

以下の方は、本剤使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

  • 医師又は歯科医師の治療を受けている方
  • 他の薬を使用している方(他の薬の作用に影響を与えることがある)
  • 高齢者及び20歳未満の方
  • 本人又は家族がアレルギー体質の方
  • 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 腹痛、胸痛、口内炎、のどの痛み・のどのはれなどの症状のある方
  • 医師から次の診断を受けた方
  • 心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、不整脈)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、バージャー病(末梢血管障害)、高血圧、甲状腺機能障害、褐色細胞腫、糖尿病(インスリン製剤を使用している人)、咽頭炎、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病(症状を悪化させたり、現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある)
     

以下の方は本剤を使用しないでください。

  • 非喫煙者[タバコを吸ったことのない人及び現在タバコを吸っていない方](はきけ、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある)
  • すでに他のニコチン製剤を使用している方
  • 妊婦又は妊娠していると思われる方
  • 重い心臓病を有する方
  • 3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした方
  • 重い狭心症、不整脈と医師に診断された方
  • 急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された方
  • 本剤の成分による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある方
  • うつ病と診断された方
  • あごの関節に障害がある方

 

 

JUGEMテーマ:禁煙


禁煙補助薬:ニコレットガム4mg(オリジナル)

 

 

 

ニコレットガム4mgは、禁煙を目標とした喫煙者のための禁煙補助薬です。日本ではニコチネル(ノバルティスファーマ)、ニコレット(ジョンソンエンドジョンソン)が承認発売されています。ニコチン含有量が4mgとグローバル規格の製品です。

禁煙補助薬によるニコチン置換療法は、喫煙をしていない時に発生するニコチン離脱症状(喫煙欲求、イライラ、集中散漫、頭痛、だるさ、眠気等)に対し、喫煙以外の方法でニコチンを体内に補給します。ニコチンの補給により離脱症状を軽くすることで、喫煙する生活習慣を改善し、ニコチン摂取量を徐々に減らすことで禁煙を無理せず目指す方法です。

ニコレットガムはニコチンが含まれている禁煙補助薬で、通常の約2倍で禁煙成功率が高まる結果が出ています。喫煙によりニコチンを摂取した場合、ニコチンは肺からも吸収されるためすぐ脳に到達しますが、ニコチン置換療法では喫煙時に比べ吸収速度が緩やかで、離脱症状を緩和するのに必要な治療域をカバーする程度の血中濃度を維持するよう設計されています。

タバコの喫煙をやめられない原因は、習慣からくる心理的要因と、ニコチンという薬物に依存する身体的要因があります。喫煙者は習慣的に、タバコがないと手持ち無沙汰になってしまい、ニコチン依存という病気のような離脱症状が出るために喫煙欲求が現れます。そのため、禁煙をする意志だけでは解決できない状態であるため、ニコチン置換療法により身体的要因となっているニコチン依存を軽減します。

ニコレットガムは、ニコチン摂取の即効性があり、喫煙欲求に応じて使用ができ、ニコチン量を調整できるので、生活に合わせて使用できるメリットがあります。また、喫煙していた時と同様な口寂しさを解消できる点も離脱症状軽減の効果があります。

 

ニコレットガム4mgはニコチン含有量が4mgです。1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合はニコチンガム2mgの使用をオススメします。➡日本承認成分量のニコチンガム2mgはこちら


おすすめポイント

  • 禁煙補助薬によるニコチン置換療法の代表格
  • ニコチン含有量4mgのグローバル規格

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 効果に個人差


 

 

製品名

ニコレットガム4mg(オリジナル)

 

製造会社

マクネイル(McNeil Products Ltd)(ジョンソンエンドジョンソン)

マクネイルはジョンソンエンドジョンソンの ヘルスケア製品グループの医療製品会社です。マクネイルは1879年、米国ペンシルバニア州 フィラデルフィアで、小売薬局として創業。1959年、 ジョンソンエンドジョンソンが買収、ペンシルベニア州フォートワシントン本社に移転しました。 マサチューセッツ州フォートワシントン工場に加えて、世界中に工場を有します。プロクター&ギャンブル(P&G)のジレット買収に伴う連邦取引委員会からレンブラント練り歯磨き売却要求により同部門はマクネイルに売却され、現在同社は、タイレノールおよびモトリン IB( イブプロフェン )製品の完全ラインを含む店頭および処方薬製品を販売しています。 


成分・形状

ニコチン 4mg


使用対象・効能効果

禁煙補助
禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和

※ニコレットガム オリジナル 4mgは、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30分程かけてかむ。
  • 1日の喫煙が25本以上の場合4mgのニコチンガムを使用し、25本未満の場合は2mgのニコチンガムを使用してください。
  • 1〜6週目は、1〜2時間毎に1個を使用してください。
  • 7〜9週目は、2〜4時間毎に1個を使用してください。
  • 10〜12週目は、4〜8時間毎に1個を使用してください。
  • 1日の総使用個数は24個を超えないこと。

 

副作用

口内炎、のどの痛み、はきけ、嘔吐、腹部不快感、胸やけ、食欲不振、下痢、発疹・発赤、かゆみ、頭痛、めまい、思考減退、眠気、どうき、胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良など、異変を感じた際は、直ちに本剤の使用を中止し、医師・薬剤師にご相談ください。

 

注意事項

  • 本剤を使用中あるいは使用直後にはタバコを吸わないようにしてください。
  • 授乳中の方は、本剤を使用する前に医師にご相談ください。
  • 3ヶ月を超えて継続する場合は、医師・薬剤師に相談してください。
  • 6ヵ月を超えて本剤を使用しないでください。

 

以下の方は、本剤使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

  • 医師又は歯科医師の治療を受けている方
  • 他の薬を使用している方(他の薬の作用に影響を与えることがある)
  • 高齢者及び20歳未満の方
  • 本人又は家族がアレルギー体質の方
  • 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 腹痛、胸痛、口内炎、のどの痛み・のどのはれなどの症状のある方
  • 医師から次の診断を受けた方
  • 心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、不整脈)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、バージャー病(末梢血管障害)、高血圧、甲状腺機能障害、褐色細胞腫、糖尿病(インスリン製剤を使用している人)、咽頭炎、食道炎、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病(症状を悪化させたり、現在使用中の薬の作用に影響を与えることがある)
     

以下の方は本剤を使用しないでください。

  • 非喫煙者[タバコを吸ったことのない人及び現在タバコを吸っていない方](はきけ、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある)
  • すでに他のニコチン製剤を使用している方
  • 妊婦又は妊娠していると思われる方
  • 重い心臓病を有する方
  • 3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした方
  • 重い狭心症、不整脈と医師に診断された方
  • 急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された方
  • 本剤の成分による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある方
  • うつ病と診断された方
  • あごの関節に障害がある方

 

 

 

JUGEMテーマ:禁煙


| 1/1PAGES |