排卵誘発剤クロミッドジェネリック:フェートガード50mg

 

 

フェートガード50mgは、排卵障害による不妊症の治療に使用される排卵誘発剤クロミッド(クロミド)のジェネリックです。


不妊とは男女が避妊具を使用せず性交をしているにもかかわらず一定期間妊娠しないことで、原因は女性側・男性側、またはその両方にある場合があり、特に女性は排卵がないことや、子宮内膜症・骨盤腹膜炎などが原因で妊娠しにくくなることがあります。また、加齢が妊娠しにくい原因となる場合もあります。

フェートガード50mgの成分であるクエン酸クロミフェンは、脳の視床下部に働きかけ、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を増加させ、脳下垂体前葉から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵胞刺激ホルモンが卵巣内で卵胞を成長させ、黄体刺激ホルモンが増えることにより排卵を促し妊娠が可能となります。効果が強く、排卵障害の場合によく使用される成分です。また、男性不妊症にも効果があり、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し男性ホルモン分泌を促し精子形成の改善が期待できます。

フェートガード50mgは、排卵を誘発することで妊娠のしやすい状況をつくることができ、排卵障害による不妊症でお悩みの方や、妊活をしてもなかなか妊娠しない方に適した製品です。

 


おすすめポイント

  • 不妊改善効果のある排卵誘発剤
  • 女性だけでなく、男性にも効果がある(効果には個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 


製品名
フェートガード50mg

(FERTGARD)


製造会社

ヒーリングファーマ(Healing Pharma)

 

ヒーリングファーマはインドムンバイを本拠とする製薬会社です。「顧客に高品質の製品を最高基準で提供する」をミッションんに、調達から完成した配合まで国際規格に準拠した製品づくりをしています。

成分形状

クロミフェンクエン酸塩(Clomiphene Citrate)50mg


使用対象・効能効果

排卵障害に基づく不妊症の排卵誘発

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 無排卵症により排卵誘発を試みる場合には、まずジェスタージェン、エストロゲンテストを行ってから消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始してください。
  • 通常、第1クール1日50mg(1錠)5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg(2錠)5日間に増量してください。
  • 用量・期間は1日100mg(0.5錠)5日間を限度とします。
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

副作用

  • 主な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)、視覚症状、吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、イライラ感、倦怠感、ほてり、尿が増える、口が渇く、発疹などが報告されています。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍及びその疑い、卵巣腫瘍及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣の腫大がある、肝障害又は肝疾患、妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤を使用しないでください。
  • 原発性卵巣不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌が高い・副腎及び甲状腺機能の異常による無排卵・頭蓋内に病変(下垂体腫瘍等)がある・無排卵症以外の不妊症の方は、使用しないでください
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌の既往歴、乳癌家族素因が強い、乳房結節、乳腺症、乳房レントゲン像での異常、肝障害・肝疾患の既往歴、多嚢胞性卵巣、未治療の子宮内膜増殖症等の方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に医師に相談してください。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 投与前少なくとも1ヵ月間及び治療期間中は基礎体温を必ず記録し、排卵誘発の有無を観察してください。
  • 無月経患者においては投与前にGestagen testを行い、消退性出血開始日を第1日として5日目に、また投与前に自然出血(無排卵周期症)があった場合はその5日目に投与を開始してください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


排卵誘発剤クロミッドジェネリック:フェートガード100mg

 

 

 

フェートガード100mgは、排卵障害による不妊症の治療に使用される排卵誘発剤クロミッド(クロミド)のジェネリックです。


不妊とは男女が避妊具を使用せず性交をしているにもかかわらず一定期間妊娠しないことで、原因は女性側・男性側、またはその両方にある場合があり、特に女性は排卵がないことや、子宮内膜症・骨盤腹膜炎などが原因で妊娠しにくくなることがあります。また、加齢が妊娠しにくい原因となる場合もあります。

フェートガード100mgの成分であるクエン酸クロミフェンは、脳の視床下部に働きかけ、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を増加させ、脳下垂体前葉から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵胞刺激ホルモンが卵巣内で卵胞を成長させ、黄体刺激ホルモンが増えることにより排卵を促し妊娠が可能となります。効果が強く、排卵障害の場合によく使用される成分です。また、男性不妊症にも効果があり、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し男性ホルモン分泌を促し精子形成の改善が期待できます。

フェートガード100mgは、排卵を誘発することで妊娠のしやすい状況をつくることができ、排卵障害による不妊症でお悩みの方や、妊活をしてもなかなか妊娠しない方に適した製品です。

 


おすすめポイント

  • 不妊改善効果のある排卵誘発剤
  • 女性だけでなく、男性にも効果がある(効果には個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 


製品名
フェートガード100mg

(FERTGARD)


製造会社

ヒーリングファーマ(Healing Pharma)

 

ヒーリングファーマはインドムンバイを本拠とする製薬会社です。「顧客に高品質の製品を最高基準で提供する」をミッションんに、調達から完成した配合まで国際規格に準拠した製品づくりをしています。

成分形状

クロミフェンクエン酸塩(Clomiphene Citrate)100mg


使用対象・効能効果

排卵障害に基づく不妊症の排卵誘発

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 無排卵症により排卵誘発を試みる場合には、まずジェスタージェン、エストロゲンテストを行ってから消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始してください。
  • 通常、第1クール1日50mg(0.5錠)5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg(1錠)5日間に増量してください。
  • 用量・期間は1日100mg(1錠)5日間を限度とします。
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

副作用

  • 主な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)、視覚症状、吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、イライラ感、倦怠感、ほてり、尿が増える、口が渇く、発疹などが報告されています。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍及びその疑い、卵巣腫瘍及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣の腫大がある、肝障害又は肝疾患、妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤を使用しないでください。
  • 原発性卵巣不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌が高い・副腎及び甲状腺機能の異常による無排卵・頭蓋内に病変(下垂体腫瘍等)がある・無排卵症以外の不妊症の方は、使用しないでください
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌の既往歴、乳癌家族素因が強い、乳房結節、乳腺症、乳房レントゲン像での異常、肝障害・肝疾患の既往歴、多嚢胞性卵巣、未治療の子宮内膜増殖症等の方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に医師に相談してください。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 投与前少なくとも1ヵ月間及び治療期間中は基礎体温を必ず記録し、排卵誘発の有無を観察してください。
  • 無月経患者においては投与前にGestagen testを行い、消退性出血開始日を第1日として5日目に、また投与前に自然出血(無排卵周期症)があった場合はその5日目に投与を開始してください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


バストアップ・サプリメント:プエラリアミリフィカ・タブレット 

 

 

 

プエラリアミリフィカ・タブレットは、タイのサプリメントメーカー、カオラオール社製のバストアップサプリメントです。他のプエラリアミリフィカ含有サプリメントよりも成分量が少ないため、初めて利用される方にお勧めの製品です。プエラリアミリフィカ・タブレットは、アマゾンでも購入が可能ですが、個人輸入代行を活用することで、リーズナブルに購入が可能です。

プエラリアミリフィカはタイやミャンマーに自生する植物で、塊根部には女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれており、美肌、バストアップ、更年期障害の症状緩和など、女性にはうれしい効果が期待できます。

タイでプエラリアミリフィカは古くから「若返りの薬」として知られ、研究者により近年、女性ホルモンに似た植物性エストロゲン・イソフラボンが豊富に含まれていることが証明されました。女性ホルモンには女性の第二次性徴を促す働きがあるため、バストアップを含め女性らしい身体つきとなり、肌にツヤやハリを与えます。

女性の更年期障害は、加齢ともに女性ホルモンが減少することが原因の自律神経失調症の一種です。プエラリアミリフィカタブレットを摂ることで、不足した女性ホルモンを補うことができるので、更年期障害の症状を緩和する効果が期待できます。

プエラリアミリフィカ・タブレットは、若々しい肌のツヤやハリをいつまでも保ちたい方、女性らしい身体つき(バストアップ)を維持したい方、更年期障害や生理不順など女性特有の症状にお悩みの方に推奨します。

 

 

 

 

 

 

 

製品名
プエラリアミリフィカ・タブレット


製造会社

カオラオール

 


成分・形状

プエラリアミリフィカ 180mg

 

♪プエラリアミリフィカ
タイやミャンマーに自生するマメ科の熱帯植物で、別名白ガウクルアとも呼ばれています。植物性エストロゲンを多く含み、女性ホルモンへと働きかけるとされています。


使用対象・効能効果

バストアップ含め女性らしい身体つきの維持、肌ケア、更年期障害の諸症状緩和など。

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨服用期間として3ヶ月以上の継続服用を推奨しております。


使用方法

  • 1日3回、1回2粒を目安に服用
  • 1日6粒を超えての服用はしないようにしてください

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品の使用を避けてください。
  • 経口避妊薬を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。

 

 

JUGEMテーマ:バストアップ


バイエル社製子宮内膜症治療薬ディナゲストジェネリック:ビザンヌ

 

 

バイエル社のビザンヌ(visanne)は、日本国内で承認されているディナゲスト錠と同じ薬効成分ジエノゲストを2mg含有している子宮内膜症治療薬です。

 

ビザンヌの薬効成分であるジエノゲストは、排卵を抑制する作用のある、プロゲステロンという黄体ホルモンの受容体に働きかけて、卵巣機能を抑制します。また、子宮内膜症で増殖した子宮内膜の過剰な増殖を抑えて腰痛、下腹部痛などの症状を軽減します。

ビザンヌは、月経を止めるのみでなく、下腹部痛や、腰痛、性交痛、排便痛などの月経時以外の痛みにも効果を発揮します。

 

 

 

 

おすすめポイント

  • バイエル社製子宮内膜症治療薬ディナゲストジェネリック

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 

製品名
ビザンヌ(visanne)


製造会社

バイエル(Bayer)

バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

ジエノゲスト 2mg


使用対象・効能効果

子宮内膜症

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 通常、成人には1日2mg(1錠)を2回に分け、月経周期2〜5日目より服用

 

副作用

  • 主な副作用として、不正出血(生理でない時に出血する)、頭痛、皮膚症状(ニキビ、痒み、かさかさする)、乳房痛、乳房不快感、乳房緊満、乳汁分泌、低エストロゲン症状、更年期様症状(のぼせる、どきどきする、急に汗が出る、眠れない、顔が赤くなる、気が沈む)、筋肉痛、関節痛、肩こりが報告されています。

 

注意事項

  • 月経周期2〜5日から服用を開始してください。
  • 寝つきが悪い、気分が沈む、いらいらするなどの症状がある場合は医師にその旨、ご相談ください。
  • 服用中に出血が長く続く、一度に多く出血したときは必ず医師にその旨、ご相談ください。
  • 妊娠中、妊娠の可能性のある方は、本剤を服用しないでください。
  • 服用中は通常の月経周期よりも子宮内膜が薄くて剥がれやすい状態になっているので、予期しないときに不正出血が起こりやすくなります。服用期間が長くなるに伴って、不正出血は多くの場合、減少していきますのでご安心ください。
  • 痛みの種類、痛みの強さの評価、使った痛み止めの名前や使った回数、月経時以外の症状や出血などを記録することを推奨いたします。

 

 

 

 


ピンク色の乳首へ:フィナーレ・ピンクニップル・クリーム

 

 

フィナーレ・ピンクニップル・クリームは、乳首の黒ずんだ色を鮮やかな桃色乳首(ピンクニップル)に変えていく女性用乳首クリームです。 茶褐色だった乳首表面の細胞は4週間かけて、新たに生まれ変わりフレッシュなピンク色に変わっていきます。

成分のタマリンド、アロエベラなど天然ハーブ由来の抽出物が古い角質を取り、細胞の黒ずみを抑え、乳首の色合いを明るいピンク色にととのえます。

配合のマルチビタミン、スクアレン、アラントインは、なめらかで柔らかい肌合いを作り(ナノ分子が皮膚に浸透することによります)、ザラついた肌をスムーズにする効果をもつことが知られています。また、アラントインは、傷を治す組織修復効果、細胞増殖効果があり、塗り薬や貼り薬に配合されることのある成分です。


長期間の使用も可能で、使い止めても乳首が以前のように黒ずむことはありません。

 


おすすめポイント

  • 乳首の黒ずみをピンクに変えるクリーム
  • 長期間の使用も可能で、使い止めても乳首が以前のように黒ずむことはない

 

ここに注意

  • 効果に個人差がある

 

 

 

 

製品名
フィナーレ・ピンクニップル・クリーム


製造会社

ナノメド(NanoMed Co.,Ltd)


ナノメドはタイのバンコクに本拠を置く、天然原料由来の高品質の薬草を原料に、精製された最高品質の成分とブレンドし安全安心のハーブ製品を提供するヘルスケア事業者です。主な製品領域としては、洗顔料、フェイシャルクリーム、ローションハンドクリーム、ローションメイクアップリムーバー、スキントリートメント製品、日焼け止めや日焼けオイルなどがあります。タイのドラッグストア、スーパーマーケット、デパート、病院を通じた健康&美容製品を販売しています。代表的な製品に性欲向上・勃起力向上クリーム「スマートミー・クリーム」があります。


成分・形状

タマリンド抽出液、インディアングースベリー抽出液、イポメア抽出液、ザクロ抽出液、シソエキス、アロエベラ、乳酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンF、スクワレン、アラントイン


使用対象・効能効果

主として女性

  • 乳首の色を、黒ずんだ色から、ピンク色に変える作用があります。
  • 継続して塗布することで、乳首周辺の黒ずんだ色合いをも抑え、より明るいピンク色にします。


使用方法

  • 気になる部分をきれいに洗った後、清潔で乾いた状態にして、フィナーレ・ピンクニップル・クリームを適量手に取って塗付して下さい。
  • 強くこすり付けるのではなく、やさしく塗るようにしてください。
  • 朝と夜の2回が望ましいとされています。

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 乳首に傷や湿疹等の異状がある時は、使用せず、医師にご相談ください。
  • 痒みやヒリヒリ感等の刺激感が現れた場合は、水やお湯で洗浄の上、専門医にご相談ください。

 

 

 

 


バストアップクリーム:ヤンヒー・ビューティーブレスト

 

 

 

ヤンヒー・ビューティーブレストは、美容整形や性転換手術などの美容医療で有名なタイのヤンヒー総合病院プロデュースのもと作られたプエラリアミリフィカ根エキスを主成分とした天然クリームです。

プエラリアミリフィカは、タイやミャンマーなどで自生するマメ科の植物で、根が大きな塊状になるのが特徴です。この塊根は現地では若返りの薬と呼ばれており、伝統医療として使用されてきました。プエラリアミリフィカには、イソフラボン類が大豆の約40倍も含まれています。イソフラボンは女性ホルモンの働きを補うことができ、外見の美をサポートする成分として注目されています。

ヤンヒー・ビューティーブレストは豊かで美しいスタイルを目指している方のために、女性らしい美をサポートし、豊かなボディラインづくりに適したクリームです。

 

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える
  • 肌にも優しい天然成分配合のクリーム

 

ここに注意

  • 効果に個人差がある
  • 即効性はない
     

 

 


製品名
ヤンヒー・ビューティーブレスト


製造会社
Medocine Co.,Ltd.


成分・形状

アクア、プエラリアミリフィカ根エキス、グリセリンモノステアレート、アルコール、プロピレングリコール、セチルアルコール、ポリソルベート、ローマカミツレ花油、乳酸


使用対象・効能効果

ボリュームアップで女性らしい魅力的なボディに導きます。
※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • クリーム適量を手のひらに取って伸ばし、片手で胸の内側下を押さえ、もう片方の手で胸の内側下から上に向けて半円を描くように撫でてマッサージします。
  • 片手で胸の外側下を押さえ、もう片方の手で胸の外側下から上に向かって内側に半円を描くように撫でてマッサージします。
  • やさしく体の内側に胸を寄せるように撫でてマッサージしてください。
  • 胸のマッサージは片側5〜10分する必要があり、1日2回、朝と寝る前に行なってください。クリームは洗い流す必要はありません。

副作用
特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 万一目に入った時は、すぐに洗い流してください。
  • 妊娠中の方や授乳中の方は使用しないでください。

 

 

 

JUGEMテーマ:バストアップ


女性ホルモンバランスサプリメント:センストラ

センストラは、女性ホルモンのバランスサポートを目的としたサプリメントです。

 

ストレスや出産、更年などホルモンの変化によって生じる、性欲減退に対して働きかけます。乱れてしまったホルモンバランスをサポートすることで、充実した夜の生活へと導くと同時に、健康とリラックスを促します。
 

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

 

ここに注意

  • 効果に個人差
  • 即効性はない

 

 

 

製品名

センストラ

(senstra for women)


製造会社

Newton Everett


成分・形状

2粒あたり:
Argidiumブレンド(L-アルギニン塩酸塩、ホザキノイカリソウエキス、ダミアナ葉、ムクナプルリエンス種子)

その他の成分:米粉、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、シリカ、二酸化チタン、red #3 (Cl 45430)、 red#40 (Cl 16035)、blue #1 (Cl 42090)


♪L-アルギニン
一酸化窒素(NO)の合成に関与して、めぐりを豊かにしたり、コラーゲンをサポートしたりします。

♪ホザキノイカリソウ
インヨウカクと呼ばれるハーブ成分です。元気な毎日を後押しします。

♪ダミアナ
滋養やリビドーの刺激に有用とされ、古くから用いられてきました。

♪ムクナプルリエンス
夜の雰囲気を盛り上げる、レボドパと呼ばれる成分を含んでいます。

使用対象・効能効果

女性・女性のホルモンレベルをサポートします。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続摂取を推奨しております。

使用方法

  • 1日1回、2粒を目安に服用

 

副作用

  • 特に報告はされておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

注意事項

  • 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品を摂取する前に必ず医師にご相談ください。
  • 本品や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。

 

 

 


バストアップ・サプリメント:プエラリアミリフィカ 

 

プエラリアミリフィカは、タイに自生する植物「プエラリアミリフィカ」をそのまま冠したバストアップ・サプリメントです。

 

 

 

プエラリアミリフィカは、2大女性ホルモンのひとつエストロゲンとよく似た作用をもたらすとされています。エストロゲンは、女性らしい体つきや美肌、毛髪の豊かさなど女性の美しさをサポートすることから、別名「美容ホルモン」とも呼ばれています。

 

プエラリアミリフィカは、ホルモンバランスにアプローチすることで、豊かな女性美へと導きます。

プエラリアミリフィカの主な特徴
■女性らしいふっくらとしたバストに
女性ホルモンに似た働きによって豊かで美しいスタイルへと導きます。

■更年期を迎えた女性の悩みに
更年期のホットフラッシュ、夜間の発汗などをケアするとされています。

■エイジングケアに
体をフレッシュにキープして、ハリを与えます。

プエラリアミリフィカは、女性特有の悩みをお抱えの方に推奨したいサプリメントです。タイに自生する植物プエラリアミリフィカが配合されています。

 

 

 

 

 

製品名
プエラリアミリフィカ

(puerariamirifica)


製造会社

BIOVEA

 


成分・形状

2粒あたり:
プエラリアミリフィカ 500mg

その他の成分:米粉、植物性カプセル

 

♪プエラリアミリフィカ
タイやミャンマーに自生するマメ科の熱帯植物で、別名白ガウクルアとも呼ばれています。植物性エストロゲンを多く含み、女性ホルモンへと働きかけるとされています。


使用対象・効能効果

主として女性・バストのサイズアップと健康的な肌へと導くサプリメントです。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続使用を推奨しております。


使用方法

  • 1日に2粒を目安に、朝と夜2回に分けて服用
  • 温めた牛乳とともに召しあがると成分が吸収しやすくなります。

 

副作用

  • 乳房痛、イライラや頭痛、吐き気、嘔吐、発疹、蕁麻疹、月経不順、不正出血などの症状が現れる場合があります。

 

注意事項

  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品の使用を避けてください。
  • 経口避妊薬を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 女性ホルモンに影響する医薬品や治療を行っている方は、自己判断での使用は避けてください。

 

 

JUGEMテーマ:バストアップ

 


バストアップ・サプリメント:ガウクルア・バイオカプセル

 

 

ガウクルア・バイオカプセルは、タイのヤンヒー病院が開発に携わった植物ガウクルアを主成分とするバストアップ・サプリメントです。

 

ガウクルア・バイオカプセルの主成分プエラリア・ミリフィカには、女性ホルモンに似た作用をもつ植物エストロゲンのイソフラボンが豊富に含まれています。

 

プエラリアは、タイとミャンマーの国境地帯の北部少数民族ではよく知られている豆科の植物。長寿をもたらすものとして重宝されてきました。

 

イソフラボンを豊富に含むプエラリアは、生理不順、生理痛、更年期障害などの婦人科のサポートをします。また美肌、美白、滋養強壮、ニキビや傷、ホルモンバランスの崩れが原因のトラブル緩和などに働きます。

プエラリアには女性ホルモンに似た作用をもつイソフラボンが含まれているため、女性らしい体型をつくる作用があり、豊胸効果にも期待がもてます。もともと男性で女性に性転換した方がホルモン療法を受けて、豊かな胸を維持していることは知られていますが、女性ホルモンの分泌不足で胸が未発達の女性は、プエラリアの豊胸効果に与ることができます。

ガウクルア・バイオカプセルを服用することで、女性ホルモンに似た作用をもつ植物由来のイソフラボンが女性ホルモンの分泌を刺激し、乳腺、乳房脂肪を発達させて、結果的に効率的なバストアップが期待できます。

 

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

 

ここに注意

  • 効果に個人差がある
  • 即効性はない
     

 

 


製品名
ガウクルア・バイオカプセル


製造会社
Ya in Thai


成分・形状

プエラリアミリフィカ 85.5mg、オオバンガジュツ 66.5mg、クローブ 28.5mg、スペインカンゾウ 9.5mg


使用対象・効能効果

主として女性

  • バストアップ
  • 美肌効果
  • 妊娠線の除去
  • ホルモンバランスが原因で起こる諸症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 就寝前に1カプセルを服用

副作用
特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 初潮前の人は服用しないでください。 
  • 甲状腺異常のある人、乳ガン、卵巣ガン、子宮ガンの人は服用しないでください。
    高温多湿を避け、子供の手の届かない所にて保管し、誤飲の際には、専門家にすぐにご連絡ください。

 

JUGEMテーマ:バストアップ


黄体ホルモン剤ノアルテンジェネリック:ノルコルト5mg

 

 

ノルコルト5mgは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの不足やホルモンバランスの乱れによる生理不順・無月経の治療や、不妊治療、月経周期の変更(短縮・延長)など、さまざまな症状の改善に効果が期待できる黄体ホルモン剤ノアルテンのジェネリックです。

 

黄体ホルモンのプロゲステロンは、女性の卵巣の黄体から分泌される女性ホルモンで、月経周期を決めるなど妊娠の準備と妊娠状態の維持に働きます。そのプロゲステロンと似た働きをする成分のノルエチステロンは、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれなどの改善をする働きがあります。 

 

ノルコルト5mgは、黄体ホルモンのプロゲステロンをノルエチステロンで代替し補充することによりホルモンバランスを安定させます。

 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名

ノルコルト5mg

(Norcolut)


製造会社

ゲデオン・リヒター(Gedeon Richter )

 

ゲデオン・リヒターはハンガリーの首都ブダベストに本拠を置く、多国籍医薬品メーカーです。1901年設立と歴史も古く、中東欧で最大の企業であり、従業員は1万人超、40か国以上で事業を展開しています。婦人科、中枢神経科および心臓病学分野の製品に強みを持ち、同社の設立はハンガリーの製薬業界の発展の始まりとなったといわれています。ブダベスト証券取引所上場のなかで、3番目の規模を誇り、時価総額は約40億ドルにのぼります。

 

成分・形状
ノルエチステロン 5mg(Norethisterone)


使用対象・効能効果

主として女性・黄体ホルモンの不足により生じる機能不全性出血、子宮内膜症、月経前症候群、月経過多などの治療

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 通常成人は1日5mg(1錠)から10mg(2錠)を1〜2回経口服用
  • 月経周期延長の場合は、1日5mg(1錠)を月経予定5日前から服用し始め、月経周期延長希望日まで連続服用
  • 月経周期短縮の場合は、1日5mg(1錠)を卵胞期に服用し、数日間連続服用
  • 上記はあくまで目安であり、用法用量は症状及び個人によって異なります。必ず服用時は医師の指示に従ってください。

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、肝機能異常、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、不正出血、破たん出血、点状出血、経血量の変化、下腹部痛、乳房緊満感、乳房痛、頭痛、眠気、ざ瘡、熱感、腰痛、倦怠感等が報告されています
  • 極稀に起こる重篤な副作用として、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、じんましん、血管浮腫、そう痒感など)が報告されています
  • 副作用は個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 肝疾患のある方は、使用しないでください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方は、使用しないでください。
  • 心疾患、腎疾患の方、及びその既往歴のある方は、医師に相談のうえ慎重に服用してください。
  • 他の薬と併用される場合は、医師・薬剤師に確認をしてからご利用ください。
  • 服用し忘れた場合は、気付いたときに服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばし、次回分から服用し、2回分を1度に服用しないでください。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


排卵誘発剤クロミッドジェネリック:シフェン100mg

 

シフェン100mgは、排卵障害による不妊症の治療に使用される排卵誘発剤クロミッド(クロミド)のジェネリックです。

 


不妊とは男女が避妊具を使用せず性交をしているにもかかわらず一定期間妊娠しないことで、原因は女性側・男性側、またはその両方にある場合があり、特に女性は排卵がないことや、子宮内膜症・骨盤腹膜炎などが原因で妊娠しにくくなることがあります。また、加齢が妊娠しにくい原因となる場合もあります。

シフェン100mgの成分であるクエン酸クロミフェンは、脳の視床下部に働きかけ、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を増加させ、脳下垂体前葉から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵胞刺激ホルモンが卵巣内で卵胞を成長させ、黄体刺激ホルモンが増えることにより排卵を促し妊娠が可能となります。効果が強く、排卵障害の場合によく使用される成分です。また、男性不妊症にも効果があり、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し男性ホルモン分泌を促し精子形成の改善が期待できます。

シフェン100mgは、排卵を誘発することで妊娠のしやすい状況をつくることができ、排卵障害による不妊症でお悩みの方や、妊活をしてもなかなか妊娠しない方に適した製品です。

 


おすすめポイント

  • 不妊改善効果のある排卵誘発剤
  • 女性だけでなく、男性にも効果がある(効果には個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 

 


製品名
シフェン100mg (Siphene)


製造会社

セラム(Serum Institute of India PVT.Ltd)

 

成分形状

クロミフェンクエン酸塩(Clomiphene Citrate)100mg


使用対象・効能効果

排卵障害に基づく不妊症の排卵誘発

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 無排卵症により排卵誘発を試みる場合には、まずジェスタージェン、エストロゲンテストを行ってから消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始してください。
  • 通常、第1クール1日50mg(0.5錠)5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg(1錠)5日間に増量してください。
  • 用量・期間は1日100mg(1錠)5日間を限度とします。
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

副作用

  • 主な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)、視覚症状、吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、イライラ感、倦怠感、ほてり、尿が増える、口が渇く、発疹などが報告されています。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍及びその疑い、卵巣腫瘍及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣の腫大がある、肝障害又は肝疾患、妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤を使用しないでください。
  • 原発性卵巣不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌が高い・副腎及び甲状腺機能の異常による無排卵・頭蓋内に病変(下垂体腫瘍等)がある・無排卵症以外の不妊症の方は、使用しないでください
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌の既往歴、乳癌家族素因が強い、乳房結節、乳腺症、乳房レントゲン像での異常、肝障害・肝疾患の既往歴、多嚢胞性卵巣、未治療の子宮内膜増殖症等の方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に医師に相談してください。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 投与前少なくとも1ヵ月間及び治療期間中は基礎体温を必ず記録し、排卵誘発の有無を観察してください。
  • 無月経患者においては投与前にGestagen testを行い、消退性出血開始日を第1日として5日目に、また投与前に自然出血(無排卵周期症)があった場合はその5日目に投与を開始してください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

 

JUGEMテーマ:不妊治療


卵胞ホルモン+黄体ホルモン剤ブラノバールジェネリック:オブラルG

 

ファイザー社製のオブラルGは、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤で、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンであるノルゲストレルを含有している女性ホルモン製剤です。日本ではブラノバール(あすか製薬)が同一成分・成分量で承認されています。

 

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理を区切りとして2つのホルモンが増えたり減ったりを繰り返して、生理のリズムがつくられています。卵胞ホルモンは、主に卵巣から分泌され、正常な月経周期や排卵を維持したり、女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促すほか、骨代謝にも深く関係しています。

 

 

オブラルGは、女性ホルモンの低下やホルモンバランスがくずれておこる生理不順、無月経などの時、生理のリズムを取り戻したり、月経以外の出血を抑えたりします。また、月経困難症、月経周期異常、過多月経、子宮内膜症、機能性子宮出血に特に効果を発揮します。

 

 

 


おすすめポイント

  • ファイザー社製の卵胞ホルモン及び黄体ホルモン配合剤

ここに注意

  • 副作用・使用方法に注意
  • 効果に個人差

 

 

 


製品名
オブラルG


製造会社

ファイザー

成分・形状
ノルゲストレル 0.5mg、エチニルエストラジオール 0.05mg

 


使用対象・効能効果

機能性子宮出血
月経困難症、月経周期異常(稀発月経、頻発月経)、過多月経、子宮内膜症、卵巣機能不全

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

 

■機能性子宮出血

1日1錠を7〜10日間連続服用

■月経困難症、月経周期異常(稀発月経、頻発月経)、過多月経、子宮内膜症、卵巣機能不全

1日1錠を月経周期第5日より約3週間連続服用

 

副作用

  • 主な副作用として、肝機能の異常、不正出血(破綻出血、点状出血)、乳房緊満感、浮腫、体重増加、悪心・嘔吐、食欲不振、胃痛、頭痛、眠気、けん怠感、ざ瘡、熱感、腰痛、肩こり、冷感などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

使用禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、またはその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)またはその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、それが12時間以内の場合、思い出したときすぐに服用してください。ただし、12時間を超えた場合は、忘れた分の服用はしないでください(2回分を一度に服用しないこと)
  • 本剤の服用中に脚の痛み・むくみ、胸の痛み、息切れ、突然の呼吸困難、めまいなどの症状が現れた場合、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

 

 


黄体ホルモン剤ノアルテンジェネリック:プリモルトN 5mg

バイエル社のプリモルトNは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの不足やホルモンバランスの乱れによる生理不順・無月経の治療や、不妊治療、月経周期の変更(短縮・延長)など、さまざまな症状の改善に効果が期待できる黄体ホルモン剤ノアルテンのジェネリックです。

 

黄体ホルモンのプロゲステロンは、女性の卵巣の黄体から分泌される女性ホルモンで、月経周期を決めるなど妊娠の準備と妊娠状態の維持に働きます。そのプロゲステロンと似た働きをする成分のノルエチステロンは、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれなどの改善をする働きがあります。 

プリモルトNは、黄体ホルモンのプロゲステロンをノルエチステロンで代替し補充することによりホルモンバランスを安定させます。

 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効
  • バイエル社製の黄体ホルモン補充剤ノアルテンジェネリック

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名
プリモルトN 5mg

(primolut-N)


製造会社

バイエル・ワイマール(Bayer Weimar GmbH und Co KG)

バイエル・ワイマールは1950年設立の公衆衛生改善のための国営企業Jenaphamaを母体とし、1995年よりバイエルグループの一員となっています。ドイツのワイマールに拠点を置き、500名の従業員を擁し、バイエル社の国内外市場向けのホルモン含有固形剤形を製造しています。

 

成分・形状
ノルエチステロン 5mg(Norethisterone)


使用対象・効能効果

主として女性・黄体ホルモンの不足により生じる機能不全性出血、子宮内膜症、月経前症候群、月経過多などの治療

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 通常成人は1日5mg(1錠)から10mg(2錠)を1〜2回経口服用
  • 月経周期延長の場合は、1日5mg(1錠)を月経予定5日前から服用し始め、月経周期延長希望日まで連続服用
  • 月経周期短縮の場合は、1日5mg(1錠)を卵胞期に服用し、数日間連続服用
  • 上記はあくまで目安であり、用法用量は症状及び個人によって異なります。必ず服用時は医師の指示に従ってください。

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、肝機能異常、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、不正出血、破たん出血、点状出血、経血量の変化、下腹部痛、乳房緊満感、乳房痛、頭痛、眠気、ざ瘡、熱感、腰痛、倦怠感等が報告されています
  • 極稀に起こる重篤な副作用として、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、じんましん、血管浮腫、そう痒感など)が報告されています
  • 副作用は個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 肝疾患のある方は、使用しないでください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方は、使用しないでください。
  • 心疾患、腎疾患の方、及びその既往歴のある方は、医師に相談のうえ慎重に服用してください。
  • 他の薬と併用される場合は、医師・薬剤師に確認をしてからご利用ください。
  • 服用し忘れた場合は、気付いたときに服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばし、次回分から服用し、2回分を1度に服用しないでください。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


卵胞ホルモン+黄体ホルモン剤:シクロプロギノバ

 

バイエル社製のシクロプロギノバは、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤で、卵胞ホルモンであるエストラジオールエステルと、黄体ホルモンであるノルゲストレルを含有している女性ホルモン製剤です。
 

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理を区切りとして2つのホルモンが増えたり減ったりを繰り返して、生理のリズムがつくられています。卵胞ホルモンは、主に卵巣から分泌され、正常な月経周期や排卵を維持したり、女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促すほか、骨代謝にも深く関係しています。

 

女性ホルモンの低下やホルモンバランスがくずれておこる更年期症状(顔のほてり、のぼせ、異常な汗)を改善する薬です。また、骨粗鬆症の予防にも使用されます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤であるシクロプロギノバは、閉経により不足している女性ホルモンを補うことで、更年期症状改善や骨粗鬆症の予防をします。

 

 


おすすめポイント

  • バイエル社製の卵胞ホルモン及び黄体ホルモン配合剤

ここに注意

  • 副作用・使用方法に注意

 

 

 


製品名
シクロプロギノバ(Cyclo-Progynova)


製造会社

バイエルトルコ(Bayer Turk Kimya San. Ltd.)
バイエル・トルコは1954年設立のトルコイスタンブールを本拠とするバイエルのトルコ現地法人です。バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。

成分・形状
11錠(白): エストラジオール吉草酸エステル 2mg(Estradiol Valerate )
10錠(ブラウン):ノルゲストレル 0.5mg(Norgestrel) 


使用対象・効能効果

閉経周辺期または閉経後女性におけるエストロゲン欠乏症のホルモン補充療法(HRT)
将来の骨折リスクが高い閉経後女性における骨粗鬆症の予防(ただし、承認医薬品が禁忌または効果の確認できない場合)

※上記は、英国での適応です。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 通常、1日1回1錠を21日間服用
  • その後、7日間を休薬期間とする
  • 服用を開始する際は、月経5日目から飲み始める。ただし、月経がない場合は妊娠していないことを確認して、いつでも飲み始めることができる。
  • 上記は、英国での用法・用量です。

 

副作用

  • 体重増加または体重減少、頭痛、腹痛、吐き気、発疹、掻痒感、不正出血などの症状が現れる場合があります。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

使用禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、またはその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)またはその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、それが12時間以内の場合、思い出したときすぐに服用してください。ただし、12時間を超えた場合は、忘れた分の服用はしないでください(2回分を一度に服用しないこと)
  • 本剤の服用中に脚の痛み・むくみ、胸の痛み、息切れ、突然の呼吸困難、めまいなどの症状が現れた場合、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

 

 

 


黄体ホルモン剤プロベラジェネリック:プロゲスタン200mg

 

 

プロゲスタン200mgは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の不足やホルモンバランスの乱れによる生理周期や更年期症状など、さまざまな症状の改善に効果が期待できる黄体ホルモン補充薬プロベラのジェネリックです。

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、通常排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌され、排卵後に子宮内膜を肥厚化し栄養を蓄え、受精卵が内膜へ着床しやすい状況を整える作用があります。妊娠した場合は、エストロゲン(卵巣の卵胞から分泌されるホルモン)の排卵作用抑制、妊娠状態を維持する働きがあります。

女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)には、「妊娠を助ける」「体内の水分保持」「食欲増進」「基礎体温を上げる」などの働きがありますが、黄体ホルモンの分泌量は加齢とともに減少し、その変化に身体がついていけずにさまざまな不調が現れるのが更年期障害です。また、黄体ホルモンが不足することで、月経異常などが起こりやすいだけでなく、子宮内膜を厚くすることができないため受精卵が着床しにくくなります。

プロゲスタン200mgの成分であるメドロキシプロゲステロンは、プロゲステロンと似た働きをするため、黄体ホルモンの不足等に起因する症状を改善します。月経異常や機能性子宮出血不妊症、流早産等の治療で主に使用されており、閉経による更年期障害の症状改善や、閉経前後の骨粗しょう症の患者の治療薬としても使用されています。

 

プロゲスタン200mgは、内服薬ですが膣剤としても使用可能です。

 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効
  • 膣剤利用も可能

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名
プロゲスタン200mg(Progestan)


製造会社

コカックファーマ(Kocak FARMA) 

コカックファーマは1971年設立のトルコを代表するグローバル製薬会社です。イスタンブール商工会議所所属の工業施設の上位に位置し、医学、特に婦人科、泌尿器科、肺疾患(結核)、心臓病、腫瘍学の多くの分野のための薬剤の製造を行い、公衆衛生の保護のための製品に焦点を当てています。EU市場を主なターゲットとし、生産設備は欧州連合(EU)GMP承認を受けています。
 

 

成分・形状

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)200mg

メドロキシプロゲステロンは黄体ホルモン薬で、服用すると体内で黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをします。メドロキシプロゲステロンは女性ホルモンの不足などによって起こる月経周期異常や、不妊症などに効果を示します。通常、無月経、月経周期異常、月経量異常、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産の治療に用いられるほか、長期服用が必要な更年期障害に対する女性ホルモン補充療にも多用されています。


使用対象・効能効果

主として女性・黄体ホルモンの減少、ホルモンバランスの崩れに伴うの諸症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • 内服の場合は、1日あたり月経周期の15日目から26日目において、就寝時・200mg(1カプセル)を服用
  • 膣錠の場合は、1回100mg(0.5カプセル)を1日2回又は3回、採卵日から最長10週間(又は妊娠12週まで)腟内に投与


※上記は、一部英国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で一部適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、肝機能の異常、黄だん、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満、下痢、めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ、乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮膣部びらん、帯下の変化、耐機能異常、倦怠感、発熱、悪寒、脱毛、多毛、そう痒感、じんましんなどが報告されています
  • 副作用は個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎などの血栓症疾患またはその既往歴のある人、重篤な肝障害・肝疾患のある人、診断未確定の性器出血、尿路出血のある人、稽留流産の人、本製品の成分に対し過敏症の既往歴のある人は使用しないでください。
  • 心疾患・じん疾患のある人またはその既往歴のある人、うつ病またはその既往歴のある人、てんかんまたはその既往歴のある人、糖尿病の人、ポルフィリン症の人は、担当医にご相談してください。
  • 流早産以外の人が服用する場合は、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断などにより、妊娠していいないことを充分に確認してください。
  • 経口製剤での臨床試験成績はありませんが、海外において、メドロキシプロゲステロンを有効成分とする筋注製剤の長期使用で骨密度の減少が認められたとの報告があります。
  • 妊娠初期・中期に服用した場合、女子胎児の外性器の男性化または男子胎児の女性化が起こることがあるので、大量または長期服用を避けてください。
  • 黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではありませんが、心臓・四肢などの先天異常時を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に応対または黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されています。
  • 授乳婦が服用する場合には授乳を中止してください。
  • 小児などに対する安全性は確立していません。
  • ホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン)と併用する場合は、医師にご相談ください。
  • 気付いたときにすぐに服用してください。次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対にやめてください。
  • 黄体ホルモンの活性によって症状が悪化する場合があります。
  • 乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の方はご使用いただくことは出来ません。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


卵胞ホルモン剤プロセキソールジェネリック:エストロフェム

 

エストロフェムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)を補給する女性ホルモン剤プロセキソールのジェネリックです。

 

女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)には、大きく2つの効果、妊娠準備体質効果と更年期障害の症状緩和効果があります。

エストロフェムの有効成分であるエチニルエストラジオールは、ホルモン補充療法や月経不順、エストロゲン欠乏による更年期障害の治療に用いられるほか、脳内の視床下部に作用することで、排卵を抑える効果や前立腺および精嚢重量を減少させ、血中テストステロン値を低下させる作用から前立腺癌の治療に用いられています。



女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

また、エストロフェムは、エストラジオールを吸収しやすいように加工されているため、低用量でも効果を得ることができます。

 


おすすめポイント

  • 妊娠準備効果及び更年期障害の症状緩和等に有効

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

製品名
エストロフェム(ESTROFEM)


製造会社

ノボノルディスク(Novo Nordisk A/S)

ノボノルディスクは、1923年設立と古い歴史を持つ、デンマーク・バウスベアに本拠を置くグローバル製薬企業です。糖尿病領域、成長ホルモン領域、血友病領域における主要サプライヤーの一社です。コペンハーゲン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業


成分・形状
エストラジオール(Estradiol) 2mg


使用対象・効能効果

女性・ホルモン補充療法や月経不順、エストロゲン欠乏による更年期障害の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 通常1日1錠を服用

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、黄疸、肝機能異常、血圧上昇、精神障害の再発、大量継続投与により高カルシウム血症、ナトリウムや体液の貯留、不正出血、経血量変化、下腹部痛、乳房緊満感、乳房痛、悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、胃痛、腹痛、頭痛、めまい、けん怠感、陰萎、血栓症、心不全、狭心症などが報告されています。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
  • 詳しくはこちらの外部サイトをご参照ください。


注意事項

  • 下肢の急激な疼痛、浮腫、激しい頭痛、胸痛、急性視力障害、突然の息切れ、四肢の脱力、麻痺、構語障害などの症状が現れた場合は、速やかに医師の診察をお受けください。
  • 本剤の服用中は、定期的に乳房検診ならびに婦人科検診をお受けください。


以下の方は本剤を使用しないでください

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方(治療の目的で投与する場合を除く)
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症又はその既往歴のある方
  • オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤を投与中の方
  • 詳しくはこちらの外部サイトをご参照ください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 


『塗る』卵胞ホルモン剤:オエストロジェル

 

 

オエストロジェルは、17β-エストラジオールを主成分とする、更年期障害のホルモン補充療法として用いられるクリームタイプの卵胞ホルモン補充剤です。

女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)にはエストロン、エストリオール、エストラジオールなどの種類があり、中でもエストラジオールは強いホルモン作用を示しホルモンバランスの崩れをケアすることができます。オエストロジェルを使用することにより、有効成分である17β-エストラジオールが卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下を改善し、更年期障害の諸症状を緩和します。

エストロゲンは女性にとって不可欠なホルモンですが、40代半ばを境に、分泌は急激に減少します。オエストロジェルは、女性ホルモン低下に伴う、のぼせ、発汗、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、泌尿生殖器の萎縮に伴う乾燥にも有効とされます。

 


おすすめポイント

  • 更年期障害の症状緩和等に有効

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

製品名
オエストロジェル(oestrogel)


製造会社

ベジンズ・ヘルスケア(Laboratoires Besins International)

ベジンズ・ヘルスケアは、1885年にフランスパリで創業された古い歴史を持つ製薬会社です、男性女性の幸福のための革新的な薬物の開発および世界的な普及に特化し、本拠はベルギーのブリュッセルを経て、アジア地域に移し、タイのバンコクに移しています。ベジンズ・ヘルスケアは、ホルモン療法領域に強みを持ち、婦人科、妊娠および産科の状態ならびにアンドロゲン欠乏症の治療のための革新的な薬剤の製造において、高い評価を得ています。 同社の製品は90カ国以上に販売されています。

 

 

成分

17β-Estradiol (17ベータ-エストラジオール) 60mg


使用対象・効能効果

主として女性・更年期障害の諸症状の緩和

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 1日1回、適量を朝または夕方の毎日同じ時間に使用し、外腕・肩またはももの内側等に幅広く塗り(胸部・性器の周りには塗布しないでください)、その後塗布部分を乾燥させてください。
  • 塗り忘れた場合は気づいたときにすぐ塗布してください。ただし、次の塗布時間が近いからといって2回分を一度に塗ることは絶対にしないでください。
  • 子宮のある50〜65歳の女性の中でホルモン補充療法をされていない場合は1/200、エストロゲン単独ののホルモン補充療法をしている場合は2〜12/200の確率で子宮内膜がんと診断されているとの報告があります。
  • エストロゲンのみホルモン補充療法では、子宮内膜増殖症や子宮内膜がんのリスクを高めます。そのため、28日周期のうち、少なくとも12日間はエストロゲン加えプロゲステロンを使用することでそのリスクを軽減することができます。子宮摘出等をしている場合は、医師に相談し本剤のみの使用で問題ないか確認してください。
  • 用量用法については、医師の指示に従って使用してください。

 

副作用

  • 主な副作用として頭痛、感染症、腹痛、背痛、膣炎、不正出血、胃痙攣、腹部膨満、吐き気、嘔吐、脱毛などが報告されています。
  • 極稀に起こる重篤な副作用として乳がん、子宮がん、発作、心臓まひ、血栓、認知症、胆のう疾患、卵巣がん、高血圧、子宮筋腫 などが報告されています。

 


注意事項

  • 血栓性静脈炎・肺塞栓症・乳がん・心筋梗塞の方またはその既往歴のある方、心筋梗塞および冠動脈に動脈硬化の既往歴のある方、重度肝疾患・狭心症・脳卒中・子宮がん・妊娠中・医師が未診断の異常性器出血・エストロゲン依存の腫瘍などに該当する方は使用しないでください。
  • 子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症の方またはその既往歴のある方、肥満、血栓症リスク、狭心症、乳房結節、乳腺症、心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、てんかん、全身性エリテマトーデス、手術前4週以内、寝たきり、長期に体を動かせない状態にある方、高齢者などは、慎重投与となるため医師に相談してください。
  • 本剤や、含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
  • ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

 

 


【Irwin Naturalsシリーズ】ホルモンバランス調整サプリメント:メンストラルリリーフ・ホルモンバランス

 

 

 

アーウィンナチュラルズ社の「メンストラルリリーフ・ホルモンバランス」は、女性が日頃抱える悩みにアプローチするサプリメントです。

 

理想的な栄養状態へと近づけ、変化し続ける女性のホルモンバランスと、それに伴う不調に働きかけます。また、女性の健康と活き活きを支える働きも期待できます。


女性の体調は、月周期で変化し続けるホルモンバランスに左右されがちです。メンストラルリリーフ・ホルモンバランスには、ホルモンバランスの調整をサポートするとされるビタミンB6のほか、シャタバリやチェストツリー、レッドラズベリーといった、ホルモンバランスのケアに有用といわれるハーブを配合しています。

 

また、マグネシウムやマカ、タンポポは、リラックスした状態へと導き、血流ケアが期待できる亜麻仁油、体力向上に有用とされるカボチャ種子油、スタミナをサポートするマカを配合しています。

メンストラルリリーフ・ホルモンバランスは、ナチュラルな成分の働きにより、女性特有の悩みをケアします。栄養やホルモンのバランスを整える働きにより、毎月の体の変化に負けない健やかな毎日を応援します。

 

 

製造会社のアーウィンナチュラルズ社は、高品質のハーブサプリメント製品を提供しており、一般チェーンマーケットのみならず、世界中の人々に効果の高いサプリメントを提供しています。商品が広告に頼ることなく、商品自体の価値を前面に出すことができるよう、成分配合、パッケージ、価格に至るまで細かく研究し尽くしていると評判の会社です。

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える
  • ホルモンバランスにアプローチ

 

ここに注意

  • 効果に個人差がある

 

 

製品名
Irwin Naturals メンストラルリリーフ・ホルモンバランス


製造会社
アーウィンナチュラルズ(Irwin Naturals)


アーウィンナチュラルズは1994年設立の米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く、ハーブサプリメント製品を中心とした栄養補助食品の販売会社です。同社は、米国および世界各国の75以上の製品を販売しています。「Nature's Secret」「Irwin Naturals」「Irwin Kids」「Irwin Organics」「Harmony Formula」などのブランド製品を手掛けており、同社の製品はホールフーズなどの一般スーパーから健康食品店やスパなど広範にわたります。


成分・形状

3粒あたり:
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩) 50mg、マグネシウム(クエン酸マグネシウム) 25mg、亜麻仁油 1200mg、カボチャ種子油 600mg、マカエキス(4:1)(根) 300mg、シャタバリエキス(4:1)(根) 300mg、タンポポエキス(4:1)(根) 200mg、レッドラズベリーエキス(4:1)(葉) 200mg、チェストツリーエキス(20:1)(アグヌシド 0.5%)(果実) 175mg、DIM(ジインドリルメタン) 108mg、バラエキス(10:1)(花弁) 30mg、バイオペリンコンプレックス 6mg[バイオペリン®黒胡椒エキス(ピペリン 95%)(果実)、ジンジャーエキス(ギンゲロール 5%)(根)]

その他の成分:ゼラチン、精製水、ミツロウ、大豆レシチン、グリセリン、二酸化ケイ素、Tomat-O-Red 2%、二酸化チタン


使用対象・効能効果

女性・ホルモンバランスにアプローチし、女性特有の不調をケアします。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 1日3粒を目安に、食事とコップ1杯の水(約240ml)とともに服用
  • 毎日の摂取を続けることを推奨しますが、月経前の2週間のみの服用も可能です。

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • ホルモン剤や避妊用ピルを含む薬剤を服用中の方や、治療中の方は、本品を使用する前に必ず医師にご相談ください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品の摂取をお控えください。
  • 1日の摂取目安量を必ず守り、過剰な摂取はお控えください。

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


卵胞ホルモン剤:プロギノバ 2mg

 

 

プロギノバ2mgは、エストラジオール2mg含有の卵胞ホルモン剤です。

 

女性ホルモンの低下やホルモンバランスがくずれておきる更年期症状(顔のほてり、のぼせ、異常な汗)のほか、骨粗鬆症の予防にも使用されます。

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理を区切りとして2つのホルモンが増えたり減ったりを繰り返して、生理のリズムがつくられています。卵胞ホルモンは、主に卵巣から分泌され、正常な月経周期や排卵を維持したり、女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促すほか、骨代謝にも深く関係しています。

プロギノバに含有されている有効成分のエストラジオールは、卵胞ホルモンであり、閉経により不足している卵胞ホルモンを補うことで、更年期症状改善や骨粗鬆症の予防をします。


 

おすすめポイント

  • 同じ卵胞ホルモンのプレマリンよりも活性が強い
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 


製品名
プロギノバ 2mg(Progynova)


製造会社

バイエル・シエーリングファーマ(Bayer Schering Pharma)


バイエル・シエーリングファーマは、ドイツベルリンを本拠とするシエーリングファーマが2006年にバイエルと合併誕生した製薬会社で、X線、磁気共鳴イメージング、超音波、ラジオ製薬診断装置、経口避妊薬、ホルモン治療薬を製造しています。 バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

エストラジオール 2mg(Estradiol)


使用対象・効能効果

  • 閉経周辺期または閉経後女性におけるエストロゲン欠乏症のホルモン補充療法(HRT)
  • 将来の骨折リスクが高い閉経後女性における骨粗鬆症の予防(ただし、承認医薬品が禁忌または効果の確認できない場合)

※上記は、英国での適応です。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 更年期障害の治療は、通常、1日1mg(0.5錠)で開始し、必要に応じて1日2mg(1錠)を服用
  • 骨粗鬆症の予防は1日2mg(1錠)を服用
  • 服用を開始する際は、月経初日から飲み始めてください。ただし、月経がない場合は妊娠していないことを確認できれば、いつでも飲み始めることができます
  • 上記は、英国での用法・用量です

 

副作用

  • 比較的副作用の少ないとされているお薬ですが、主な副作用として、性器分泌物、乳房不快感静脈血栓塞栓症、血栓性静脈炎などが報告されております。
  • 副作用が強く出ている場合や、長続きする場合は使用を中止してすぐに医師の診断を受けてください。

 

使用禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、またはその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)またはその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方

 

注意事項

  • 飲み忘れに気付いた際は、それが12時間以内の場合、思い出したときすぐに服用してください。ただし、12時間を超えた場合は、忘れた分の服用はしないでください(2回分を一度に服用しないこと)
  • 本剤の服用中に脚の痛み・むくみ、胸の痛み、息切れ、突然の呼吸困難、めまいなどの症状が現れた場合、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 本剤の服用中にタバコを吸うと薬の作用が弱くなるので控えてください。
  • 本剤の服用中にグレープフルーツジュースは飲まないでください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


黄体ホルモン剤プロベラジェネリック:プロゲスタン100mg

 

 

プロゲスタン100mgは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の不足やホルモンバランスの乱れによる生理周期や更年期症状など、さまざまな症状の改善に効果が期待できる黄体ホルモン補充薬プロベラのジェネリックです。

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、通常排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌され、排卵後に子宮内膜を肥厚化し栄養を蓄え、受精卵が内膜へ着床しやすい状況を整える作用があります。妊娠した場合は、エストロゲン(卵巣の卵胞から分泌されるホルモン)の排卵作用抑制、妊娠状態を維持する働きがあります。

女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)には、「妊娠を助ける」「体内の水分保持」「食欲増進」「基礎体温を上げる」などの働きがありますが、黄体ホルモンの分泌量は加齢とともに減少し、その変化に身体がついていけずにさまざまな不調が現れるのが更年期障害です。また、黄体ホルモンが不足することで、月経異常などが起こりやすいだけでなく、子宮内膜を厚くすることができないため受精卵が着床しにくくなります。

プロゲスタン100mgの成分であるメドロキシプロゲステロンは、プロゲステロンと似た働きをするため、黄体ホルモンの不足等に起因する症状を改善します。月経異常や機能性子宮出血不妊症、流早産等の治療で主に使用されており、閉経による更年期障害の症状改善や、閉経前後の骨粗しょう症の患者の治療薬としても使用されています。

 

プロゲスタン100mgは、内服薬ですが膣剤としても使用可能です。

 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効
  • 膣剤利用も可能

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名
プロゲスタン100mg(Progestan)


製造会社

コカックファーマ(Kocak FARMA) 

コカックファーマは1971年設立のトルコを代表するグローバル製薬会社です。イスタンブール商工会議所所属の工業施設の上位に位置し、医学、特に婦人科、泌尿器科、肺疾患(結核)、心臓病、腫瘍学の多くの分野のための薬剤の製造を行い、公衆衛生の保護のための製品に焦点を当てています。EU市場を主なターゲットとし、生産設備は欧州連合(EU)GMP承認を受けています。
 

 

成分・形状

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)100mg

メドロキシプロゲステロンは黄体ホルモン薬で、服用すると体内で黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをします。メドロキシプロゲステロンは女性ホルモンの不足などによって起こる月経周期異常や、不妊症などに効果を示します。通常、無月経、月経周期異常、月経量異常、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産の治療に用いられるほか、長期服用が必要な更年期障害に対する女性ホルモン補充療にも多用されています。


使用対象・効能効果

主として女性・黄体ホルモンの減少、ホルモンバランスの崩れに伴うの諸症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • 内服の場合は、1日あたり月経周期の15日目から26日目において、就寝時・200mg(2カプセル)を服用
  • 膣錠の場合は、1回100mg(1カプセル)を1日2回又は3回、採卵日から最長10週間(又は妊娠12週まで)腟内に投与


※上記は、一部英国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で一部適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

 

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、肝機能の異常、黄だん、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満、下痢、めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ、乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮膣部びらん、帯下の変化、耐機能異常、倦怠感、発熱、悪寒、脱毛、多毛、そう痒感、じんましんなどが報告されています
  • 副作用は個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎などの血栓症疾患またはその既往歴のある人、重篤な肝障害・肝疾患のある人、診断未確定の性器出血、尿路出血のある人、稽留流産の人、本製品の成分に対し過敏症の既往歴のある人は使用しないでください。
  • 心疾患・じん疾患のある人またはその既往歴のある人、うつ病またはその既往歴のある人、てんかんまたはその既往歴のある人、糖尿病の人、ポルフィリン症の人は、担当医にご相談してください。
  • 流早産以外の人が服用する場合は、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断などにより、妊娠していいないことを充分に確認してください。
  • 経口製剤での臨床試験成績はありませんが、海外において、メドロキシプロゲステロンを有効成分とする筋注製剤の長期使用で骨密度の減少が認められたとの報告があります。
  • 妊娠初期・中期に服用した場合、女子胎児の外性器の男性化または男子胎児の女性化が起こることがあるので、大量または長期服用を避けてください。
  • 黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではありませんが、心臓・四肢などの先天異常時を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に応対または黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されています。
  • 授乳婦が服用する場合には授乳を中止してください。
  • 小児などに対する安全性は確立していません。
  • ホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン)と併用する場合は、医師にご相談ください。
  • 気付いたときにすぐに服用してください。次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対にやめてください。
  • 黄体ホルモンの活性によって症状が悪化する場合があります。
  • 乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の方はご使用いただくことは出来ません。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


パッチ型卵胞ホルモン剤:クリマラ100

 

 

クリマラ100(Climara Forte)は閉経前後の更年期障害や低エストロゲン症を治療するパッチ型卵胞ホルモン剤です。成分少量のクリマラ50はこちら

 

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)であるクリマラ100の有効成分エストラジオールが、減少していく女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを回復させ、低エストロゲン症や更年期障害の症状を軽減させる効果が期待できます。

女性の更年期障害は50歳前後の閉経によって女性ホルモンは急速に減少します。

 

更年期障害により、身体を保つホルモンのバランスが崩れることにより、心身の各所に不調をきたします。主に疲労感、不眠、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなど、個人差が大きいため、人によってさまざまな症状がでると言われています。


クリマラ100はバッチタイプなので、直接皮膚に一回貼るだけで、七日間効果が持続します。また、バッチタイプは作用がおだやかなので、肝臓への負担も少なく副作用も少ないとされています。


 

おすすめポイント

  • パッチタイプなのでお手軽、作用が緩やか
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意


製品名
クリマラ100(Climara Forte)


製造会社

バイエル・シエーリングファーマ(Bayer Schering Pharma)


バイエル・シエーリングファーマは、ドイツベルリンを本拠とするシエーリングファーマが2006年にバイエルと合併誕生した製薬会社で、X線、磁気共鳴イメージング、超音波、ラジオ製薬診断装置、経口避妊薬、ホルモン治療薬を製造しています。 バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

エストラジオール 7.6mg (Estradiol)


使用対象・効能効果

  • 低エストロゲン症の治療
  • 更年期障害(疲労感、不眠、発汗、ほてり、顔面紅潮、突然の発熱など)の改善
  • 閉経後骨粗鬆症の予防
  • トランスセクシャル治療
     


使用方法

  • 下腹部や背中に一枚貼り付けて、一週間ご使用ください。
  • 貼りかえるときは、お肌への影響をやわらげるためほかの場所に貼ってください。
  • 肌荒れやかぶれなど生じたときは、貼る場所を変えて様子を見てください。

 

副作用

  • 比較的副作用の少ないとされているお薬ですが、主な副作用として、頭痛、不眠、めまい、動悸、血圧上昇、吐き気、むくみなどが報告されております。
  • 使用直後は強く副作用が出がちですが、時間とともに落ちついてきます。
  • 副作用が強く出ている場合や、長続きする場合は使用を中止してすぐに医師の診断を受けてください。

 

使用禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、またはその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)またはその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方

 

注意事項

  • 黄体ホルモン剤と同時に使用することはがんのリスクを高めるとされていますので避けてください。
  • 他の処方薬を使用している場合、服用前に専門家にお尋ねください。
  • 子供の手の届かない所にて保管し、誤飲の際には、専門家にすぐにご連絡ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み

 

 


パッチ型卵胞ホルモン剤:クリマラ50

 

クリマラ50(Crimara)は閉経前後の更年期障害や低エストロゲン症を治療するパッチ型卵胞ホルモン剤です。

 

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)であるクリマラ50の有効成分エストラジオールが、減少していく女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを回復させ、低エストロゲン症や更年期障害の症状を軽減させる効果が期待できます。

女性の更年期障害は50歳前後の閉経によって女性ホルモンは急速に減少します。

 

更年期障害により、身体を保つホルモンのバランスが崩れることにより、心身の各所に不調をきたします。主に疲労感、不眠、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなど、個人差が大きいため、人によってさまざまな症状がでると言われています。


クリマラ50はバッチタイプなので、直接皮膚に一回貼るだけで、七日間効果が持続します。また、バッチタイプは作用がおだやかなので、肝臓への負担も少なく副作用も少ないとされています。


 

おすすめポイント

  • パッチタイプなのでお手軽、作用が緩やか
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 副作用、使用方法に注意

 

 

 


製品名
クリマラ50(Climara)


製造会社

バイエル・シエーリングファーマ(Bayer Schering Pharma)


バイエル・シエーリングファーマは、ドイツベルリンを本拠とするシエーリングファーマが2006年にバイエルと合併誕生した製薬会社で、X線、磁気共鳴イメージング、超音波、ラジオ製薬診断装置、経口避妊薬、ホルモン治療薬を製造しています。 バイエルグループは、ドイツのレバークーゼンに本部を置く1863年創業の化学工業及び製薬会社です。第一次世界大戦後の1925年にフランクフルトを本拠地としてドイツの化学産業の複合企業IG・ファルベン(ドイツの主要化学産業メーカーが一同に合併)の一員となり、第二次世界大戦後ナチス・ドイツの戦争犯罪に関わるIG・ファルベンの解体を経てバイエルは単体でビジネスを再開しました。ブンデスリーガのバイエル・レバークーゼンは、元々バイエルの従業員が設立したチームで、スポーツクラブを経て分離独立したチームになった現在でもメインンスポンサーを務めるなど、ドイツ有数の巨大企業です。


成分・形状

エストラジオール 3.8mg (Estradiol)


使用対象・効能効果

  • 低エストロゲン症の治療
  • 更年期障害(疲労感、不眠、発汗、ほてり、顔面紅潮、突然の発熱など)の改善
  • 閉経後骨粗鬆症の予防
  • トランスセクシャル治療
     


使用方法

  • 下腹部や背中に一枚貼り付けて、一週間ご使用ください。
  • 貼りかえるときは、お肌への影響をやわらげるためほかの場所に貼ってください。
  • 肌荒れやかぶれなど生じたときは、貼る場所を変えて様子を見てください。

 

副作用

  • 比較的副作用の少ないとされているお薬ですが、主な副作用として、頭痛、不眠、めまい、動悸、血圧上昇、吐き気、むくみなどが報告されております。
  • 使用直後は強く副作用が出がちですが、時間とともに落ちついてきます。
  • 副作用が強く出ている場合や、長続きする場合は使用を中止してすぐに医師の診断を受けてください。

 

使用禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、またはその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)またはその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方

 

注意事項

  • 黄体ホルモン剤と同時に使用することはがんのリスクを高めるとされていますので避けてください。
  • 他の処方薬を使用している場合、服用前に専門家にお尋ねください。
  • 子供の手の届かない所にて保管し、誤飲の際には、専門家にすぐにご連絡ください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:恥ずかしくて他人に言えない病気・痛み


黄体ホルモン配合クリーム:プロゲステロン・クリーム

 

プロゲステロン・クリームは天然のプロゲステロン(黄体ホルモン)配合クリームで、生理不順、月経前症候群、年齢からくるほてりといった体の不調や、精神バランスのケアに有用なクリームです。

 

プロゲステロン・クリームは体や心の変調にお悩みの女性をケアし、快適な毎日をお届けします。

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

ここに注意

  • 効果に個人差がある

 

 

 

 

 

製品名

プロゲステロン・クリーム

(progesterone-cream)

 


製造会社

BIOVEA


成分・形状

精製水、グリセリン、パーム油、ステアリン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸グリセリル、乳化ロウNF、プロゲステロンUSP、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、カルボマー、炭酸水素Na、ソルビン酸K、アラントイン、レシチン、月見草、トコフェノール、ブドウ種子エキス、ゴボウ根エキス


使用対象・効能効果

女性の心身の変調をサポートするクリームです。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。


使用方法

  • 腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい箇所に直接塗布してください。
  • 閉経前の方と閉経後の方で使用量、頻度が異なります。

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品の使用をお控えください。
  • 本剤は外用としてのみお使いください。
  • 目に入らないようご注意ください。
  • ほてりや痛みが出た場合は使用を中止してください。
  • 1ヶ月あたり、1箇所に2oz(約59ml)以上使用しないでください。
  • 本品使用前に必ず医師にご相談ください。

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


黄体ホルモン剤:デュファストン10mg

 

ソルベー社のデュファストン 10mg(Duphaston)は、黄体ホルモンとして働くジドロゲステロンを成分とした黄体ホルモン薬で、生理周期の異常・不妊症・子宮内膜症などの女性ホルモンに関わる女性独特な問題の改善が期待できる製品です。

 

日本では同成分5mg錠(マイランEPD)が承認認可されています。



女性ホルモンには、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、プロゲステロンは生理周期の後半で働き、子宮内膜の増殖・維持、受精卵が着床しやすいような環境を整える作用があります。しかし、女性ホルモンが減少するなどにより、ホルモンバランスが崩れ生理周期が乱れてしまい、無月経や月経困難症などになってしまいます。

 

そこで、デュファストンを使用することで黄体ホルモンを補給し、生理周期を正常に戻すことが期待できます。無月経や生理痛などの改善をしますが、排卵を抑える働きはないとされています。
 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名
デュファストン10mg(Duphaston)


製造会社

ソルベー(Solvay Pharmaceuticals)

ソルベーは1863年設立のベルギー・ブリュッセルを本拠とする化学メーカーです。創業者であるエルネスト・ソルベーが、ソルベー法を用いて炭酸ナトリウムの生産を目的として創業した経緯を持つ。医薬品、化学、プラスチックの3事業を主要事業部門とし50カ国以上に事業を展開し、2,650人の研究員を含む約3万人の従業員を抱える。第二次世界大戦中に、のちのローマ教皇になるヨハネ・パウロ2世がナチスドイツからの迫害を避けるために働いていたことでも知られています。2009年に製薬部門はアボット社に事業譲渡され現在に至ります。


成分・形状

ジドロゲステロン(Dydrogesterone) 10mg


使用対象・効能効果

主として女性・早産、無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経困難症、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、子宮内膜症の治療

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

使用方法

  • 通常成人1日5〜15mg(0.5〜1.5錠)を1〜3回に分け服用してください。
  • 子宮内膜症には1日5〜20mg(0.5〜2錠)を服用してください。

副作用

  • 主な副作用として、乳房の張り、乳房痛、予定外の出血、吐き気、食欲不振、腹痛、胃の膨満感、下痢、むくみ、体重増加、倦怠感、めまい、頭痛、眠気、不眠、気分の落ち込み、発疹、肝機能の異常等が報告されています。
  • 飲み始めに吐き気・嘔吐・乳房の張りや痛み・頭痛などが生じる可能性がありますが、慣れてくれば軽快します。倦怠感、気分の落ち込み等が生じ、気になる場合は、医師の診断をお受けください。
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 肝臓などの疾患のある方は、本剤服用前に医師に相談してください。
  • 2回分を一度に服用しないでください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 長期に続けるときは、定期的に決められた検査を受けてください。

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


バストアップ・クリーム:プエラリアミリフィカ・ブレストクリーム

 

 

プエラリアミリフィカ・ブレストクリームは、バストアップ効果が期待ができるクリームです。

 

プエラリアミリフィカ・ブレストクリームの主成分は、プエラリアミリフィカという植物のエキスです。女性の身体に必要な栄養をサポートをし、バストに弾力とハリを与え、サイズアップに導きます。また、女性の体をより若々しく健康的に導き、活き活きとしたハリのある肌作りをサポートします。

 


おすすめポイント

  • 副作用が少なく気軽に使える

ここに注意

  • 効果に個人差がある
  • 即効性はない

 

 

 

 

 

製品名
プエラリアミリフィカ・ブレストクリーム

(puerariamirifica)


製造会社

BIOVEA

 


成分・形状

水、月見草油、ホホバ油、プエラリアミリフィカ(ガウクルア)エキス、アボカド油、ミリスチン酸イソプロピル、ミツロウ、ステアリン酸、セタノール、シア脂、フェノキシエタノール、アラントイン、酢酸トコフェロール(ビタミンE)、ポリアクリルアミド、(C13, 14)イソパラフィン、ラウレス-7

 

♪プエラリアミリフィカ
タイやミャンマーに自生するマメ科の熱帯植物で、別名白ガウクルアとも呼ばれています。植物性エストロゲンを多く含み、女性ホルモンへと働きかけるとされています。


使用対象・効能効果

主として女性・バストのサイズアップと健康的な肌へと導くクリームです。

※有用性には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨摂取期間として3ヶ月以上の継続使用を推奨しております。


使用方法

  • 胸部にクリームを塗布し、優しくマッサージをしてください。
  • 1日2回以上のご使用を推奨します。

 

副作用

  • 特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください

 

注意事項

  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本品の使用をお控えください。
  • 本剤は外用としてのみお使いください。
  • 目に入らないようご注意ください。
  • 塗布後に数分間ほてりが続いたり、痛みが治まらない場合は直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
  • 1ヶ月あたり、1箇所に2oz(約59ml)以上使用しないでください。

 

 

 

JUGEMテーマ:バストアップ

 


卵胞ホルモン剤プロセキソールジェネリック:エチニラ

 

エチニラは、卵胞ホルモン(エストロゲン)を補給する女性ホルモン剤プロセキソールのジェネリックです。

 

女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)には、大きく2つの効果、妊娠準備体質効果と更年期障害の症状緩和効果があります。

エチニラの有効成分であるエチニルエストラジオールは、ホルモン補充療法や月経不順、エストロゲン欠乏による更年期障害の治療に用いられるほか、脳内の視床下部に作用することで、排卵を抑える効果や前立腺および精嚢重量を減少させ、血中テストステロン値を低下させる作用から前立腺癌の治療に用いられています。



女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

 

 


おすすめポイント

  • 妊娠準備効果及び更年期障害の症状緩和等に有効

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意


 

 

 

製品名
エチニラ0.05mg(Etinila)


製造会社

ロイド・ラボラトリーズ(LLOYD LABORATORIES, INC.)

ロイド・ラボラトリーズは1989年設立のフィリピンを代表する製薬会社です。売上高は1億USドルを超え、US FDAやUK-MHRAをはじめとしたcGMP基準を備えた錠剤、カプセル、液状製剤、軟膏、注射剤、軟ゼラチンカプセル、ペレット、定量吸入器、ドライパウダー吸入器および鼻スプレー製剤をフィリピンとインドの複数の製造工場で製造しています。


成分・形状
エチニルエストラジオール 英国薬局方0.05mg(Ethinylestradiol BP 0.05mg)


使用対象・効能効果

女性・ホルモン補充療法や月経不順、エストロゲン欠乏による更年期障害の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

副作用

  • 主な副作用として、発疹、黄疸、肝機能異常、血圧上昇、精神障害の再発、大量継続投与により高カルシウム血症、ナトリウムや体液の貯留、不正出血、経血量変化、下腹部痛、乳房緊満感、乳房痛、悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、胃痛、腹痛、頭痛、めまい、けん怠感、陰萎、血栓症、心不全、狭心症などが報告されています。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
  • 詳しくはこちらの外部サイトをご参照ください。


注意事項

  • 下肢の急激な疼痛、浮腫、激しい頭痛、胸痛、急性視力障害、突然の息切れ、四肢の脱力、麻痺、構語障害などの症状が現れた場合は、速やかに医師の診察をお受けください。
  • 本剤の服用中は、定期的に乳房検診ならびに婦人科検診をお受けください。


以下の方は本剤を使用しないでください

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方(治療の目的で投与する場合を除く)
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症又はその既往歴のある方
  • オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤を投与中の方
  • 詳しくはこちらの外部サイトをご参照ください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


萎縮性膣炎治療膣錠:ヴァギフエム10mcg【成分少量】

 

ヴァギフエム(Vagifem)10mcgは、卵胞ホルモン(エストロゲン)を補給する萎縮性膣炎治療膣錠(膣の炎症を改善する薬)です。


女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理を区切りとして2つのホルモンが増えたり減ったりを繰り返して、生理のリズムがつくられています。エストロゲンは、主に卵巣から分泌され、正常な月経周期や排卵を維持したり、女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促します。閉経後の女性ではエストロゲンが不足して、腟の粘膜が薄くなって乾燥し、弾力を失っていきます。

 

ヴァギフエムは、閉経により減少したエストロゲンを補うことで、閉経により生じる膣症状(膣の乾燥、刺激や痛み、性交痛、膣内および膣周囲の痒み、排尿痛)を改善する作用があります。

 

 


おすすめポイント

  • 閉経後女性のエストロゲン欠乏による萎縮性膣炎の緩和に有効
  • アプリケーター利用なので、衛生面でも安心

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

製品名
ヴァギフエム(Vagifem)10mcg


製造会社

ノボノルディスク(Novo Nordisk A/S)

ノボノルディスクは、1923年設立と古い歴史を持つ、デンマーク・バウスベアに本拠を置くグローバル製薬企業です。糖尿病領域、成長ホルモン領域、血友病領域における主要サプライヤーの一社です。コペンハーゲン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業


成分・形状
エストラジオール(Estradiol ) 10mcg


使用対象・効能効果

女性・閉経後女性のエストロゲン欠乏による萎縮性膣炎の緩和

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

使用方法

  • 初回投与量:1日1回1錠(10mcgまたは25mcg)を、2週間、膣内投与
  • 維持用量:1回1錠(10mcgまたは25mcg)を1週間に2回、膣内投与
  • 通常、10mcgで治療を開始します。
  • 上記は、英国での用法・用量です。本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

 

副作用

  • 主な副作用として、頭痛、乳房痛、異常な膣出血、胃・腹部の痙攣や膨満、吐き気、嘔吐、脱毛、体液貯留、膣内感染などが報告されています。
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。


注意事項

  • 投与の忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに使用してください。ただし、次の投与時間が近いときは忘れた分を使用しないでください(2回分を一度に使用しないでください)。
  • 治療は医師から指示された日より開始してください。
  • 本剤は子宮の有無に関わらず使用できます。
  • 子宮の有る女性が本剤を使用する場合は、プロゲスチンの併用を考慮する必要があります。詳しくは医師・薬剤師にご相談ください。
  • 膣感染症がある場合は、本剤の使用開始前に治療してください。
  • 本剤の使用中に異常な膣出血が生じた場合は、速やかに医師・薬剤師にご相談ください。
  • 65歳以上の女性では、エストロゲンの使用により認知症の発症リスクが上昇するため、本剤の使用について医師・薬剤師にご相談ください。


以下の方は本剤を使用しないでください

  • 乳癌の既往がある方
  • 子宮内膜癌などのエストロゲン依存性悪性腫瘍の既往がある方
  • 未診断の性器出血がある方
  • 未治療の子宮内膜過形成がある方
  • 静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓症)の既往がある方
  • 血栓性疾患を患っている方
  • 動脈血栓塞栓症(狭心症、心筋梗塞など)を患っている方
  • 肝疾患の既往があり検査値が基準値でない方
  • 本剤の成分に過敏症の既往がある方
  • ポルフィリン症を患っている方

 

 


排卵誘発剤:クロミッド50mg

 

クロミッド50mgは、排卵障害による不妊症の治療に使用される排卵誘発剤です。

 

日本の富士製薬から承認販売されているクロミッド50mgと同一成分の製品です。


不妊とは男女が避妊具を使用せず性交をしているにもかかわらず一定期間妊娠しないことで、原因は女性側・男性側、またはその両方にある場合があり、特に女性は排卵がないことや、子宮内膜症・骨盤腹膜炎などが原因で妊娠しにくくなることがあります。また、加齢が妊娠しにくい原因となる場合もあります。

クロミッド50mgの成分であるクエン酸クロミフェンは、脳の視床下部に働きかけ、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を増加させ、脳下垂体前葉から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵胞刺激ホルモンが卵巣内で卵胞を成長させ、黄体刺激ホルモンが増えることにより排卵を促し妊娠が可能となります。効果が強く、排卵障害の場合によく使用される成分です。また、男性不妊症にも効果があり、性腺刺激ホルモンが睾丸に作用し男性ホルモン分泌を促し精子形成の改善が期待できます。

クロミッド50mgは、排卵を誘発することで妊娠のしやすい状況をつくることができ、排卵障害による不妊症でお悩みの方や、妊活をしてもなかなか妊娠しない方に適した製品です。

 


おすすめポイント

  • 不妊改善効果のある排卵誘発剤
  • 女性だけでなく、男性にも効果がある(効果には個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

 

 


製品名
クロミッド50mg(Clomid)


製造会社

ブルーノファーマ(Bruno Farmaceutici S.p.A)

ブルーノファーマは1996年設立のイタリア・ローマに本拠を置く、製薬会社です。糖尿病治療薬、パラセタモール、抗炎症薬、クエン酸カリウム、ビタミン、コルチゾン、体液、基礎医薬品などを製造しています。



成分・形状

クロミフェンクエン酸塩(Clomiphene Citrate)50mg


使用対象・効能効果

排卵障害に基づく不妊症の排卵誘発

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

使用方法

  • 無排卵症により排卵誘発を試みる場合には、まずジェスタージェン、エストロゲンテストを行ってから消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始してください。
  • 通常、第1クール1日50mg(1錠)5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg(2錠)5日間に増量してください。
  • 用量・期間は1日100mg(2錠)5日間を限度とします。
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

副作用

  • 主な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)、視覚症状、吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、イライラ感、倦怠感、ほてり、尿が増える、口が渇く、発疹などが報告されています。
  • 副作用に関しては個人差があります
  • その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください
  • 詳細はこちらの外部サイトをご確認ください

 

注意事項

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍及びその疑い、卵巣腫瘍及び多嚢胞性卵巣症候群を原因としない卵巣の腫大がある、肝障害又は肝疾患、妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤を使用しないでください。
  • 原発性卵巣不全による尿中性腺刺激ホルモン分泌が高い・副腎及び甲状腺機能の異常による無排卵・頭蓋内に病変(下垂体腫瘍等)がある・無排卵症以外の不妊症の方は、使用しないでください
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌の既往歴、乳癌家族素因が強い、乳房結節、乳腺症、乳房レントゲン像での異常、肝障害・肝疾患の既往歴、多嚢胞性卵巣、未治療の子宮内膜増殖症等の方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に医師に相談してください。
  • 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
  • 投与前少なくとも1ヵ月間及び治療期間中は基礎体温を必ず記録し、排卵誘発の有無を観察してください。
  • 無月経患者においては投与前にGestagen testを行い、消退性出血開始日を第1日として5日目に、また投与前に自然出血(無排卵周期症)があった場合はその5日目に投与を開始してください。
  • 本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


卵胞ホルモン剤:プレマリン0.625mg(ニュージーランド版)

 

プレマリン0.625mgは、卵胞ホルモン(エストロゲン)を補給する女性ホルモン剤です。女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)には、大きく2つの効果、妊娠準備体質効果と更年期障害の症状緩和効果があります。

プレマリンの有効成分である結合型エストロゲンは、体内でエストラジオールに変換されて、卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下を改善します。卵巣欠落症状、膣への潤い供給、膣の弾力性維持、膣の乾燥や萎縮、子宮内膜からの出血などのほか、卵巣機能の低下からくる月経不順・無月経の改善、月経リズムの回復などの作用さらには更年期障害の症状緩和にも効果があります。

女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)には、大きく2つの効果、妊娠準備体質効果と更年期障害の症状緩和効果があります。エストロゲンは年齢を重ねるごとに減少し、お肌の張りや弾力が失われると原因の一つと言われておりますが、エストロゲンにはコラーゲンの合成を促進させる効果があるといわれており、美容のために服用される方も多いです。

 

また、黄体ホルモン補充剤であるプロベラやプロペラジェネリックとの併用により、バストアップ等の効果が期待できます。

 


おすすめポイント

  • 妊娠準備効果及び更年期障害の症状緩和等に有効
  • 副作用が少ない(個人差があります)

 

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意
  • 同じ卵胞ホルモンであるプロギノバより活性が弱い


 

 

 

製品名
プレマリン 0.625mg(premarin)


製造会社

ファイザー・ニュージーランド(Pfizer New Zealand)


成分・形状

結合型エストロゲン 0.625mg (Conjugated Estrogens)

エストロゲンは卵胞ホルモン剤の代表的な製剤で、女性ホルモン補充療法として広く用いられています。健康面で期待される効果としては、女性の体全体のバランスを整えるのに非常に役立つといわれています。また、更年期障害による不定愁訴予防としても効果が期待され、女性用のサプリメントに含まれる主要成分の一つとなっています。骨量増加と骨折予防効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬であることから、骨粗鬆症治療に用いられることもあります(正式な適応承認はされていません)。


使用対象・効能効果

女性・卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、腟炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • 通常成人1日0.625〜1.25mg(1〜2錠)を服用してください。
  • 機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625〜3.75mg(1錠〜6錠)を服用してください。
  • なお、年齢、症状により適宜増減してください。 

 

副作用

  • 重い副作用は報告されていませんが、軽い症状で、体重の増加、多少のむくみ、若干の乳房の張りなどが報告されています
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は服用禁止です。
  • 血栓性静脈炎や心筋梗塞など、血栓性疾患のある人、妊婦又は妊娠している可能性のある人は使用できません。
  • 治療目的によって飲み方が異なり、更年期障害では黄体ホルモン薬との併用が原則です。周期的投与法など変則的になることがありますので、医師の指示どおりに服用してください。 
  • ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください。

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療

 


黄体ホルモン剤プロベラジェネリック:メプレート 2.5mg

 

メプレート 2.5mgは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の不足やホルモンバランスの乱れによる生理周期や更年期症状など、さまざまな症状の改善に効果が期待できる黄体ホルモン補充薬プロベラのジェネリックの成分少量錠です。 ⇒ メプレート10mg錠はこちら

黄体ホルモンであるプロゲステロンは、通常排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌され、排卵後に子宮内膜を肥厚化し栄養を蓄え、受精卵が内膜へ着床しやすい状況を整える作用があります。妊娠した場合は、エストロゲン(卵巣の卵胞から分泌されるホルモン)の排卵作用抑制、妊娠状態を維持する働きがあります。

女性ホルモンは生理や月経、妊娠といった女性特有の身体・体調の変化をコントロールしており、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると身体にさまざまな不調をもたらすのが特徴です。ホルモン剤はそうした不調があらわれたときに人工的にホルモンを増やして、ホルモンバランスを調整する役割を果たします。

 

女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)には、「妊娠を助ける」「体内の水分保持」「食欲増進」「基礎体温を上げる」などの働きがありますが、黄体ホルモンの分泌量は加齢とともに減少し、その変化に身体がついていけずにさまざまな不調が現れるのが更年期障害です。また、黄体ホルモンが不足することで、月経異常などが起こりやすいだけでなく、子宮内膜を厚くすることができないため受精卵が着床しにくくなります。

メプレート 2.5mgの成分であるメドロキシプロゲステロンは、プロゲステロンと似た働きをするため、黄体ホルモンの不足等に起因する症状を改善します。月経異常や機能性子宮出血不妊症、流早産等の治療で主に使用されており、閉経による更年期障害の症状改善や、閉経前後の骨粗しょう症の患者の治療薬としても使用されています。

 


おすすめポイント

  • 不妊症、月経異常などの治療に有効
  • メドロキシプロゲステロン成分少量錠

ここに注意

  • 使用方法・副作用に注意

 

 

製品名
メプレート 2.5mg (MEPRATE)


製造会社

インド血清研究所(Serum Institute of India (SII))

インド血清研究所(Serum Institute of India (SII))は1966年設立のインド・マハーラーシュトラ州プネーに本拠を置く、ワクチンを含む免疫生物学的薬剤の製造メーカーです。プネーは「インドのオックスフォード」と評される学術都市です。ジフテリア、破傷風、百日咳、ヒツジ、BCG、r型B型肝炎、麻疹、流行性耳下腺炎および同様に含まれるポリオワクチンを含む、世界最大級のワクチン製造業者のひとつで、世界中の子供の約65%が当研究所が製造した少なくとも1つのワクチンを投与されていると推定されています。当研究所で製造されたワクチンは、世界保健機関(WHO)の認可を受けており、全世界の170カ国で全国予防接種プログラムに使用され、世界中で数百万人の命を救っています。


成分・形状

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)2.5mg

メドロキシプロゲステロンは黄体ホルモン薬で、服用すると体内で黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをします。メドロキシプロゲステロンは女性ホルモンの不足などによって起こる月経周期異常や、不妊症などに効果を示します。通常、無月経、月経周期異常、月経量異常、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産の治療に用いられるほか、長期服用が必要な更年期障害に対する女性ホルモン補充療にも多用されています。


使用対象・効能効果

主として女性・黄体ホルモンの減少、ホルモンバランスの崩れに伴うの諸症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

使用方法

  • 通常成人1日2.5〜15mgを1〜3回に分割経口服用してください

副作用

  • 主な副作用として、発疹、肝機能の異常、黄だん、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満、下痢、めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ、乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮膣部びらん、帯下の変化、耐機能異常、倦怠感、発熱、悪寒、脱毛、多毛、そう痒感、じんましんなどが報告されています
  • 副作用は個人差があります
  • 詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


注意事項

  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎などの血栓症疾患またはその既往歴のある人、重篤な肝障害・肝疾患のある人、診断未確定の性器出血、尿路出血のある人、稽留流産の人、本製品の成分に対し過敏症の既往歴のある人は使用しないでください。
  • 心疾患・じん疾患のある人またはその既往歴のある人、うつ病またはその既往歴のある人、てんかんまたはその既往歴のある人、糖尿病の人、ポルフィリン症の人は、担当医にご相談してください。
  • 流早産以外の人が服用する場合は、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断などにより、妊娠していいないことを充分に確認してください。
  • プロベラ5mgを妊娠維持の目的で服用する場合は、応対機能不全によると考えられる流早産にとどめてください。また、妊娠状態が継続しているか否か確かめてください。
  • 経口製剤での臨床試験成績はありませんが、海外において、メドロキシプロゲステロンを有効成分とする筋注製剤の長期使用で骨密度の減少が認められたとの報告があります。
  • 妊娠初期・中期に服用した場合、女子胎児の外性器の男性化または男子胎児の女性化が起こることがあるので、大量または長期服用を避けてください。
  • 黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではありませんが、心臓・四肢などの先天異常時を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に応対または黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されています。
  • 授乳婦が服用する場合には授乳を中止してください。
  • 小児などに対する安全性は確立していません。
  • ホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン)と併用する場合は、医師にご相談ください。
  • 気付いたときにすぐに服用してください。次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対にやめてください。
  • 黄体ホルモンの活性によって症状が悪化する場合があります。
  • 乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の方はご使用いただくことは出来ません。
  • その他、詳しい情報はこちらの外部サイトをご確認ください


 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不妊治療


| 1/2PAGES | >>

スマートフォン

最新記事一覧

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM