インド製薬大手シプラ社製ヘルペス抑制薬ゾビラックスジェネリック:アシビルクリーム5%

 

 

 

アシビルクリーム5%は、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬ゾビラックスのジェネリック「アシビルDT」のクリームタイプです。

 

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾコビンの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • インド製薬大手シプラ社製ヘルペスウイルス増殖抑制薬ゾビラックスジェネリックのクリームタイプ
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 


製品名
アシビルクリーム5%


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。

 


成分・形状

アシクロビル5%・クリーム


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 適量を1日数回塗布して下さい。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 


バイエル社製痔症状緩和クリーム:ウルトラプロクトNクリーム

 

 

バイエル社のウルトラプロクトNクリームは、有効成分ピバリン酸フルオコルトロンと塩酸リグノカインを含有する痔疾患の治療クリームです。肛門部の出血、痛み、腫れ、かゆみなどの症状をやわらげます。

ウルトラプロクトN
クリームは、速やかな鎮痛効果と消炎による炎症痛の軽減効果を有します。痔核に伴う急性症状である疼痛・腫脹・出血に優れた効果を発揮します。

 

おすすめポイント

  • 効果が長持ちする(個人差があります)

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 

製品名
ウルトラプロクトNクリーム


製造会社

バイエル(Bayer

バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

クリーム1gあたり:
ピバリン酸フルオコルトロン 1mg

塩酸リグノカイン 20mg
ポリソルベート60、ソルビタンステアレート、セトステアリルアルコール、パラフィン、白色ワセリン、エデト酸二ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム二水和物、リン酸二ナトリウム十二水和物、ベンジルアルコール、精製水


使用対象・効能効果

  • 痔核に伴う症状(出血、疼痛、腫脹)の緩解

    本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
    効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • 患部へ適量を塗布してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、過敏症(局部の発赤、かゆみ、刺激感)、消化器症状(下痢、便意、お腹がはる、おならが出る)、感染症(皮膚および陰部の真菌性感染症、ウイルス性および細菌性感染症)が報告されています。

 

注意事項

  • 使用を忘れた場合は、思い出したときすぐに使用してください。ただし、次の使用時間が近いときは忘れた分は使用しないでください。
  • 薬を使用する前に、必ず患部を清潔にしてください。
  • 薬は排便後に使用するようにしてください。
  • 肛門の内側に注入するのか、外側に塗布するのかを必ず医師にご確認ください。
  • 眼科用として使用しないでください。

 

 

 

 


痔内服薬:ダフロン500mg

 

ダフロン500mgは、ジオスミン、ヘスペリジン(ビタミンP)を有効成分とする痔の内服治療薬です。

 

痔が原因で弱った肛門の毛細血管を強化する働きがあり、血液の循環をよくする働きがあります。

有効成分のジオスミンは、柑橘類から抽出されるフラボノイドです。血行を促進し、毛細血管を正常になるよう働きかけることにより、痔核周りの血液の循環をよくし、痔核の改善をします。また、静脈の循環を良くすることにより、むくみや静脈瘤の予防にも効果があります。

 


おすすめポイント

  • インド・セルディアファーマ社製痔内服薬

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

 

製品名
ダフロン500mg (Daflon)

 

製造会社

セルディアファーマ(Serdia Pharmaceuticals)

セルディアファーマは1986年設立のインドのムンバイを本拠とするグローバル製薬会社です。同社は近代的な設備整備と革新的分子の導入、情報ベースの医療訪問、評判の高い科学会議の開催を通じて、医療従事者へのサービス提供で高い評価を得ています。本社には、医師と薬剤師を含む製品プロモーションのための優秀なチームと、幅広いトピックにわたる科学知識と管理に関するトレーニングを提供する設備の整ったトレーニング部門を有していることからも高品質を追求する姿勢が伺えます。


成分・形状

ジオスミン 450mg(90%)、ヘスペリジンとして発現するフラボノイド 50mg(10%)


使用対象・効能効果

男女兼用・
排便困難、肛門の不快感、痛み、肛門の腫れなどの改善、炎症、充血、浮腫および脱腸(脱肛)などの改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

副作用

  • 主な副作用として、過敏症、腹痛、下痢、頭痛、倦怠感、しびれ、顔面浮腫などの症状が報告されています。
  • その他に異常が生じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください


使用方法

  • 発作的な痔の場合、最初の4日間は1日につき6錠を服用し、その後の3日間は1日につき4錠を服用してください。
  • 慢性の痔の場合は、1日2錠を服用してください。


注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。

 

 

 

 


腸内細菌バランス維持サプリメント:カンジダサポート

 

カンジタサポートは、腸内細菌のバランスを正常に維持するためのサプリメントです。

 

腸内には、ガンジダ・アルビカンスと呼ばれる菌が生息しており、通常は何の影響も与えませんが、免疫力の低下などが原因によりバランスが崩れ、ガンジダ症を引き起こすことがあります。したがって腸内細菌のバランスを維持することは健康にとって非常に重要です。

カンジダサポートには、様々な細菌やウイルスに働きかけるといわれているパウダルコをはじめ、同じく細菌に働きかけるといわれるオレガノ油、腸内環境をサポートすることで知られる黒グルミ、そのほか、ビオチンやカプリス酸が含まれており、様々な腸内バランスをサポートする成分が含まれています。

おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

 

ここに注意

  • 腸内のガンジダ・アルビカンスを減らすためのサプリメントではなく、腸内菌のバランスを整えるためのサプリメント
  • 効果に個人差
  • 即効性はない

 

 

製品名
カンジダサポート(Candida Support) 


製造会社
NOW


成分・形状

2粒あたり:
ビオチン 2,000mcg、マグネシウム(マグネシウムカプリルから)45mg、カプリル酸(マグネシウムカプリルから)500mg、パウダルコ樹皮 300mg、ブラックウォールナット外皮(クロクルミ)300mg、オレガノオイルパウダー 200mg

そのほかの成分:
セルロース(カプセル)、ニンニク、オリーブ葉エキス、キャッツクロー樹皮、ヨモギ、シリカ、ステアリン酸マグネシウム、セルロースパウダー、ツリーナッツ(クルミの殻)


使用対象・効能効果

腸内細菌のバランスをサポートします。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続摂取を推奨しております。


使用方法

1日2粒を目安に、食事とともに服用

 

副作用
特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。
  • 乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品を摂取する前に必ず医師にご相談ください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
  • ビオチンの多量摂取は、疾病等の検査結果に影響を与える場合がございます。検査を受ける予定のある方は、本品使用前に医師にご相談ください。

 

 

JUGEMテーマ:サプリDE健康


ヘルペス抑制薬ゾビラックスジェネリック:ゾビクロビル800mg

 

 

 

ゾビクロビル 800mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬ゾビラックスのジェネリックです。

 

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾビクロビルの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 

 

注)ゾビラックスジェネリックには性器ヘルペスの再発抑制適応はありません。性器ヘルペスの再発抑制はバラシクロビル成分の製品をご利用ください。


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • アシクロビル成分800mg錠
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
ゾビクロビル800mg

(Zoviclovir)


製造会社

ヒーリングファーマ(Healing Pharma)

 

ヒーリングファーマはインドムンバイを本拠とする製薬会社です。「顧客に高品質の製品を最高基準で提供する」をミッションに、調達から完成した配合まで国際規格に準拠した製品づくりをしています。

 


成分・形状

アシクロビル800mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 


「痛み」「赤み」「腫れ」改善サプリメント:セラペプターゼ40000spu

 

 

セラペプターゼ40000spuは、痛みや赤み、腫れのケアが期待できるサプリメントです。植物由来の成分で構成されているため、ヴィーガン(完全菜食主義者)の方でも安心して服用できるサプリメントです。


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

 

ここに注意

  • 効果に個人差がある
  • 即効性は劣る

 

 

 

 

 

製品名

セラペプターゼ40000spu(serrapeptase)


製造会社

BIOVEA


成分・形状

2粒あたり:
セラペプターゼ(2粒あたり最低40,000spu含有) 410mg

その他の成分:米粉、DRcaps®植物性腸溶カプセル、植物性ステアリン酸Mg、二酸化ケイ素、ジェランガム

 

♪セラペプターゼ
細菌や動植物を由来とする酵素で、痛みや赤み、腫れを穏やかにする働きがあるとされています。


使用対象・効能効果

痛みや赤み、腫れのケアや鼻の不快感の改善が期待できます。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続摂取を推奨しております。


使用方法

  • 1日2回、1回につき1〜2粒(ベジカプセル)を目安に、空腹の状態で240mlの水とともに服用してください

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 妊娠中・授乳中の方、妊娠の可能性のある方、潰瘍等、胃腸に疾患のある方は使用をお控えください。
  • ビタミンK処方薬、ヘパリン、ワルファリン(コウマジン)、アスピリン等、血液凝固に作用する薬を使用している方は、
  • 本剤の服用前に医師へご相談ください。
  • 吐き気や下痢の症状、胃腸への不快感が現れた際には、使用を止めてください。
     

 

 

JUGEMテーマ:バストアップ


ヘルペス抑制薬バルトレックスジェネリック:セントレックス500mg

 

セントレックス500mgはインドのセンチュリオンラボラトリーズ社のヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスのジェネリックです。

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。

 

ヘルペス抑制薬のメイン治療薬であるバルトレックスはブランドバイタルのため価格も高価ですが、バルシビルは価格もリーズナブルなため、再発を繰り返すヘルペス抑制に利用しやすい製品です。

性器ヘルペス問題
・繰り返し再発(根治が困難)するため精神的苦痛が大きい
・感染しても即発症せず、無症状で本人も疾患に気づかないまま次の相手に移してしまう拡散可能性が高い
・妊婦が罹患し出産時にウイルスを排出していた場合には、新生児が新生児ヘルペスを発症する危険性が高い
・性器に潰瘍性病変を有すると、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスを移したり、移されたりする可能性が高まる

しかし、現状の医療技術では性器ヘルペスの撲滅あるいは制圧は難しく、かつ性の自由化が進む中で、先進国、開発途上国を問わず世界的に増加の一途を辿っている感染症です

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。

 

しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。

 

また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。

 


おすすめポイント

  • ヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 


製品名
セントレックス500mg(Centrex)


製造会社

センチュリオンラボラトリーズ


センチュリオン・ラボラトリーズは、インド北西部のグシャラート州を本拠とする新興製薬会社です。グジャラート州といえば、「グジャラートの奇跡」とも言われる経済発展を遂げた地域として知られています。インドの平凡な田舎に過ぎなかった地域が2001年からの約10年という短期間で近代都市に変貌を遂げた成長モデルとして、世界中から注目されました。同社はこうした環境変化の真っ只中の2006年に設立されています。設立10年足らずとインド製薬会社の中でも最後発組に属しますが、同社の提供する医薬品は、業界標準に準拠し、高品質の製品を低価格で提供しています。主要製品分野としてはED治療分野のみならず、消毒軟膏、抗菌剤や抗生物質、漢方薬、栄養補助薬などに至ります。同社の製品はインドのみならず、アジア、中東、東ヨーロッパに販路を拡大しています。


成分・形状

バラシクロビル塩酸塩 500mg

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※性器ヘルペスの再発抑制に対する本治療薬の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められていますが、本治療薬投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されています。


使用方法

  • 性器ヘルペス:1回500mgを1日1回、単純疱疹:1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘、HIV感染症患者:1回500mgを1日2回を服用
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用している際に再発が認められた場合には1回500mg1日2回投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返す場合は、1回1000mg1日1回の投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 65歳以上の高齢者、腎障害患者は投与感覚を延長するなど注意してください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇、クレアチニン上昇等の腎障害、腹痛、嘔気嘔吐などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • バラシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


インド製薬大手シプラ社製ヘルペス抑制薬ゾビラックスジェネリック:アシビルDT 800mg

 

アシビルDT 800mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬ゾビラックスのジェネリックです。

 

主成分アシクロビルは服用回数が多いため、ジェネリックだとリーズナブルに利用できます。また、錠剤は分割しやすいような形状となっていますので、カットがしやすいのも使い勝手の観点から◎

 

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾコビンの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 

 

注)ゾビラックスジェネリックには性器ヘルペスの再発抑制適応はありません。性器ヘルペスの再発抑制はバラシクロビル成分の製品をご利用ください。


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • インド製薬大手シプラ社製ヘルペスウイルス増殖抑制薬ゾビラックスジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
アシビルDT(Acivir-800DT) 800mg


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。

 


成分・形状

アシクロビル800mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


【ブランドバイタル】ヘルペス抑制薬:ゾビラックス200mg【成分少量】

 

ゾビラックス200mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬(ブランドバイタル)です。

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾビラックスの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • 大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
ゾビラックス(Zovirax)200mg


製造会社

グラクソ・スミスクライン
グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を誇るグローバル製薬企業です。略称はGSK。

 


成分・形状

アシクロビル200mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み

 

 


性器ヘルペス頻回再発者向けヘルペス抑制薬:バルトレックス1000mg【ブランドバイタル】

 

バルトレックスは大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬で、性器ヘルペスや単純疱疹、帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療に使用されるブランドバイタルです。

※バルトレックスは成分量500mg錠と1000mg錠の2種類が発売されています。1000mg錠は性器ヘルペス頻回再発者向け製品ですので、初回購入の方、通常利用の方は500mg錠の購入を推奨いたします。⇒ バルトレックス500mg錠はこちら

バルトレックスの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。ヘルペスの治療薬としてはゾビラックスがその代表格でしたが、1日5回の服用が必要な点等から患者負担が大きく、現在ではバラシクロビル成分のバルトレックスが主流になっています。

性器ヘルペス問題
・繰り返し再発(根治が困難)するため精神的苦痛が大きい
・感染しても即発症せず、無症状で本人も疾患に気づかないまま次の相手に移してしまう拡散可能性が高い
・妊婦が罹患し出産時にウイルスを排出していた場合には、新生児が新生児ヘルペスを発症する危険性が高い
・性器に潰瘍性病変を有すると、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスを移したり、移されたりする可能性が高まる

しかし、現状の医療技術では性器ヘルペスの撲滅あるいは制圧は難しく、かつ性の自由化が進む中で、先進国、開発途上国を問わず世界的に増加の一途を辿っている感染症です

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。

 

しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。

 

また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。

 


おすすめポイント

  • 大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬
  • 性器ヘルペス頻回再発者向けの成分増量タイプ(1000mgは日本未承認)
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

製品名
バルトレックス1000mg(VALTREX)


製造会社

グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を誇るグローバル製薬企業です。略称はGSK。


成分・形状

バラシクロビル塩酸塩 1000mg

バルトレックスの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※性器ヘルペスの再発抑制に対する本治療薬の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められていますが、本治療薬投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されています。


使用方法

  • 性器ヘルペス:1回500mgを1日1回、単純疱疹:1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘、HIV感染症患者:1回500mgを1日2回を服用
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用している際に再発が認められた場合には1回500mg1日2回投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返す場合は、1回1000mg1日1回の投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 65歳以上の高齢者、腎障害患者は投与感覚を延長するなど注意してください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇、クレアチニン上昇等の腎障害、腹痛、嘔気嘔吐などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • バラシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


インド製薬大手シプラ社製ヘルペス抑制薬ゾビラックスジェネリック:アシビルDT 400mg

 

 

アシビルDT 400mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬ゾビラックスのジェネリックです。

 

主成分アシクロビルは服用回数が多いため、ジェネリックだとリーズナブルに利用できます。また、錠剤は分割しやすいような形状となっていますので、カットがしやすいのも使い勝手の観点から◎

 

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

アシビルDTの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 

 

注)ゾビラックスジェネリックには性器ヘルペスの再発抑制適応はありません。性器ヘルペスの再発抑制はバラシクロビル成分の製品をご利用ください。⇒バルトレックスジェネリック「バルシビル500mg」はこちら


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • インド製薬大手シプラ社製ヘルペスウイルス増殖抑制薬ゾビラックスジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
アシビルDT(Acivir-400DT)400mg


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。

 


成分・形状

アシクロビル400mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


尖圭コンジローマ治療薬アルダラクリームジェネリック:イミキモドクリーム5%

 

イミキモドクリーム5%(アルダラクリームジェネリック)はイミキアド成分配合の尖圭コンジローマ治療クリームです。


イミキアド成分配合の尖圭コンジローマ治療薬としては、グローバルでは「アルダラ/アルダラ5%クリーム」がブランドバイタルとして全世界75ヶ国以上で承認されており、また、日本では持田製薬から「ベセルナクリーム」として発売されています。

 

イミキモドクリーム5%(アルダラクリームジェネリック)はアルダラ5%クリームのジェネリックです。



尖圭コンジローマとは?
尖圭コンジローマとは性器にイボができる病気で、性器や肛門周辺にニワトリのトサカ/カリフラワー状のイボができてしまいます。イボは外科手術によって切除可能ですが、ウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、3ヶ月以内の再発率が約25%というデータがあります。自身に症状が出た場合はパートナーにも感染するケースが多く、また、遅発性のため、数ヵ月たってから症状が出る場合があるので注意が必要です。

 


アルダラ5%クリーム(アルダラクリームジェネリック)の含有成分のイミキモドは、免疫反応に関与するインターフェロンなどのサイトカインを誘導することによってウイルスの増殖を抑制すると共に、細胞性免疫応答の賦活化によって尖圭コンジローマの原因であるHPVなどに対する抗ウイルス作用を示します。これらの作用により、人間が本来持つウイルス感染防御機構を介してイボを消失させます。

尖圭コンジローマの代表的な治療方法としては、外科手術と薬物治療があります。
外科手術による治療はその効果が確実な反面、強い痛みを伴ったり、患部に潰瘍を生じさせたり、瘢痕(皮膚面に残るあと)が残ることがあることに加え、場合によっては治療のために入院が必要になることもあるなど、受ける側の負担が大きいという問題があります。

一方の薬物治療は、外科手術をする程ではないサイズの時に用いられ、多くのイボは薬物治療の対象となっています。薬物治療における副作用として、皮膚が赤くなったり、表皮の剥離やかゆみなどの皮膚反応が見られるものの、その負担が一般的には軽く、手軽に使えるため広く利用されています。コンジローマウイルスは、100以上の異なるタイプが存在していると言われていますが、アルダラ5%クリームの臨床試験の結果、日本では約65%の人が、海外では約50%の人が完全に治癒したとの臨床結果もあります。


おすすめポイント

  • 「簡単」「手軽」に使える尖圭コンジローマ治療薬
  • アルダラクリームジェネリックなので価格も安価

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 


製品名
イミキモドクリーム5%(アルダラクリームジェネリック)(Imiquimod Cream 5%)


製造会社

グレンマーク(Glenmark Pharmaceuticals Ltd.)

グレンマークはインドのムンバイを拠点とする腫瘍、呼吸器および皮膚科分野に強みを持つグローバル製薬会社です。同社のジェネリック医薬品は、米国、EU諸国、南米、インドなど80カ国以上で製品を販売しています。 世界17か所の製造施設と5つのR&Dセンターを有し、「医薬品開発を通じ、世界中の人々の生活を豊かにし、新しい世界のための新しい道を創造する」をミッションにしています。

成分・形状

イミキモド5%・クリーム

イミキモドは免疫反応に関与するインターフェロンなどのサイトカインを誘導することによってウイルスの増殖を抑制すると共に、細胞性免疫応答の賦活化によって尖圭コンジローマの原因であるHPVなどに対する抗ウイルス作用を示します。これらの作用により、人間が本来持つウイルス感染防御機構を介してイボを消失させます。加えて、自然免疫系、細胞性免疫応答の賦活化や、アポトーシス(細胞の自然死)の促進作用により、日光角化症を改善効果も認められています。

 

使用対象・効能効果

男女兼用・
尖圭コンジローマ(外性器又は肛門周囲に限る)
日光角化症(顔面又は禿頭部に限る)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 疣贅部位に適量を1日1回(週3回程度)を就寝前に塗布
  • 塗布後はそのままの状態を保ち、起床後に塗布した薬剤を石鹸を用い、水又は温水で洗い流してください

 

副作用

  • 主な副作用として、重篤な潰瘍、びらん、紅斑、浮腫、表皮剥離等の皮膚障害、排尿困難などの症状などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください
  • 重度の紅斑、びらん、潰瘍、表皮剥離等が現れた場合には石鹸を用い、水又は温水で洗い流して本剤を除去し、直ちに医師等にご相談ください
  • 女性患者において、本剤を腟口及び尿道口付近に塗布した場合、尿道口及びその周辺に疼痛や浮腫を生じ、排尿困難となることがあるため、腟口及び尿道口付近に塗布する際は、疣贅部位にのみ塗布するようご注意ください
  • 仮性包茎等の男性の包皮内の疣贅を治療する場合、紅斑、びらん、表皮剥離及び浮腫等が現れやすくなるため、毎日、包皮を反転させた上で包皮内を清潔に保つようにしてください
  • セックスパートナーへの本剤の付着により、皮膚障害等が生じる可能性があるため、本剤を塗布した状態での性行為はお避けください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

以下の診断・既往歴がある方は使用できません

  • イミキモドに対する過敏症
  • 尿道、腟内、子宮頸部、直腸及び肛門内などの体の内部には利用できません
  • 術後の皮膚などにも使用しないのがよいとされています

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み

 


【再発初期の緩和に】 ヘルペス抑制薬バルトレックスジェネリック:バルシビル1000mg

 

バルシビル1000mgはインド製薬大手のシプラ社のヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスジェネリックのバラシクロビル成分量1000mg配合タイプです。⇒500mg錠はこちら

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。

 

ヘルペス抑制薬のメイン治療薬であるバルトレックスはブランドバイタルのため価格も高価ですが、バルシビルは価格もリーズナブルなため、再発を繰り返すヘルペス抑制に利用しやすい製品です。

性器ヘルペス問題
・繰り返し再発(根治が困難)するため精神的苦痛が大きい
・感染しても即発症せず、無症状で本人も疾患に気づかないまま次の相手に移してしまう拡散可能性が高い
・妊婦が罹患し出産時にウイルスを排出していた場合には、新生児が新生児ヘルペスを発症する危険性が高い
・性器に潰瘍性病変を有すると、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスを移したり、移されたりする可能性が高まる

しかし、現状の医療技術では性器ヘルペスの撲滅あるいは制圧は難しく、かつ性の自由化が進む中で、先進国、開発途上国を問わず世界的に増加の一途を辿っている感染症です

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。

 

しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。

 

また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。

 


おすすめポイント

  • インド製薬大手シプラ社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスジェネリック
  • バラシクロビル成分1000mg配合で頻回発症や初期症状緩和に最適
  • バルシビル500mgよりもトータルコストが安い(錠剤の分割可能)
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 


製品名
バルシビル1000mg(Valcivir)


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。


成分・形状

バラシクロビル塩酸塩 1000mg

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※性器ヘルペスの再発抑制に対する本治療薬の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められていますが、本治療薬投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されています。


使用方法

  • 性器ヘルペス:1回500mgを1日1回、単純疱疹:1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘、HIV感染症患者:1回500mgを1日2回を服用
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用している際に再発が認められた場合には1回500mg1日2回投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返す場合は、1回1000mg1日1回の投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 65歳以上の高齢者、腎障害患者は投与感覚を延長するなど注意してください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇、クレアチニン上昇等の腎障害、腹痛、嘔気嘔吐などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • バラシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


ヘルペス抑制薬ゾビラックスジェネリック:ゾコビン400mg

 

 

ゾコビン(zokovin)400mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬ゾビラックスのジェネリックです。

 

主成分アシクロビルは服用回数が多いため、ジェネリックだとリーズナブルに利用できます。また、錠剤は分割しやすいような形状となっていますので、カットがしやすいのも使い勝手の観点から◎

 

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾコビンの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 

 

注)ゾビラックスジェネリックには性器ヘルペスの再発抑制適応はありません。性器ヘルペスの再発抑制はバラシクロビル成分の製品をご利用ください。⇒バルトレックスジェネリック「バルシビル500mg」はこちら


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • ヘルペスウイルス増殖抑制薬ゾビラックスジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
ゾビコン(Zovicon)400mg


製造会社

T.Oファーマ(T.O.PHARMA Co. Ltd)
T.Oファーマは1983年設立のタイ・バンコクを本拠にするタイを代表する製薬会社です。整形外科、心血管、呼吸器、抗感染、泌尿器科等の領域をカバーし、GMP基準に準拠しており、国家食品医薬品局(National FDA)とISO 9001:2008の認証を受けています。

 


成分・形状

アシクロビル400mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


ヘルペス抑制薬:ゾビラックス400mg【ブランドバイタル】

 

 

ゾビラックス400mgは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬(ブランドバイタル)です。

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾビラックスの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。


 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • 大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 服用回数が多い

 

 

 


製品名
ゾビラックス(Zovirax)400mg


製造会社

グラクソ・スミスクライン
グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を誇るグローバル製薬企業です。略称はGSK。

 


成分・形状

アシクロビル400mg・錠剤


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして200mg(200mg錠1錠、400mg錠0.5錠)を1日5回服用
  • 帯状疱疹:通常、成人には1回アシクロビルとして800mg(200mg錠4錠、400mg錠2錠)を1日5回服用
  • その他、年齢、症状により適宜増減してください。

 

副作用

  • 主な副作用として、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましいとされています
  • 単純疱疹の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 本剤は、主として免疫機能の低下を伴わない方に適応されます。悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能の低下した方には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮してください
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す方に対して行なってください
  • 腎障害のある方、腎機能が低下している方、高齢者等の脱水症状をおこしやすいと考えられる方は、本剤の投与中は適切な水分補給を行ってください
  • 本剤の曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する可能性が高いため、腎障害のある患者又は腎機能が低下している方、高齢者においては、本剤の投与間隔を調整し、状態を観察しながら慎重に投与してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み

 


リップクリーム型ヘルペス抑制薬:ゾビラックスクリーム

 

ゾビラックスクリームは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療薬(ブランドバイタル)のリップクリームです。

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

 

ゾビラックスの主成分アシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。

 

ゾビラックスクリームは塗布タイプの抗ヘルペス経口薬で、比較的副作用も少なく、安全性が高いことが特長です。
 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • 大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬
  • 使い勝手が良いリップクリーム型
  • 副作用が少ない(個人差があります)

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 


製品名
ゾビラックスクリーム 5%


製造会社

グラクソ・スミスクライン
グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を誇るグローバル製薬企業です。略称はGSK。

 


成分・形状

アシクロビル 5%・塗布クリーム


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常、適量を1日数回塗布します。

 

副作用

  • 重い副作用はまずありませんが、下痢や吐き気、発疹などの皮膚の症状、めまいや眠気などが生じる場合があります。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください
  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方は事前に医師にご相談ください
  • 刺激感を感じる可能性があるため、陰部のヘルペスに使用する場合には、膣内などの粘膜部には塗らないように注意してください本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください
  • 腎臓の悪い人や高齢の方、妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、使用前に必ず医師にご相談ください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


尖圭コンジローマ治療薬:アルダラ5%クリーム【ブランドバイタル】

 

アルダラ5%クリームはイミキアド成分配合クリームで、尖圭コンジローマ(性器にできるイボ)、皮膚表層にできる小さながん、日光角化症など三つの皮膚症状の治療に用いられます。

 

アルダラ5%クリームはブランドバイタルとして全世界75ヶ国以上で承認されており、また、日本では持田製薬から「ベセルナクリーム」として発売されています。

イミキモドは、身体の防御機構を刺激する作用があり、皮膚の免疫細胞と結合し、サイトカインと呼ばれる天然の防御物質を放出させます。このようなサイトカインはαインターフェロンと呼ばれ、他のサイトカインとともに免疫系において多くの機能を担っています。細胞内のウィルス増殖を抑制することで、ウィルス感染に抵抗します。悪性または異常な細胞の増殖も防ぎます。

 

アルダラ5%クリームは、ヒトパピローマウィルス(HPV)が原因の尖圭コンジローマ、基底細胞がんと呼ばれる皮膚表層がん(悪性ではない)、皮膚が長年にわたり太陽光線によって損傷を受ける日光角化症など、異常な細胞が引き起こす症状を、免疫細胞の機能を高めることで、封じ込めます。


尖圭コンジローマとは?
尖圭コンジローマとは性器にイボができる病気で、性器や肛門周辺にニワトリのトサカ/カリフラワー状のイボができてしまいます。イボは外科手術によって切除可能ですが、ウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、3ヶ月以内の再発率が約25%というデータがあります。自身に症状が出た場合はパートナーにも感染するケースが多く、また、遅発性のため、数ヵ月たってから症状が出る場合があるので注意が必要です。

 


アルダラ5%クリームの含有成分のイミキモドは、免疫反応に関与するインターフェロンなどのサイトカインを誘導することによってウイルスの増殖を抑制すると共に、細胞性免疫応答の賦活化によって尖圭コンジローマの原因であるHPVなどに対する抗ウイルス作用を示します。これらの作用により、人間が本来持つウイルス感染防御機構を介してイボを消失させます。

尖圭コンジローマの代表的な治療方法としては、外科手術と薬物治療があります。
外科手術による治療はその効果が確実な反面、強い痛みを伴ったり、患部に潰瘍を生じさせたり、瘢痕(皮膚面に残るあと)が残ることがあることに加え、場合によっては治療のために入院が必要になることもあるなど、受ける側の負担が大きいという問題があります。

一方の薬物治療は、外科手術をする程ではないサイズの時に用いられ、多くのイボは薬物治療の対象となっています。薬物治療における副作用として、皮膚が赤くなったり、表皮の剥離やかゆみなどの皮膚反応が見られるものの、その負担が一般的には軽く、手軽に使えるため広く利用されています。コンジローマウイルスは、100以上の異なるタイプが存在していると言われていますが、アルダラ5%クリームの臨床試験の結果、日本では約65%の人が、海外では約50%の人が完全に治癒したとの臨床結果もあります。


おすすめポイント

  • 尖圭コンジローマのバイタル治療薬

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 


製品名
アルダラ5%クリーム


製造会社

メダ(MEDA)

 

メダ(MEDA)はスウェーデンに本拠を置く、関節炎や呼吸器系疾患の医療用医薬品が主力のグローバル製薬会社です。尿道注入型ED治療薬ミューズの製造会社としても知られています。2016年2月にジェネリック医薬品世界大手のマイラン社により買収され、傘下に入っています。マイラン社は米国ペンシルバニア州に本拠を置く世界最大級のジェネリック製薬会社で、現在ではアメリカのみならず、イギリス、フランス、日本を始めとする世界140ヵ国で取引されているグローバル製薬会社に成長しています。日本法人としてマイラン製薬株式会社があります。バイアグラ製造会社のファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結しており、マイラン社がバイアグラジェネリックのシルデナフィルをヨーロッパで販売するなどED治療薬との関係も深く、メダ買収により後発薬から医療用医薬品、大衆薬まで広げ、売上高は118億ドル超となっています。

成分・形状

イミキモド5%・クリーム

イミキモドは免疫反応に関与するインターフェロンなどのサイトカインを誘導することによってウイルスの増殖を抑制すると共に、細胞性免疫応答の賦活化によって尖圭コンジローマの原因であるHPVなどに対する抗ウイルス作用を示します。これらの作用により、人間が本来持つウイルス感染防御機構を介してイボを消失させます。加えて、自然免疫系、細胞性免疫応答の賦活化や、アポトーシス(細胞の自然死)の促進作用により、日光角化症を改善効果も認められています。

 

使用対象・効能効果

男女兼用・
尖圭コンジローマ(外性器又は肛門周囲に限る)
日光角化症(顔面又は禿頭部に限る)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 疣贅部位に適量を1日1回(週3回程度)を就寝前に塗布
  • 塗布後はそのままの状態を保ち、起床後に塗布した薬剤を石鹸を用い、水又は温水で洗い流してください

 

副作用

  • 主な副作用として、重篤な潰瘍、びらん、紅斑、浮腫、表皮剥離等の皮膚障害、排尿困難などの症状などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください
  • 重度の紅斑、びらん、潰瘍、表皮剥離等が現れた場合には石鹸を用い、水又は温水で洗い流して本剤を除去し、直ちに医師等にご相談ください
  • 女性患者において、本剤を腟口及び尿道口付近に塗布した場合、尿道口及びその周辺に疼痛や浮腫を生じ、排尿困難となることがあるため、腟口及び尿道口付近に塗布する際は、疣贅部位にのみ塗布するようご注意ください
  • 仮性包茎等の男性の包皮内の疣贅を治療する場合、紅斑、びらん、表皮剥離及び浮腫等が現れやすくなるため、毎日、包皮を反転させた上で包皮内を清潔に保つようにしてください
  • セックスパートナーへの本剤の付着により、皮膚障害等が生じる可能性があるため、本剤を塗布した状態での性行為はお避けください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

以下の診断・既往歴がある方は使用できません

  • イミキモドに対する過敏症
  • 尿道、腟内、子宮頸部、直腸及び肛門内などの体の内部には利用できません
  • 術後の皮膚などにも使用しないのがよいとされています

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


スイス・スミスクライン社製ヘルペス抑制薬:バルトレックス500mg【ブランドバイタル】

 

バルトレックスは大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬で、性器ヘルペスや単純疱疹、帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療に使用されるブランドバイタルです。

バルトレックスの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。

 

ヘルペスの治療薬としてはゾビラックスがその代表格でしたが、1日5回の服用が必要な点等から患者負担が大きく、現在ではバラシクロビル成分のバルトレックス及びバルトレックスジェネリック<が主流になっています。

性器ヘルペス問題
・繰り返し再発(根治が困難)するため精神的苦痛が大きい
・感染しても即発症せず、無症状で本人も疾患に気づかないまま次の相手に移してしまう拡散可能性が高い
・妊婦が罹患し出産時にウイルスを排出していた場合には、新生児が新生児ヘルペスを発症する危険性が高い
・性器に潰瘍性病変を有すると、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスを移したり、移されたりする可能性が高まる

しかし、現状の医療技術では性器ヘルペスの撲滅あるいは制圧は難しく、かつ性の自由化が進む中で、先進国、開発途上国を問わず世界的に増加の一途を辿っている感染症です

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。

 

しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。

 

また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。

 


おすすめポイント

  • 大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬
  • 従来治療薬のゾビラックスよりも服用回数が少なくて済む
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


製品名
バルトレックス500mg(VALTREX)


製造会社

グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を誇るグローバル製薬企業です。略称はGSK。


成分・形状

バラシクロビル塩酸塩 500mg

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※性器ヘルペスの再発抑制に対する本治療薬の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められていますが、本治療薬投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されています。


使用方法

  • 性器ヘルペス:1回500mgを1日1回、単純疱疹:1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘、HIV感染症患者:1回500mgを1日2回を服用
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用している際に再発が認められた場合には1回500mg1日2回投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返す場合は、1回1000mg1日1回の投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 65歳以上の高齢者、腎障害患者は投与感覚を延長するなど注意してください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇、クレアチニン上昇等の腎障害、腹痛、嘔気嘔吐などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • バラシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


【ノバルティス社製】単純疱疹・帯状疱疹抗ウイルス薬:ファムビル250mg

 

ファムビルは世界第2位の製薬会社ノバルティス社製の抗ウイルス薬です。

 

ファムビルの成分ファムシクロビルは、ウイルスが増えるのを抑え、くちびるや、性器、神経にそってできる水ぶくれ、ピリピリする痛みなどの単純疱疹、帯状疱疹を改善します。

 

日本での適応症は帯状疱疹・単純疱疹とされていますが、グローバルでは左記を含むヘルペスウイルス感染症の治療に用いられています。当製品は日本国内で承認されているファムビル錠250mg(マルホ)と同じ成分・成分量の錠剤です。


おすすめポイント

  • 大手製薬会社ノバルティス社製の抗ウイルス増殖抑制
  • ヘルペス感染症の治療にも

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 


製品名
ファムビル250mg(Famvir)


製造会社

ノバルティス

成分・形状

ファムシクロビル 250mg(Famciclovir)・錠剤
ファムシクロビルは、抗ウイルス薬で、ヘルペスウイルス感染症の治療に用いられる成分です。

使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。
※本剤は、発病初期に近いほど効果が期待できます。目安としては、帯状疱疹の場合、皮疹出現後5日以内に服用を開始することが望ましいとされています。また、原則として単純疱疹の場合は5日間、帯状疱疹の場合は7日間服用する必要があります。ただし、改善の兆しがみられなかったり、悪化した場合には、速やかに医師の診察をお受けください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回250mg(1錠)を1日3回経口服用
  •  帯状疱疹:通常、成人には1回500mg(2錠)を1日3回経口服用

 

副作用

  • 主な副作用として、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまい、眠気、不眠、意識の混乱、発疹、かゆみなどが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください
  • 皮疹出現後早期に服用を開始してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 本剤はつぶさずに服用してください。つぶした場合は、つよい苦味が生じます
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


ヘルペス抑制薬バルトレックスジェネリック:バルシビル500mg

 

バルシビル500mgはインド製薬大手のシプラ社のヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスのジェネリックです。

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。

 

ヘルペス抑制薬のメイン治療薬であるバルトレックスはブランドバイタルのため価格も高価ですが、バルシビルは価格もリーズナブルなため、再発を繰り返すヘルペス抑制に利用しやすい製品です。

性器ヘルペス問題
・繰り返し再発(根治が困難)するため精神的苦痛が大きい
・感染しても即発症せず、無症状で本人も疾患に気づかないまま次の相手に移してしまう拡散可能性が高い
・妊婦が罹患し出産時にウイルスを排出していた場合には、新生児が新生児ヘルペスを発症する危険性が高い
・性器に潰瘍性病変を有すると、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスを移したり、移されたりする可能性が高まる

しかし、現状の医療技術では性器ヘルペスの撲滅あるいは制圧は難しく、かつ性の自由化が進む中で、先進国、開発途上国を問わず世界的に増加の一途を辿っている感染症です

ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。

 

しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。

 

また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。

 


おすすめポイント

  • インド製薬大手シプラ社製のヘルペスウイルス増殖抑制薬バルトレックスジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 


製品名
バルシビル500mg(Valcivir)


製造会社

シプラ

シプラ(cipla)は1935年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動しています。


成分・形状

バラシクロビル塩酸塩 500mg

バルシビルの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いるとより効果的と言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※性器ヘルペスの再発抑制に対する本治療薬の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められていますが、本治療薬投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されています。


使用方法

  • 性器ヘルペス:1回500mgを1日1回、単純疱疹:1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘、HIV感染症患者:1回500mgを1日2回を服用
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用している際に再発が認められた場合には1回500mg1日2回投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 性器ヘルペスの再発抑制に本治療薬を使用しているにもかかわらず頻回に再発を繰り返す場合は、1回1000mg1日1回の投与が可能(状況に応じて医師に相談してください)
  • 65歳以上の高齢者、腎障害患者は投与感覚を延長するなど注意してください

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇、クレアチニン上昇等の腎障害、腹痛、嘔気嘔吐などが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • バラシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


ヘルペス抑制薬ゾビラックスクリームジェネリック:アクロビルクリーム 5%

 

アクロビルクリームは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)リップクリーム型治療薬「ゾビラックスクリーム」のジェネリックです。

 

単純疱疹や帯状疱疹は、原因となるウイルスが皮膚や粘膜で増殖し、水ぶくれや発赤を生じさせ、ピリピリとした痛みを引き起こします。

主成分のアシクロビルは、ウイルス細胞の内部にてウイルスのDNA鎖が伸長するのを阻止し、ウィルスの複製をブロックします。とくに、ウイルスの少ない早期の段階で用いることで、大きな効果を発揮します。アクロビルクリームは塗布タイプの抗ヘルペス経口薬で、比較的副作用も少なく、安全性が高いことが特長です。
 

ヘルペスとは?
ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、水ぶくれが集まった状態のことを言います。


人間に感染するヘルペスウイルスは8種類程度あり、そのうちの性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるウイルス感染症、子供の水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症)です。

単純ヘルペスウイルスには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類の症状がありますが、単純に、出現場所による分類がなされているだけで、下半身に症状が出るものを性器ヘルペス、口唇や顔など上半身に出るものを口唇ヘルペスと総称しています。ごくまれですが、単純ヘルペスウイルスは角膜炎や脳炎を起こすことがあります。日本では性器ヘルペスウイルスに10%程度、口唇ヘルペスウイルスに70-80%が感染(保菌)していると言われています。

そもそも、ウイルスは自力で増殖ができない生き物のため、私たち人間の体の細胞の中に入り込む方法でしか生きられません。性器ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節にとどまり、潜伏します(ウイルスはいったん感染すると半永久的に体内に留まります)。そして何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。

性器ヘルペスに感染しても約7割の人は症状が出ないので、ほとんど気づきません。しかし、症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意が必要です。また、性器ヘルペスの徴候が見られる時には性交渉を避け、症状が出ていない時でも避妊具を使用することで、感染リスクを軽減することができます。また、口唇ヘルペスは性器にも感染し、性器ヘルペスを発症することがあります。

症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができるケースが殆どで、男性の場合は亀頭、包皮、陰茎体部、女性の場合は外陰と膣の入り口に最も見られます。ヘルペスは初めての症状表出時の症状が最も重くなり、風邪様の症状(発熱、頭痛、筋肉の痛み)と上記過敏症を感じます。ヘルペスの治療(一度保菌すると消滅しないため、厳密には「抑制」)は、早ければ早いほど効果的ですので、口唇や性器にヘルペスの症状が出た場合は、直ぐに治療を開始することが大切です。


おすすめポイント

  • ゾビラックスクリームのジェネリック
  • 副作用が少ない(個人差があります)

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 


製品名
アクロビルクリーム(AklovirCream)5%


製造会社

サンド

サンド社(Sandoz)はスイスに本拠多く世界第二位のグローバル製薬会社ノバルティス社のジェネリック部門子会社で、ジェネリック医薬品世界第二位のグローバルジェネリック医薬品メーカーです。130ヵ国以上で、世界12ヵ所に主要な開発センターを置き、欧州、北米、アジア、南米、アフリカの30ヵ所以上に生産拠点を持ち、日本の厚生労働省(PMDA)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品審査庁(EMA)のガイドラインの中から一番厳しい基準を採用するなど高い品質基準を保持しています。

 


成分・形状

アシクロビル 5%・塗布クリーム


アシクロビルは標準的な経口抗ヘルペスウイルス薬です。安全性が高く比較的副作用も少ないので、各種のヘルペスウイルス感染症に広く用いられています。アシクロビルは、「医療を変えた新薬」と言われ、1974 年に開発されました。アシクロビルの開発を含む一連の功績により、開発チームのジョージ・ヒッチングスとガートルード・エリオンは 1988 年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。1980 年代の初めには、米国では性器ヘルペス患者が 2000 万人いるともいわれ社会問題となっていましたが、アシクロビルにより治療が可能となりました。また、急性白血病の治療などで行う骨髄移植で発生しがちだったウイルス感染症発生による死亡率もアシクロビルの開発により、多くの患者を救うことができるようになりました。また、アシクロビルの開発により、新生児ヘルペスの致死率を 90%から30%へ、またヘルペス性脳炎の致死率を70%から 20%に下げたと報告されています。このように、アシクロビルの発見は、ペニシリンの発見に匹敵すると医学界では言われています。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常、適量を1日数回塗布します。

 

副作用

  • 重い副作用はまずありませんが、下痢や吐き気、発疹などの皮膚の症状、めまいや眠気などが生じる場合があります。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 本剤は外用としてのみお使いください
  • アシクロビルに対する過敏症の診断・既往歴がある方は使用できません
  • 本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えてください
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方は事前に医師にご相談ください
  • 刺激感を感じる可能性があるため、陰部のヘルペスに使用する場合には、膣内などの粘膜部には塗らないように注意してください本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください
  • 腎臓の悪い人や高齢の方、妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、使用前に必ず医師にご相談ください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


単純疱疹・帯状疱疹抗ウイルス薬:ファムシクロビル250mg

 

ファムシクロビル250mgはインドの中堅製薬会社マクレオーズ社製の抗ウイルス薬で、成分名であるファムシクロビルをそのまま製品名に冠した製品です。

ファムシクロビルの成分ファムシクロビルは、ウイルスが増えるのを抑え、くちびるや、性器、神経にそってできる水ぶくれ、ピリピリする痛みなどの単純疱疹、帯状疱疹を改善します。

 

日本での適応症は帯状疱疹・単純疱疹とされていますが、グローバルでは左記を含むヘルペスウイルス感染症の治療に用いられています。当製品は日本国内で承認されているファムビル錠250mg(マルホ)と同じ成分・成分量の錠剤です。
 


おすすめポイント

  • インド・マクレオーズ社製の抗ウイルス増殖抑制薬

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 


製品名
ファムシクロビル250mg


製造会社

マクレオーズ

マクレオーズ(Macleods Pharmaceuticals Ltd. )は1986年設立のインドのムンバイに拠点を置く製薬会社です。循環器、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器がんを主要分野に、「確かな品質を手ごろな価格で提供する」をミッションとする製薬会社です。インドでは中堅クラスの製薬会社ですが、インド国内だけではなくグローバルクラスのジェネリック製薬会社に成長すべく、現在80ヶ国以上の市場に進出しています。


成分・形状

ファムシクロビル 250mg(Famciclovir)・錠剤
ファムシクロビルは、抗ウイルス薬で、ヘルペスウイルス感染症の治療に用いられる成分です。


使用対象・効能効果

男性・女性兼用
単純疱疹、帯状疱疹

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。
※本剤は、発病初期に近いほど効果が期待できます。目安としては、帯状疱疹の場合、皮疹出現後5日以内に服用を開始することが望ましいとされています。また、原則として単純疱疹の場合は5日間、帯状疱疹の場合は7日間服用する必要があります。ただし、改善の兆しがみられなかったり、悪化した場合には、速やかに医師の診察をお受けください。


使用方法

  • 単純疱疹:通常、成人には1回250mg(1錠)を1日3回経口服用
  •  帯状疱疹:通常、成人には1回500mg(2錠)を1日3回経口服用

 

副作用

  • 主な副作用として、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまい、眠気、不眠、意識の混乱、発疹、かゆみなどが報告されています
  • 副作用に関しては個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください
  • 皮疹出現後早期に服用を開始してください
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください
  • 本剤はつぶさずに服用してください。つぶした場合は、つよい苦味が生じます
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください

 

併用禁忌薬

  • 併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬があります
  • ご使用の際は医師など専門家にご相談してください
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください

 

 

 

 


ジョンソン&ジョンソン社製の痔坐薬:アヌソール・サポ坐薬

 

ジョンソン・アンド・ジョンソン社(J&J)のアヌソール・サポ坐薬は、イボ痔の治療に用いる坐薬です。

 

アヌソール・サポ坐薬には、酸化ビスマス、酸化亜鉛、ペルーバルサム、次没食子酸ビスマス等が配合されており、肛門部の出血、痛み、腫れ、かゆみなどの症状を緩和します。アヌソール・サポ坐薬は坐薬タイプなので、即効性に優れ、副作用の心配が少なく、食事の影響を受けない点が特長です。

 


おすすめポイント

  • ジョンソン&ジョンソン社製の坐薬タイプの非ステロイド痔治療薬

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 

製品名
アヌソール・サポ坐薬(Anusol-suppositories)


製造会社

ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson Ltd.)


成分・形状

酸化ビスマス無水物 24mg、 酸化亜鉛 296mg、 ペルーバルサム 49mg、 次没食子酸ビスマス 59mg

♪酸化ビスマス、次没食子酸ビスマス
収斂性を有しており出血を抑えるとともに、粘膜表面を保護します。

♪酸化亜鉛
皮膚の水分を吸収して、摩擦を減少させたり、細菌の増殖を抑えたりします。

♪ペルーバルサム
上皮細胞の増殖を促進すると考えられており、痔核に伴う症状の改善を補助します。


使用対象・効能効果

男女兼用・内痔核症状の軽減

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

注意事項

  • 刺激感、灼熱感、発疹などの症状が現れる場合があります。
  • その他に異常が生じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください


使用方法

  • 午前中と夜間の1日2回、排便後に肛門へ挿入してください


併用禁忌薬

  • 本剤は外用としてのみお使いください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。

 

 

 

 


| 1/1PAGES |

スマートフォン

最新記事一覧

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM