性欲とED(勃起不全)の関係

ED症状に対する誤解の一つに、性欲への影響が存在します。

ですが、実際にはED症状と性欲の低下は直接の因果関係は無く、たとえEDであっても適切な処置を行う事で、再び活力を取り戻す事が可能です。


勃たない=性欲無し⁇
ED症状は肉体及び精神に何らかの問題を抱えてしまった為に、ペニスが勃たなくる症状です。

ここで誤解しないように注意したい点が、これは性欲そのものの消失を意味しているわけではありません。

EDの原因は様々ですが、例えば加齢による血流の悪化が原因で勃たなくなってしまい勃起不全を引き起こしてしまった場合などは、循環器系統に問題があるだけであり、性欲を司る脳の働きそのものには問題がない事は素人目にもわかりますよね。

ED症状と性欲の低下は、必ずしも関係してくるとは限らないのです。

 


自信の喪失が最も怖い!
ところが、現実にED症状を患っている方の中には、性欲の低下を感じている方も決して少なくありません。


性欲に対する生理的な機能そのものには問題が無いにも関わらず、何故このような症例が出てしまうのでしょうか。

その答えは、「自信の喪失」にあります。ED症状が長引くと、例え性欲を感じる場面があったとしても、セックスそのものに対して不安を感じてしまいますし、年齢が高まるにつれ自身の男性機能の低下を自然を受け入れてしまいがち。

これらの精神的な要因がED症状をより深刻なものにしていると言えるでしょう。

 


ED治療薬なら問題解決!
このようなお悩みをお持ちの方に、強くオススメしたいアイテムがバイアグラジェネリックです。

バイアグラを始めとするED治療薬は、血管系に作用して勃起力の向上や持続的な勃起状態を保つ働きを有していますから、ED症状でお悩みの方の多くが確かな効果を感じています。

 


イメージとしては、ご自身が感じた性欲の高まりに応じて、自然なペニスの反応を促す使用感でしょうか。

また、巷に溢れる興奮剤や精力剤などと異なり、十分な臨床試験を通じて開発された成分が使用されているので、安心感も抜群です。

もちろん、年齢を重ねた方であっても、十分な効果を得る事ができますから、「セックスはご無沙汰…」なんて状態でも問題ありません。

 


まとめ
バイアグラジェネリックは、ED治療そのものだけでなく、長引くED症状により引き起こされたセックスに対する自信回復にも繋がります。

勃起不全だからと言って諦めている方には、是非知っておいて欲しいアイテムです。

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


女性は持続性と硬いのか?好き?EDの男性の改善方法とは?

「早漏」、「中折れ」、「短小」etc…セックスに自信の持てない男性の悩みは多種多様です。


ですが、一番気になるのはパートナーである女性に「どのように見られているか?」ですよね!

女性のニーズに応じた適切な勃起不全改善方法は、バイアグラジェネリックをはじめとしたED治療薬の服用が即効性があります。

今回は原因から解決方法まで、その一連の流れを徹底紹介します。


女性の大半は「持続力」を求めている!?
敵を知り己を知れば、百戦して危うからずと言います。


まずは、相手となる女性の求める男性機能を知ることが大切です。

いきなり核心部分を突いてしまいますが、セックスの時、女性が一番気にしているのはなんといっても「持続力」です。

これはある調査機関による女性アンケートの集計結果によるものですが、「固さ」や「太さや長さ」をはるかに大きく上回る女性意見が寄せられています。

残念ながらED男子にとっては非常に耳が痛いと言わざるを得ません。


と言うのも、ED男子のペニスは中々勃起しないだけでなく、勃ったとしても数分持たないと言ったケースも珍しくないからです。

 

 

持続力の欠如は生理的な問題だった
さて、浮き彫りになった問題である持続力の欠如ですが、改善の為にその原因を知ることは、当然必要です。

そもそもED男子のペニスが勃起を継続できない理由は、血流の悪さや血液中に含まれる勃起を妨げるPDE5と言う酵素にあります。

大半のED男子が持つペニスは、通常よりもPDE5と言う酵素の働きの影響を強く受けてしまっており、せっかくの性的な刺激に対してもあまり強い反応を得られないのです。


従って、いくら本人がペニスを縮ませまいと頑張っても、中々改善が認められないわけですね。

実際、勃起不全に悩むED男子の中には、市販の興奮剤や精力剤を利用して治療に挑戦した方もいるでしょう。

 

ですが、これらの製品ではPDE5の働きそのものを抑えることができませんから、この問題の解決は容易ではありません。

あえて強く言うならば、市販精力剤などではPDE5の問題を解決するのは不可能だと言えるでしょう。

 

 

PDE5を徹底阻害!バイアグラジェネリックの威力と魅力
ですが、バイアグラジェネリックならば、このPDE5の問題をいとも簡単に解決する事ができます。

多くの方はバイアグラに対して「ペニスをギンギンにする興奮剤」といった認識をお持ちですが、これは誤った認識だと言わざるを得ません。


と言うのも、バイアグラには性欲を増大させる性質も、気分を高揚させる性質も一切含まれていないからです。

では、バイアグラの正しい認識とはどのようなものか、その答えはシルデナフィルという主成分に含まれています。

 

シルデナフィルは、勃起不全の犯人とも言えるPDE5を阻害する作用を有しており、ED男子の血液中の問題を改善して正常な勃起を促しているわけですね。

もちろん、ただ勃起を助けるだけでなく血液中の酵素が減った分、勃起の持続時間も通常よりずっと長持ちする作用を有しています。

 

ED改善だけでなく、勃起時間の向上も見込める非常に優れた製品だと言えるでしょう。

 

 

まとめ
バイアグラジェネリックは、女性の最も強く希望する「持続力」の改善にも効果がある優れた製品です。

市販の精力剤やペニストレーニングなどよりはるかに高い効果を得る事ができますから、EDや勃起不全でお悩みの方には強くオススメすることができます。

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2017年度上半期:販売実績ランキング ■早漏防止・ペニス増大・性欲増進サプリ等■

早漏防止やペニス増大、性欲増進など、ED関連製品は種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにED治療薬以外のED・PE等関連製品をランキング化します。製品選びの一助になれば幸いです。

 



第1位:エクステンド(ペニス増大)

 

 

 

エクステンドは『成分配合量が多い』と評判のペニス増大サポートサプリメントです。

 

製品名である「EXTEND(エクステンド)」を日本語では『拡張する』『拡大する』と翻訳されますが、エクステンドはまさに『ペニス増大』を目的とした100%天然成分配合サプリメントです。ヨヒンベやマカ、ムイラベアマ等性機能改善で知られる天然成分がペニスにある2つの勃起組織を大きくすることで、勃起時のサイズアップが期待できます。

 

米国では「飲むだけで男性器が勃起時の約28%サイズアップ」とテレビや雑誌で報告されている商品です(効果を保障するものではありません)。また、100%天然成分なので、副作用もなく安心して利用することができます。

 

 

 

 

 

第2位(同数):リドスプレー(早漏防止)

 

 

リドスプレーはドイツ・ウォルターリッター社製の「リドカイン」配合早漏防止スプレーです。

 

主成分である「リドカイン」は、虫さされの痒み止めや局部麻酔剤として医薬品に広く使用されている成分で、局所的に感覚を麻痺させます。リドスプレーは、ペニスの敏感な部分(主に亀頭)にスプレーしておくことで、早漏を防止します。その人気から偽物製品が多数出回ることからも人気の一端が見えてきます。 


リドスプレーの製造会社であるウォルターリッター社は1893年創業のドイツのハンブルクを本拠に、70カ国以上で世界各地で事業を展開している製薬会社です。鎮痛薬/抗リウマチ薬、抗真菌薬、抗ウィルス薬、マルチビタミン薬、異方性薬などを主力製品とし、生産においては、厳しいドイツの医薬品法と、医薬品の高い基準と安全性を保証するためのGMP(good manufacturing practice)の規制によって定められたガイドラインに従っているため、厳格で包括的な品質管理システムによって、生産における高いレベルが常に維持されています。


 

 

 

 

第2位(同数):VigRXオイル(勃起促進)

 

 

VigRXオイル(ヴィグレックス・オイル)は、天然成分配合オイルを性器に直接塗ることにより勃起をサポートする製品です。

 

勃起のみならず、「サイズ」「硬度」「持久力」のアップも期待できることから「塗るバイアグラ」とも形容されています。第三者による臨床研究では、勃起力、挿入力、オルガスムの頻度、性行為の満足感、性的欲求、すべての項目で増加の結果が得られている商品です。VigRXオイル(ヴィグレックス・オイル)は、ナイトライフの充実をしたい方、バイアグラなどの内服ができない方に適した商品です。


製造会社のリーディングエッジヘルスは米国テネシー州を拠点とする天然サプリメントに拘った自然健康補助食品製造メーカーです。特徴として、「老化」「リビドー」「脱毛」など、利用者が若々しく活気に満ちていることを支援する、高品質のアンチエイジング、スキンケア、性的健康製品を提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

第2位(同数):ヨヒンビンHCl(性欲増進)

 

 

 

 

 

ヨヒンビンHClは、アカネ科の植物ヨヒンベから抽出されたヨヒンビンを主成分とした性欲増進サプリメントです。

ヨヒンベには、血管を拡張させて血液の流れをよくする働きがあるとされています。多くのヨヒンベの原産地であるアフリカでは、ヨヒンベの樹皮に性欲を高める働きがあるということで、古くから利用されてきた歴史があります。

そのため、ヨヒンベに含まれるヨヒンビンは、男性器の健康サポートが期待できます。また、セロトニンにアプローチし、精神的なことが原因で男性器の元気が無い場合にもいいとされています。その他にも、食欲を抑える働きがあるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

第3位(同数):威覇クリーム(性感増進)

 

 


威覇クリーム(男性用)は、天然の薬草を成分配合した「感度アップ」および「早漏防止」向けのクリームです。

 

威覇クリーム(男性用)は、中国で古くから媚薬で知られる「蛇床子」を主成分としています。また、蛇床子、人参、薄荷、益母草などの成分が勃起の強度や持続力、性的な感度を向上させます(性機能が高まることから、射精時のオーガズムも高まる)。

 

もう一つの特徴として、威覇クリーム(男性用)は、他の早漏防止商品に含まれることの多い麻酔成分リドカインが含まれていない点も大きな特長です。


 

 

 

 

 

第3位(同数):セルノスジェル(テストステロン補充)

 

 

セルノスジェルは男性更年期障害(LOH症候群)ともいわれ、男性ホルモンである「テストステロン」量の減少から生ずる体調不良、精神不安、ED等のホルモン補充療法(HRT)用のジェルタイプ(塗り薬)ホルモン剤です。

 

1日1回の塗布でテストステロンの濃度が24時間安定的に維持されます。精力だけでなく、倦怠感からの体力、気力の衰えを感じる40歳代以降の男性におすすめの製品です。

 

「男性ホルモンの減少=性欲減退→勃起不全(ED)」のイメージがあるかもしれませんが、男性ホルモンは性的な部分だけではなく、やる気の減退やうつ症状、筋肉痛、心筋梗塞や脳梗塞リスクの上昇などが症状としてあらわれ、一見テストステロン(男性ホルモン)と関係のないように思える身体のさまざまな不調とも密接に関わっていることが多いと言われています。セルノスジェルは、この減少したテストステロン値を正常に戻し、さまざまな症状を緩和します。

 

製造会社のサンファーマは、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。


 

 

 

 

 

 

第3位(同数):アンドロファーマ・カーブチャー(ぺイロニー病改善)

 

 



 

アンドロファーマ・カーブチャーは「ペイロニー病によるペニス湾曲」改善を目的としたサプリメントです。

 

ペイロニー病(ぺロニー病/陰茎湾曲)の原因である繊維性プラーク(硬化結節)の形成を阻害する成分を含んだペイロニー病(ぺロニー病/陰茎湾曲)改善製品です。アンドロペニスシリーズでお馴染みのアンドロメディカル社製なので安心してご利用いただけます。

 

 

ペイロニー病とはペニスの炎症性の疾患です。ペニス中心部のスポンジ状の組織(海綿体)の外皮に傷ができ、これによって傷のある部分が弾力性を失い、血流で満たされても伸長せず、傷の方向にペニスを湾曲させます。ペイロニー病は、ペニスの極端な湾曲の原因として最もよくあるものです。

ペニス海綿体とその外皮の脂肪およびたんぱく質の分子が酸化し、炎症を引き起こします。皮膚のコラーゲン繊維が弾力性のない繊維に置き換わり、繊維性プラーク(硬化結節)を形成します。このシコリこそ、ペイロニー病に典型的なもので、触れると皮膚の下にあることが分かります。シコリは通常、ペニス上部に形成されますが、側部に形成される場合もあります。シコリは自然に消滅する場合がほとんどですが、長期にわたって残ることがあります。アンドロファーマ・カーブチャーは、このシコリである繊維性プラークを減少させる成分を配合しています。

現在、ペイロニー病の症状を緩和して完全に治癒に至らせる治療法は確立されていません。場合によってはペニスを最大で4cmも縮ませることがあるリスクを有する外科手術のほか、矯正器具利用のアンドロペニス・ペイロニーがメジャーな治療法となりますが、それらと併用服用することで、栄養面でのサポート効果が期待できるとともに、ペイロニー病の繊維性プラーク形成を阻害する成分シナモン、L-カルニチン、コエンザイムQ10、PABA、バイオペリンなどによる改善効果を期待できるカプセル錠剤です。
 


製造会社のアンドロメディカルは2000年設立のスペインのマドリードを拠点とする男性の性生活改善に重点をおいた泌尿器専門の医療会社です。アンドロペニスを発明した医師として世界的に知られている特許保持者であるDoctor Eduardo A. Gomez de Diego医師を中心に、牽引原理を取り入れたペニス増大器具を世界で初めて製造した会社です。アンドロペニスシリーズは、世界で初めて医療証明書を取得したペニス増大器具となり、豊富な知識と経験から、マーケットリーダーとして認められています。

 

 

 

 

 

 

 

第4位(同数):メガマックスウルトラ(ペニス増大)

 



メガマックス・ウルトラは、ペニスのサイズアップおよび、精力(スタミナ&持久力)増強に有用とされる成分が高濃度配合のサプリメントです。

 

配合成分はL-シトルリンやトリビュラスのほか、亜鉛、ヨヒンベ、カツアバ、フコキサンチン、ムイラプアマ、L-アルギニン、朝鮮人参根エキスなど、性器の増大や精力アップ作用が期待できる成分が多数配合されています。

 

メガマックス・ウルトラは、最新の研究成果を反映させたフォーミュラ(成分)で設計されており、推奨摂取期間は6ヶ月以上。1〜4ヶ月は「性機能強化プロセス」、4ヶ月目以降は本命の「ペニス増大プロセス」が訪れるとされています。

 

製造会社のアイファイブ社は、2001年設立の米国カリフォルニア州を拠点とするハーブサプリメントをはじめとした栄養補助食品をグローバルに展開する市場リーダー的存在です。プロダクトとしては、ハーブ・ピル、パッチ、スプレー、オイルなどを提供し、同社の製品はテレビ、雑誌、新聞、世界中の何百ものウェブサイトに掲載されています。あのアマゾンでも取り扱いがあります(当製品の取り扱いはございませんが)。

 

 

 

 

 

第4位(同数):マックス・バイタリティー・パフォーマンス(ペニス増大)

 

 

 

マックス・バイタリティー・パフォーマンスは、「クレージーガール」シリーズで有名な製造会社のクラシック・エロチカ社製のペニス増大ジェルです。

 

マックス・バイタリティー・パフォーマンス配合のトリベヘニンは、植物油脂由来のグリセリンとナタネ油などに含まれるベヘン酸が結合してできた成分です。ペニスの皮膚の保湿を維持し、より堅固な勃起をサポートします。

 

また、ブテアスペルバは古くから強壮・強精作用のある天然ハーブとして知られる熱帯性の植物で、より堅固でより長持ちする勃起をサポートし、性的パフォーマンスを向上させます。パラベン、香料は不使用なのも◎

 

 

 

 

 

第5位(同数):ペガサス・マキシマムディレイ・ローション(早漏防止)

 

 

ペガサス・マキシマムディレイ・ローションは、サムソンファーマシューティカル社製の男性用早漏防止ローションです。

 

性行為を行う前に、ペガサス・マキシマムディレイ・ローションを少量ペニスに塗布し、約5〜10分マッサージを行って使用します。内服薬では難しい性交中の過敏反応を抑え、より長い性行為を楽しむ事ができます。

 

早漏の人は性器が過敏に反応してしまうことで早く射精してしまいますが、ペガサス・マキシマムディレイ・ローションはそのクライマックスを抑えることで、いつもより長い性行為を実現します。

 

製造会社のサムソンファーマシューティカルは、米国カリフォルニア州に本社を置くスキンケア化粧品、サプリメント栄養補助食品を中心にOTCや工業製品などの製品開発をしている製薬会社です。オキシトシン配合の早漏防止スプレー「リドマックス・スプレー」の製造会社として知られています。

 

 

 

 

 

第5位(同数):スペマン(精子増量)

 

 

 

スペマンは、精子量減少を改善する効果が期待できる天然ハーブ配合のサプリメントです。

 

アーユルベーダ処方による成分配合により、前立腺や精嚢、精巣、陰茎など男性器の機能をケアし、健康な精子生産および精子の運動性をサポートしますので、不妊対策としてもおすすめです。スペマン配合成分により、精子の質と量の改善、勃起の持続力改善効果が見込まれる一方、精子の細胞膜がダメージを受けるのを防ぐ安全性にも配慮した天然成分配合サプリで副作用もありません。

 

製造会社のヒマラヤドラッグカンパニーは、ハーブ研究の分野で1930年創業の歴史を持つインドのバンガロールを拠点とする老舗サプリメーカーで、アーユルベーダ処方によって配合された天然ハーブサプリを数多く生産。心・精神・肉体の調和やバランスを考えて健康を維持する自然療法で、数百種の薬用植物を原料に製造されている歴史ある商品を多く輩出しています。今日、ヒマラヤブランドは「安全で効果的なハーブ製品」と同義であると言われるほどです。ヒマラヤの創始者は、森で植物が象に与える影響に魅了され、ハーブの特性を科学的にテストしたいと考えたのが始まりとされています。「伝統的なインドのアーユルヴェーダ科学を現在の形で社会にもたらす」をビジョンに掲げ、ハーブ製品が懐疑的と見なされた当時において、ハーブの治癒力に対する創業者の信念は不変だっといいます。1999年にはブランド名「アーユルヴェーダ・コンセプト」のもとでパーソナルケア・セグメントに参入するなど、現在では全世界90カ国以上で事業を展開し従業員500名以上、同社の製品は世界中の40万人の医師によって処方、何百万人もの健康とパーソナルケアのニーズを満たすグローバルヘルスカンパニーです。

 

 

第5位(同数):スマートミー・クリーム(性欲向上・勃起力向上)

 

 


スマートミー・クリームは、男性の性衝動を増幅し、ペニスの勃起力を向上させる作用が期待できるマッサージクリームで、精力の減退や早漏などに対しても作用があるといわれています。

 

スマートミー・クリームには、ナノ粒子化された高麗人参エキスやイチョウ葉エキス、L-アルギニンなどが配合されています。これらの成分が一酸化窒素の生成を促すことでペニスの勃起力を向上へと促します。

 

また、射精に至るまでの時間が延びる、早漏防止作用も期待できます。

 

 

製造会社のナノメドはタイのバンコクに本拠を置く、天然原料由来の高品質の薬草を原料に、精製された最高品質の成分とブレンドし安全安心のハーブ製品を提供するヘルスケア事業者です。主な製品領域としては、洗顔料、フェイシャルクリーム、ローションハンドクリーム、ローションメイクアップリムーバー、スキントリートメント製品、日焼け止めや日焼けオイルなどがあります。タイのドラッグストア、スーパーマーケット、デパート、病院を通じた健康&美容製品を販売しています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)治療に効果的!バイアグラ(ジェネリック)服用の際の注意点

勃起に自信が無くなってきた時にバイアグラ(ジェネリック)を使用するというのは悪いことではありません。

バイアグラ(ジェネリック)を服用することによって勃起力を取り戻し、自信が戻ったという人も多くなっていますので、困ったときには処方してみるのも良いかもしれませんが、ED治療薬として全世界で使用されているバイアグラ(ジェネリック)ですが、服用方法を間違えてしまうと期待していた通りの効果が発揮されないことがあります。

今回は、バイアグラ(ジェネリック)を服用する際の注意点についていくつか紹介していきます。


バイアグラ(ジェネリック)を服用する際の時間に関する注意点

 

バイアグラ(ジェネリック)を服用する際に注意してもらいたいのが、時間に関するポイントとなっています。

バイアグラ(ジェネリック)は、服用してから効果が発揮されるまでの時間が1時間程度になっています。

空腹時に服用することによって、30分〜50分程度で効果が発揮されることになりますが、作用時間については効果が発揮されてから4〜5時間程度になっていることが多く、服用してから効果が切れるまでは5〜6時間ほど掛かるということになります。

このタイミングを見計らって服用するのが難しいポイントとなっていますが、バイアグラ(ジェネリック)というのは、勝手に勃起してしまうような薬剤ではなく、あくまでも「勃起しやすくなる(軽度な刺激で勃起する)」という薬になっていますので、勃起を補助するタイプの治療薬だと考えて下さい。

そして、1日の服用に関しては原則として1回までとなっていて、前回の服用から24時間以上空けてから服用するようにして下さい。

短い間隔で服用の頻度が高くなってしまうと、バイアグラ(ジェネリック)に対して耐性が出来てしまって、バイアグラ(ジェネリック)を服用しても効果が発揮されないことがあります。

 


服用時の食事や飲酒に関する注意点
バイアグラ(ジェネリック)というのは、水で服用するのが原則となっていますが、お茶やアルコールなどで摂取をしても問題がない薬剤になっています。

注意点としては、牛乳などの脂肪分が含まれている飲み物で服用してしまうと薬が体内で溶け出した時に薬に含まれている成分が体内に吸収されるのを阻害してしまう可能性があります。

そして、バイアグラ(ジェネリック)を服用する際には、原則として空腹時に服用することが重要になっています。

しかし、効果が発揮されるまでに1時間程度の時間がかかってしまうことになりますので、空腹状態で性行為に及ぶことが難しいという方の場合は、服用してから軽食を済ますということで対応することが出来ます。

大切なのは、胃の中に何もない状態で、薬の吸収効果を高めている状態で服用するということになっていますので、服用してから食事をする分には問題がないということになります。

飲酒に関しては、適度な飲酒は吸収効果を高めることに役立ちますが、過度な飲酒をすると勃起障害を起こしてしまうことがありますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

 


服用前には、健康状態や病気に関してのチェックを
バイアグラ(ジェネリック)を服用する際には、自身が抱えている病気や、健康状態に注意して服用しなければいけません。

病気や健康状態に関して気をつけなければいけないのは、糖尿病や肥満、高血圧症というような生活習慣病や成人病と呼ばれる病気になります。

これらの病気に罹っている場合は、一般的に手に入れる事が出来るシルデナフィル50mgでは効かないことも多く、場合によっては50mg錠を2つまたは100mg錠を服用しなければいけないということもありますが、上記でも紹介したように、純度の高いバイアグラ(ジェネリック)の服用を続けることによって勃起力が損なわれる可能性もありますので注意して下さい。

 

 

まとめ
バイアグラ(ジェネリック)を服用することによって勃起を促すことになりますので、EDに悩まされていた方にはオススメできる治療薬になっています。

しかし、服用方法を間違えてしまうことによって、思っていたような効果が発揮されないこともありますので、バイアグラ(ジェネリック) を服用する際には十分注意して下さい。


なぜバイアグラジェネリックはインド製が多いのか?

ジェネリック医薬品とは、新薬の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品で、日本では後発薬とも呼ばれています。

特許権の存続期間は原則20年間となっており、特許が切れた薬はどこの製薬会社でも同じ成分で作ることが出来るようになります。

ただし、同じ名前で販売することはできないので、成分が全く同じだとしても名前は違うものになります。なのでバイアグラジェネリックの製品名も各社それぞれあるわけです。

そんななか、唯一有効期限に関係なく薬を作っている(作れた)のがインドなのです。



インドの国内法は成分特許を認めていないので、特許が切れた薬と言う概念はなく、インドの国内法において特許が認められていない、特許の適用から外れている医薬品がジェネリック医薬品として生産されているというわけです。

インドで製造された大量のジェネリック医薬品は、値段の安さもあり中東やアフリカなどの貧困国に輸出され、エイズ等に悩む人々の役に立っています。

大手製薬会社の圧力を受け欧米諸国(とくにアメリカ)は新しい法律を作ってインドに対抗しようとしていますが、インドから輸出が出来なくなると貧困国の医療は崩壊してしまうので、強硬に出られない現実があります。

いずれにしても、インドで安いジェネリック医薬品を製造できる恩恵として、個人輸入を活用することによって、バイアグラ等ED治療薬のジェネリックが安く手に入れることができるのです。

このように、インドは国を挙げて製薬事業に力を入れており、競争相手も多いため、ジェネリック医薬品の質(効能や副作用等)に関して事前淘汰の環境があるため、比較的安心できるレベルにある点もおすす
めのポイントです。

バイアグラジェネリックは良いことずくめのようですが、気を付けなければいけないのが「ニセモノ」を購入しないようにすることです。

悪質な個人輸入業者は、格安の「ニセモノ」を購入させ、しばらくするとそのリンクを閉鎖してしまうことを繰り返しています。

値段が極端に安いバイアグラジェネリックは、避けた方が無難です。

ED研究所では「正規品」のみを取り扱う業者を紹介しています。

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)の原因!心因性EDの改善方法

心因性EDは器質性のEDと異なり、若年者層の有病者数も多い厄介な病気です。

勃起不全となる直接の原因が多種多様である為に、治療が難しそうなED症状ですが、バイアグラジェネリックで治療に成功したという方も少なくありません。


原因は千差万別?心因性EDのメカニズム
心因性EDは文字通り、何らかの心的なトラブルにより勃起不全となってしまう症状です。
肉体的な機能に問題が無くとも発症してしまう為に、年齢に関わらず発病のリスクがある病気だと言えます。

この病気の最も厄介なポイントは、原因が人によって異なるという点です。


セックスの相手となる妻や彼女との不和や、早漏など男性機能に対する自信の無さからくる直接的なものだけでなく、経済的な不安や仕事上のトラブル、人間関係の悪化などにより発病することもあります。

 


心因性EDは原因を取り除けと言うけれど…
心因性EDの治療は、原因となる心的なストレスを取り除くことで改善するのが一番の方法です。


ですが、心的ストレスの改善と言うやつは、言葉にすると簡単であっても、現実に実行に移すとなると困難を極めます。

少し考えてみればわかる話です。


成人男性が抱えている悩みの大半は仕事や家庭での悩みや自身肉体的及び精神的な問題に起因する事が多く、解決しようとしても容易にできないものばかり。

そんな時、突然横から「ED改善の為に不安を取り除け!」と言われても一朝一夕での改善は到底不可能だからです。

これはほんの一例ですが、勃起の持続力不足や、中折れ症状を彼女に悟られるのが嫌だという方に、セックスに不安を感じるなと言っても、それは無理な話というものでしょう。

 


バイアグラジェネリックは心因性にも効果アリ!
そこでご紹介したいアイテムが、バイアグラジェネリックです。

バイアグラジェネリックの主成分はPDE5と呼ばれる勃起を妨げる酵素に作用する為に、どちらかと言うと器質性EDの治療に向いた薬だと考えられていますが、実際のところ臨床レベルでは心因性EDに対しても高い効果を発揮している事で知られています。

バイアグラには血管拡張効果もあり、心的な萎縮により血流が妨げられている場合でも正常な勃起を促す効果を有している上に、「バイアグラを利用しているから安心!」という強力な心理的安心感が働き、セックスを成功へと導いているのです。

その為、現実には多くの心因性ED患者がバイアグラジェネリックを使用して改善の実感を得ており、多大な支持を集めています。

費用もジェネリックであるが故に安価であり、コスト的な面でも大きく優位性を発揮してる点も、人気の秘密となっています。

今、最も熱い医薬品だと言っても過言ではないでしょう。

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)の原因!器質性EDの予防方法

予防こそ最大の治療という言葉がありますが、EDにおいてもこれは例外ではありません。特にED症状の場合、ひとたび発症してしまうと治療中のストレスは大きなものになってしまいがち。薬に頼らなくて済む様に、予防に力を入れる事が理想的です。


タバコや食生活!器質性EDを取り巻くあれこれ
器質性EDは何らかの肉体的な原因により、勃起不全となってしまう症状です。主な原因は加齢だけでなく、なんと食生活や喫煙習慣の影響もあると言われています。

中でも、特に注意したいのが喫煙です。喫煙者は非喫煙者と比べて動脈硬化が進行しやすく、これが重症化するとペニス周辺の血流も悪化させてしまう為、必然的に正常な勃起も妨げてしまいます。

また、高脂血症も注意が必要です。脂こいものばかり食べていると、これもまた動脈硬化の原因となってしまいます。動脈硬化や高血圧傾向にある方は、同年齢に比べてEDリスクが約1.8倍に増加するとも言われていますから、注意が必要です。

 


EDになる前に生活習慣の改善を
さて、これらの対象法はいたって簡単、生活習慣を改めるの一言に尽きます。

 

食事に関しては暴飲暴食を避け、規則正しいサイクルで食事を摂るようにすると、体の調子は劇的に改善するでしょう。また、適度な運動習慣を身に着ける事も重要です。肥満や他の健康被害を解消する効果も期待できますから、まさに良い事尽くめです。

なお、喫煙に関しては禁煙する事が理想的ですが、難しいと感じるようであれば、血管の調子を整える精力剤やサプリメントを摂取するのも良いでしょう。

 

健康診断などで注意された方は、是非ED症状を患ってしまう前に実行する事をオススメ致します。

 


バイアグラ治療中も生活習慣に留意を
また、残念ながら既にED症状を患ってしまい治療中という方であっても、生活習慣を改めるとED症状が改善したという事例がいくつも報告されています。

バイアグラは劇的なED改善効果を誇る治療薬ですが、生活習慣からくる動脈硬化そのものを根治させる治療薬ではありません。動脈硬化の原因となっている生活習慣は、自ら改める必要があるのです。

本稿をお読みの方でED症状に悩まされている方は是非、ED治療をすすめる合間に適切な生活習慣を身に着けて見て下さい。若い頃同様の元気な精力を取り戻すことができるでしょう。

 


まとめ
器質性EDの予防は、生活習慣の改善が主な内容です。ED症状の予防だけでなく、動脈硬化や肝臓負担を減らす効果も得られますから、兆候が認められる方は是非実行して見て下さい。

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


女性は注意!彼氏のED(勃起不全)の原因になるかもしれない言葉とは?

セックスは男女の距離をより近くし、お互いの信頼に繋がる大切な行為です。

ところが、セックスが上手く行かないからと彼氏を詰め寄ってしまうのは考えものです。
特にセックスの相性に不満を感じている女性は要注意、貴女の何気ない一言が、彼氏をED(勃起不全)にしてしまうかもしれません。

落胆をストレートに伝えるのは控えましょう
女性としては雰囲気のないセックスや、彼氏の早漏はどうしても不満を感じますよね。

ですが、それらの不満点をストレートに口にするのは控えた方が良いでしょう。

どのような反応を示すかは男性によって千差万別ですが、セックスに対して自信を持っていない男性の場合はED(勃起不全)になってしまいかねません。

「まったく気持ちよくない」「ただ乱暴なだけ」といった直接的な批判は避け<strong>、「○○してくれるともっと気持ち良いかな」や「もう少しエッチな気分になれると興奮するかも」</strong>といった、婉曲的な表現でセックスを誘導してあげるのも一つの手です。

 


最悪!元カレとの比較は絶対NG!
元カレ比べてしまうような言動は、男性に対して最も行ってはいけない行為です。

元カレという彼氏にとって微妙な存在を強く意識させてしまうばかりか、男性としての敗北感や自信の喪失に繋がり、必要以上のダメージを与えてしまいかねません。

前段で述べたストレートに「まったく気持ちよくない」等と伝える以上の深刻な結果を招いてしまいかねませんから、絶対に口にしないようにしましょう。

むしろ、別れたいと考えている時に伝える言葉と言って良いくらいの威力を持っています。

 


応援するつもりがプレッシャーになりかねないフレーズ
最後にご紹介するフレーズが、応援するはずがプレッシャーになっているケースです。

何らかの要因でセックスが上手く行かなかった時に、

 

「次は期待してるね!」や「もっと上手になってよー!」

 

といった言葉を投げかける行為が該当します。

満足の行くセックスをしたいが故の発言ですが、何の解決策も示さずにこういった応援の言葉を投げかけてしまうと、男性にとって大きなプレッシャーとなりかねません。

特に、早漏やED(勃起不全)など問題の所在が明らかな場合は、注意が必要でしょう。

ただし、こういったセックスへの励ましの言葉は、決して一概に悪いと言えない部分も存在します。

従って、

 

「お仕事で疲れちゃってるんだね>」や「抱き合ってるだけでも幸せだよ」

 

といった、優しい言葉と合わせて使用する事で、真実はどうあれ次のセックスに対して男性の意欲向上に繋がるプラスワードへと変貌させる事が可能です。

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2017年度上半期:販売実績ランキング ■バイアグラジェネリック編■

ED治療薬、そのなかでもバイアグラジェネリックは種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のバイアグラジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるバイアグラジェネリックをランキング化します。バイアグラジェネリック選びの一助になれば幸いです。

 



第1位:カマグラゴールド

 

 

カマグラゴールドはインド製バイアグラジェネリックの代名詞ともいえる製品で、ジェネリックなのに偽物が出回るほどの人気を誇ってきたバイアグラジェネリックです。

 

製造会社であるアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社で、従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなどED治療薬ジェネリックの三冠王として君臨。また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。

 

錠剤の形状、使用方法など本家バイアグラを完全コピーした正統派バイアグラジェネリックとして知名度、人気ともに安定の製品です。

 

 

 

 

第2位:カマグラポロ(パイン)

 

 

 

カマグラポロ(パイン)はバイアグラジェネリックの代表格「カマグラ」のラインナップ製品で、噛んで服用するパイナップル味のチュアブルタブレット錠です。

 

パイナップル味のキャンディーなので、飲みやすいという特徴のほか、水分摂取が不要かつ直接口の中で舐めるため即効性、持続性に優れるという優位性があるバイアグラジェネリックです。

 

 

 

 


第3位:ビゴレ

 

 

 

ビゴレ100mgはインドのジャーマンレメディーズ社が製造・販売するバイアグラジェネリックです。

 

ジャーマンレメディーズ社は1949年にドイツのレメディズ株式会社の現地子会社としてインドのムンバイで設立された歴史のある製薬会社です。女性向けヘルスケア、呼吸器ケア、胃腸病、心血管ケア、腫瘍学を専門とし、アゼピン鼻スプレーやオーグメンチンなどが特に知られています。2001年にインド製薬大手のザイダスカディラグループの傘下に入りました。ザイダスカディラは1952年設立と歴史も古く、売上高は約700億超でインドでは売上トップ5に数えられる規模を誇る製薬会社で、バイアグラのジェネリック医薬品だけではなく、製剤、獣医製剤、原薬、OTC薬剤、薬用化粧品など幅広く手掛けています。また基礎研究として、糖尿病、肥満、心血疾患、感染症ワクチン、生物製剤の研究なども行っており、高い研究技術と品質管理を誇ることから、数多くの種類が供給されているインド製バイアグラジェネリックのなかでは定番製品のひとつにあげられます。

 

なお、錠剤は多くのバイアグラジェネリックが本家バイアグラと同じ青い菱形を模すのに対し、ビゴレは赤色と、独自路線なのも興味深いですね(効果に変わりはありません)。

 

 

 


第4位:マイラン社製シルデナフィル

 

 

 


マイラン社製シルデナフィルはアメリカのグローバルジェネリック医薬品メーカーマイラン社が製造するバイアグラジェネリックです。

 

マイラン社は米国発の世界最大手のジェネリック医薬品企業の1社で、売上高は約1兆円、医薬品製造種類約1,400種類に達するなど、ED治療薬だけではなく、抗生剤、抗がん剤、皮膚・アレルギー疾患治療薬、メタボリックシンドローム等の生活習慣病治療剤など、幅広い分野における豊富な製品群を提供しています。

 

ED治療薬分野においては、バイアグラ製造会社のファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結しており、マイラン社がバイアグラジェネリックのシルデナフィルをヨーロッパで販売していました。当製品はその流れを汲むフランス現地法人のフランス・マイラン社が製造販売するバイアグラのジェネリックですので、バイアグラ(ジェネリック)製造の「熟練度の高さ」もお墨付きです。グローバルジェネリック製薬企業ならではの品質と安定供給体制は個人輸入代行を活用したケースにおいても同様の強みと安心材料です。

 

「ジェネリックに不安がある」でも「安く気軽に使いたい」という方のニーズに適したバイアグラジェネリックの代表的製品のひとつです。

 

 


 

 

 

第4位:サンド社製シルデナフィル

 

 

 


サンド社製シルデナフィルは世界第二位のグローバル製薬会社ノバルティス社のジェネリック部門サンド社が製造するバイアグラジェネリックです。

 

やはりノバルティスグループという知名度と安心感が人気の秘訣。

 

そのうえ、サンド社は世界45ヶ国の生産拠点を持ち生産規模が非常に大きいこと、また流通ルートが世界160ヶ国以上あるため流通量も多く、価格もリーズナブルに提供されているので、「ジェネリックに不安がある」でも「安く気軽に使いたい」という方に最適なバイアグラジェネリックです。

 

錠剤が簡単に4分割にできるように凹凸がある特殊形状なのも地味ですが、カット利用者には使い勝手が良いんですよね~

 

 



第6位:アコード社製シルデナフィル

 

アコード・ヘルスケア社製シルディナフィルはイギリスの新興ジェネリック会社アコード・ヘルスケア社が製造するバイアグラジェネリックで、主にEUヨーロッパ市場向けに流通するバイアグラジェネリックとして有名な製品です。

 

成分量はバイアグラジェネリックのグローバルスタンダードである100mgと成分量控えめ(日本の認可成分量)の50mgの2種類があります。

 

製造会社のアコード・ヘルスケアは、イギリスに本拠を持つ、グローバルジェネリック企業の1つであり、ヨーロッパ、EU圏内で最も広範な販売、マーケティング、流通ネットワークを持つ新興製薬会社でEU全体で約5000件の製品承認を取得しています。バイアグラジェネリックは2013年6月より成分名を冠したシルデナフィルを発売。イタリアと英国で発売されたのを皮切りに、フランス、ドイツなど他のヨーロッパ諸国でも発売されており、EU圏内のバイアグラジェネリックの主要サプライヤーとして存在感を高めています。

 

 

 

 

 


第7位:カベルタ

 

カベルタ5はインドでは知らない人はいないといわれるほど有名なサンファーマが手掛けるバイアグラジェネリックです。

 

サンファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)は、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社でインドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。

 

世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。

 

 

 

 

 

 

第7位:カマグラポロ(ストロベリー)

 

 

 

 

カマグラポロ(ストロベリー)はバイアグラジェネリックの代表格「カマグラ」のラインナップ製品で、噛んで服用するストロベリー味のチュアブルタブレット錠です。

 

ストロベリー味(厳密にいうと、イチゴ味にレモン味がコーディング)のキャンディーなので、飲みやすいという特徴のほか、水分摂取が不要かつ直接口の中で舐めるため即効性、持続性に優れるという優位性があるバイアグラジェネリックです。

 

 

 

 

 

第9位:カマグラチュアブル

 

 

カマグラチュアブルは噛んで服用するフルーツフレーバーのチュアブルタブレット錠のカマグラ(バイアグラジェネリック)です。

 

「バナナ」「パイナップル」「オレンジ」「イチゴ」の各味が1箱に1錠ずつ入っており、いろいろなフレーバーを味わうことができます。

 

 

単一フレーバーなら「カマグラポロ」(パインorストロベリー)、さまざまなフレーバーなら、「カマグラチュアブル」という生理ができます。

 

 

 

 

第10位:ブリストル社製シルデナフィル

 

 

 

ブリストル社製シルディナフィルはイギリスの新興製薬会社ブリストル・ラボラトリーズ社が製造するバイアグラジェネリックです。

 

成分量はバイアグラジェネリックのグローバルスタンダードである100mgと成分量控えめ(日本の認可成分量)の50mgの2種類があります。

 

製造会社のブリストル・ラボラトリーズは、英国およびヨーロッパにおけるジェネリック医薬品の開発、製造、マーケティング、流通に従事する英国の急成長製薬企業です。

 

 

※集計期間:2017年4月~2017年9月
※当ランキング掲載以外のバイアグラジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標と

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2017年度上半期:販売実績ランキング■シアリスジェネリック編■

ED治療薬売上ナンバーワンをバイアグラから奪取したシアリス。

 

そのジェネリックは日本ではまだ認可されていないものの、海外では数多くのシアリスジェネリックが流通しています。

 

ただでさえ種類、情報錯そうするED治療薬ジェネリックを巡る情報が、日本で認可されていないことも相まって、より一層混迷を深めているのが、シアリスジェネリックを巡る実態となっています。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のシアリスジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるシアリスジェネリックをランキング化します。

 

 

『本命なき』シアリスジェネリック選びの一助になれば幸いです。



第1位:タドラ20mg

 

 


タドラ20mgは芸術的なパッケージが目を引く、ジャーマンレメディーズ社が製造販売するシアリスジェネリックです。

 

ジャーマンレメディーズ社は1949年にドイツのレメディズ株式会社の現地子会社としてインドのムンバイで設立された歴史のある製薬会社です。女性向けヘルスケア、呼吸器ケア、胃腸病、心血管ケア、腫瘍学を専門とし、アゼピン鼻スプレーやオーグメンチンなどが特に知られています。2001年にインド製薬大手のザイダスカディラグループの傘下に入りました。バイアグラジェネリックの定番製品ビゴレが有名です。ザイダスカディラはインドでは売上トップ5に数えられる製薬会社で、ED治療薬ジェネリックだけではなく、製剤、獣医製剤、原薬、OTC薬剤、薬用化粧品など幅広く手掛けています。また基礎研究として、糖尿病、肥満、心血疾患、感染症ワクチン、生物製剤の研究なども行っており、高い研究技術と品質管理を誇ります。

 

 

 

 


第2位:タダリスSX 20mg

 

 

 


タダリスSXはジェネリックED治療薬の有名会社アジャンタファーマが製造販売するシアリスジェネリックです。

 

製造会社であるアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社で、従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなどED治療薬ジェネリックの三冠王として君臨しています。

 

 

 

 


第3位:タダシップ20mg

 

 

タダシップ20mgはインドのジェネリック医薬品大手のシプラ社製が製造販売するシアリスジェネリックです。

 

シプラはインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。設立は第二次世界大戦前の1935年と、新興製薬会社が多いインドにおいて燦然と輝く歴史と伝統、信頼を重ねてきた製薬会社です。現在では、売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動していますので、ジェネリックに「安心」「信頼」を求めるユーザーにオススメの製品です。

 

 

 



第4位(同率):メガリス20mg

 

 

 

 

メガリス20mgは通常のシアリスジェネリックと大きく異なるポイントを有する、使い勝手に拘ったシアリスジェネリックです。

 

まず第一に、通常のシアリスジェネリックよりも全体的に小ぶりで飲みやすいというと錠剤の形状に関する点。

 

第二に、一般的なシアリスジェネリックと包装が異なり、ビニール部分(銀紙包装)を切って、中の錠剤を取り出すような包装となっています。

 

製造会社のマクレオーズは1986年設立のインドのムンバイに拠点を置く製薬会社です。循環器、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器がんを主要分野に、「確かな品質を手ごろな価格で提供する」をミッションとする製薬会社です。インドでは中堅クラスの製薬会社ですが、インド国内だけではなく現在80ヶ国以上の市場に進出しています。

 

 




第4位(同率):タドリス20mg

 

 

タドリス20mgは水なしで服用できる舌下錠タイプのシアリスジェネリックです。

 

服用から効果が出るまで時間がかかるというシアリスの欠点を補う製品として人気を博しています。

 

舌下錠は錠剤の一種で、舌下に入れて溶かして薬物を口腔粘膜から吸収させるタイプの錠剤です。使用時の注意点としては飲みこまない、噛み砕かないことがあげられます。舌の下に入れて、薬の成分が溶けることで口の粘膜から成分が吸収されます。吸収されてから効果が出るまでが非常に早く、他方、効果持続時間が比較的短いのが特徴です。代表的な製薬製品として狭心症発作時に用いるニトログリセリン錠などがあります。

 

 

 

 

 

第5位:フォーゼスト20mg

 

 

フォーゼストはインド製薬会社最大手サンファーマが手掛けるシアリスジェネリックで安全性、信頼性を追求される方には最適の製品です。

 

製造会社のサンファーマは、1983年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。インドでは売上ナンバーワンの製薬会社であり、世界市場においても第5位のジェネリック医薬品製造企業です。世界150カ国以上の国々を45の製造施設でサポートし50を超える国籍と異文化を持った3万人以上の従業員を抱えています。日本においては2012年に日本法人が設立されており、また第一三共製薬と資本提携関係にあります。グローバルな開発体制と統合システムを通じ、高品質の医薬品を低コストで製造することをミッションとし、世界の医療システムの発展に貢献するとともに患者のニーズに応えることに注力するインドを代表する企業です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

※集計期間:2017年4月~2017年9月
※当ランキング掲載以外のシアリスジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2017年度上半期:販売実績ランキング■勃起不全+早漏(ダポキセチン)防止合剤編■

ED治療成分(シルデナフィル・タダラフィル・バルデナフィル)に早漏防止成分(ダポキセチン)が含まれた合剤は日本ではまだ認可されていないものの、海外では数多くの製品が流通しています。

 

男性の性行為における早漏を防止する成分として早漏防止薬に用いられているダポキセチンですが、もともとは抗うつ剤として用いられていました。うつ病の治療のためダポキセチンを服用していた患者から射精が遅くなるという声が多いことに着目し、早漏防止薬としても開発されるようになったという経緯があります。

 

加齢によるEDや前立腺肥大などの病とともに早漏になってしまう方も多く、2種類の薬を飲む必要がないことから、合剤はとても便利です。

 

一方で、日本国内では認可をされていないことから「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他の合剤と何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたある勃起不全+早漏(ダポキセチン)合剤をランキング化します。

 

 

 

第1位:スーパータダライズ(タダラフィル20mg+ダポキセチン60mg)

 

 

 

スーパータダライズはシアリスジェネリックの成分である「タダラフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。バイアグラジェネリックとダポキセチンの合剤である「スーパーPフォース」の製造会社としても有名です。

 

製造管理も厳重で、WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。

 

効果の持続性と副作用の少なさが特徴のシアリスジェネリック(タダラフィル配合)のほうがバイアグラジェネリックよりも合うという方にオススメの製品です。

 

 

 

 

 



第2位:ダストラ30X(シルデナフィル50mg+ダポキセチン30mg)

 


ダストラ30Xはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤で、成分量が日本基準量(シルデナフィル50mg+ダポキセチン30mg)タイプの錠剤です。

 

製造会社のヘテロ社(Hetero launches Biosimilar)は1993年設立と歴史は新しいものの、カリスマ指導者に率いられ、幅広いブランドジェネリックの開発・製造に強みを有し、200以上の市販製品および150を超えるポートフォリオをもち、とくに抗レトロウイルス薬の最大手のサプライヤーに君臨するなど、一定のプレゼンスを確立しています。また、タミフル製造のライセンスをもつロシュと契約を結び、同成分の薬を製造するなど、高い品質と世界への供給能力を併せ持つインドを代表する新興製薬会社です。

 

ダストラ30Xの最大の特徴は成分量がグローバル基準の他の合剤の半分と日本人に最適な成分量出の提供錠であることです。「グローバル成分量だと効きすぎる」「カットは面倒」というニーズに最適な製品です。

 

 

 

 

 

 

 

 


第3位:スーパーカマグラ(シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg)

 

 

スーパーカマグラはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

「カマグラゴールド」でおなじみのカマグラシリーズの一員であり、ED治療成分(シルデナフィル・タダラフィル・バルデナフィル)に早漏防止成分(ダポキセチン)が含まれた合剤の中では最も知名度が高い製品と言えるでしょう。

 

製造会社のアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。2000年にはインドの株式市場上場。ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。
 

 

 

 

 

 

第4位:サビトラマックス(バルデナフィル20mg+ダポキセチン60mg)

 

 

サビトラマックスは、レビトラと同成分のバルデナフィルに早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のサバ・メディカは2003年設立のインドのアーメダバードを拠点とする新興製薬会社です。設立は新しいものの、幅広い製品をさまざまな地域で効果的に提供するための医薬品のバリューチェーン全体をカバーする製造、マーケティング、小売、流通網を確立させインド発のグローバル製薬ビジネス分野で最も急速に成長している企業の1つとなっています。

 

 

 

 


第5位:スーパーPフォース(シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg)

 

 

 

スーパーPフォースはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。シアリスジェネリックとダポキセチンの合剤である「スーパータダライス」の製造会社でもあります(同ランク第2位)。製造管理も厳重で、WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。

 

勃起力と効果発現までの時間を優先する場合はシアリスジェネリック(タダラフィル配合)よりもバイアグラジェネリック(シルデナフィル配合)のほうが適した製品となります。ご自身のニーズに合わせてご選択ください。

 

 

 

 




※集計期間:2017年4月~2017年9月
※当ランキング掲載以外の製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2017年度上半期:販売実績ランキング■3大ED薬以外編■

早漏防止を含むED治療薬は種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他の製品と何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたある3大ED治療薬以外のED、PE製品をランキング化します。

 

 

第1位:ミューズ(ED治療薬)


ミューズは『尿道注入型』のED治療薬です。

 

バイアグラをはじめとした多くのED治療薬は錠剤タイプですが、ミューズは陰茎の尿道に直接注入する形のED治療薬なので、有効成分が患部に的確に作用する特長をもちます。

 

メリットは大きく3つあります。第一に「即効性」で、注入後およそ5分〜10分で勃起がしやすくなります。

 

第二に「全身的副作用が少ない」ことです。錠剤タイプは成分が全身に渡るため、体中の血流量が向上し、鼻づまりやほてりといった副作用が起こるのが一般的ですが、ミューズは患部(尿道)に直接注入するので効果が限定的で、高血圧などの血管系の病気を持っている方でも安心して使用することができるとされています。

 

そして3つ目が「従来のED治療薬で効果の無かった方にも効果がある」ことです(もちろん個人差があります)。

 

今までのED治療薬がPDE5阻害薬であるのに対し、直接尿道から薬剤を取り込み尿道内部の粘膜から薬剤を吸収する事により陰茎の血管が拡張し勃起性組織である海綿体の血流の流れが良くなることで勃起を促すため、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬で効果のなかったED患者にも効く(作用効果が異なるため)と言う適応例もあります。

 

日本では「自己注射」が一般的ではないなどの理由から認可されていませんが、アメリカでは1996年に勃起不全の治療薬としてFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)により正式に市場販売が認可され、発売以来約100万人に処方されている一般的なED治療薬です(そもそもがジェネリックではありません)。

 

注射と言っても一般的に想像する「針型の注射」ではなく「米粒ほどの小ささの管」を局部に挿入するので手軽に注入でき、痛さも感じません。

製造会社のメダ(MEDA)はスウェーデンに本拠を置く、関節炎や呼吸器系疾患の医療用医薬品が主力のグローバル製薬会社です。2016年2月にジェネリック医薬品世界大手のマイラン社により買収され、傘下に入っています。マイラン社は米国ペンシルバニア州に本拠を置く世界最大級のジェネリック製薬会社で、現在ではアメリカのみならず、イギリス、フランス、日本を始めとする世界140ヵ国で取引されているグローバル製薬会社に成長しています。日本法人としてマイラン製薬株式会社があります。バイアグラ製造会社のファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結しており、マイラン社がバイアグラジェネリックのシルデナフィルをヨーロッパで販売するなどED治療薬との関係も深く、メダ買収により後発薬から医療用医薬品、大衆薬まで広げ、売上高は118億ドル超となっています。

 

 

 

 

 


第2位:ポゼット(早漏症治療薬)

 


ポゼットは「早漏治療」に効果を発揮するプリリジーと同成分のダポキセチンを含有したプリリジージェネリックです。

 

ダポキセチンは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼ばれ、ダポキセチンの日本国内での承認はないものの、男性の性行為における早漏を防止する成分として早漏防止薬に用いられています。

 

もともとダポキセチンは抗うつ剤として用いられていましたが、うつ病の治療のためダポキセチンを服用していた患者からの、射精が遅くなるという声が多いことに着目し、早漏防止薬としても開発されるようになったという経緯を持ちます。

 

現在では、ダポキセチンは世界60ヶ国以上で認可されており、数100万人の早漏症患者に使用されています。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。

 

 

 

 

 


第3位:メシル酸フェントラミン(ED治療薬)

 


メシル酸フェントラミンは第四世代のED治療薬のひとつです。

 

特徴はバイアグラなど従来のED治療薬が効かない人にも効くと言われる効能と、効果が出るまでの時間が15分程度と短期での効果が見込めるため、従来のED治療薬のデメリットである「性行為の○時間前までに服用しなくてはならない」欠点をカバーする製品です。

 

メシル酸フェントラミン酸塩は交感神経拮抗薬に分類される医薬品で、アドレナリン作用を阻害し海綿体平滑筋を弛緩する作用があります。

 

この作用を活用することで大量の血液がペニス海綿体へと流入しやすい環境を生み出し勃起不全症(ED勃起障害)を改善する効果が認められています。

 

今までのED治療薬がPDE5阻害薬であるのに対し、α1受容体ブロックという別なアプローチで作用するため、バイアグラ、レビトラ、シアリスなど他のED治療薬で効果のなかったED患者にも効く(作用効果が異なるため)適応例が示されており、従来のED治療薬で効果がなかった方にはぜひお試しいただきたい製品です。また女性不感症にも有効として評価中です。

 

江蘇省中央製薬株式会社は中国の江蘇省揚州市を本拠とする製薬会社です。前立腺肥大症薬、抗アレルギーおよび心血管薬を主要分野として、GMP認証を通じて米国FDA等の要件に応じた厳格な品質保証システムをベースに厳格な管理がおこなわれています。強力なR&D機能と、科学技術の革新を重視する企業姿勢が高く評価されています。上海証券取引所上場。

 

 

 

 


第4位:ラブグラ(女性版バイアグラ)

 

 

ラブグラはインドのアジャンタファーマ社が製造する女性版バイアグラ「ウーメラ」のジェネリックで、「ピンクカマグラ」の愛称で呼ばれる製品です。

ウーメラはシラーバイオテクノロジーズ社が女性用バイアグラとして、バイアグラと同じシルデナフィル成分配合の医薬品です(現在は製造終了)。シルデナフィルには血管拡張作用があり、バイアグラ(ジェネリック)はこの作用により陰茎への血流量が増え、勃起を促しますが、女性版バイアグラ(ジェネリック)の場合は女性器周辺の血流を増加させることにより、膣分泌液の量が増え不感症を改善するとされています。

 

製造会社のアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。2000年にインドの株式市場上場。非常に多くのED治療薬を開発・販売しており、バイアグラジェネリックの定番製品である「カマグラゴールド」をはじめ、3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅しています。また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。

 

 

 

 


第5位:アンドロペニス・ぺイロニー(ぺイロニー病治療器具)

 

 

アンドロペニスは、アンドロペニス・ゴールドなどのヒット製品を有するアンドロメディカル社が製造販売を行うペニス矯正器具「アンドロペニス」シリーズで、アンドロペニス・ペイロニーは「ペイロニー病によるペニス湾曲」治療に特に焦点を当てた専門モデルです。

アンドロペニス・ぺイロニー登場以前においては、ペイロニー病(ぺロニー病/陰茎硬化症)治療は外科手術が主流でしたが、外科手術後にペニスが最大4cmほど短くなってしまうというリスクがあり、手術を受けた患者の多くが結果に不満を抱いていました。アンドロペニス・ぺイロニーは外科手術のこうしたデメリットを克服する製品で、外科手術につきものである瘢痕拘縮 (瘢痕によって引き起こされる形の変形や、皮膚緊張の増加、もしくはひきつれの状態 )のリスクがなく、短期間、長期間にわたり副作用がない、まさに画期的な製品と言えます。

アンドロペニス・ぺイロニーをペニス弛緩時に装着し、一日4時間〜10時間装着し続け(必要に応じての中断可能)、一ヶ月間で0.5cmのペニス伸長を実現します。装着期間は6ヶ月前後を標準とし、治療終了後、一度回復したペニス伸長は一次的なものではなく、恒久的な伸長となります。アンドロペニス・ぺイロニー利用者の「ペニスの湾曲・屈折」の回復度は70%、装着治療期間は6ヶ月〜8ヶ月となっています。

ペイロニー病の治療に採用される外科手術にはペニスの短縮リスクが伴うため、ヨーロッパの泌尿器科ではすでにアンドロペニス・ペイロニーの使用が推奨されています。しかしながら、日本においてはアンドロペニスシリーズを含む、ペニス増大器具は医療器具として認可されておらず(恐らく今後も)、個人輸入を通じてしか入手が不可能です。

 

 

製造会社のアンドロメディカルは2000年設立のスペインのマドリードを拠点とする男性の性生活改善に重点をおいた泌尿器専門の医療会社です。アンドロペニスを発明した医師として世界的に知られている特許保持者であるDoctor Eduardo A. G?mez de Diego医師を中心に、牽引原理を取り入れたペニス増大器具を世界で初めて製造した会社です。アンドロペニスシリーズは、世界で初めて医療証明書を取得したペニス増大器具となり、豊富な知識と経験から、マーケットリーダーとして認められています。

 

 



※集計期間:2017年4月~2017年9月
※当ランキング掲載以外の製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬

 


2017年度上半期:販売実績ランキング■レビトラジェネリック編■

ED治療薬は種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のレビトラジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるレビトラジェネリックをランキング化します。

レビトラジェネリックのインドでの製造休止の余波を受け、ランキングも大幅に変動することに・・・

 

「即効性」と「確実な効き目」が特徴のレビトラジェネリック選びの一助になれば幸いです。

 

第1位:タダラフィルオーラルストリップ(タズル)
タダラフィルオーラルストリップ(タズル)は、レビトラジェネリックのODフィルム製剤です。

 

ODフィルム製剤は、包装がフィルムで防湿効果に優れたアルミで更にコンパクトなので財布や手帳、名刺入れなどにこっそりと収納して携帯できるため利便性に優れています。錠剤以外のタイプは通常、成分量がグローバル基準のみでの提供が殆どですが、タダラフィルオーラルストリップ(タズル)はレビトラジェネリックのグローバルスタンダード(日本も同様)である20mgと成分量控えめの10mgの2種類があります。

タダラフィルオーラルストリップ(タズル)の製造会社であるジム・ラボラトリーズは1989年設立のインド中部ナグプールを拠点とする製薬会社です。同社は錠剤、カプセル剤、ドライシロップ、ペレット、顆粒、口腔内崩壊剤(ODS)などの経口固体製剤およびプレ製剤(PFI)の研究開発、製造など、革新的なドラッグデリバリーソリューションを提供し、ニッチな製品を生み出しています。これらの製品は、技術的な複雑さと市場の差別化によって特徴付けられ、患者に拡張された製品属性を提供する独特なポジションを確立しています。EU-GMP、WHO-GMP認証、ISO 9001:2008認定企業であり、優れた専門家チームと最先端の設備を備えています。

 

 

 

 

 

第2位:サビトラ

サビトラはインドのサバ・メディカ社が製造販売するレビトラジェネリックです。

 

バリフ製造休止の間に、レビトラジェネリックの代表的存在に上り詰めた的存在の製品です。

 

サビトラの製造販売メーカーであるサバ・メディカは2003年設立のインドのアーメダバードを拠点とする新興製薬会社です。設立は新しいものの、幅広い製品をさまざまな地域で効果的に提供するための医薬品のバリューチェーン全体をカバーする製造、マーケティング、小売、流通網を確立させインド発のグローバル製薬ビジネス分野で最も急速に成長している企業の1つとなっています。

 

 

 


 

 

 

第3位:バリフ
バリフはインドのアジャンタファーマが製造販売するレビトラジェネリックです。バルデナフィル製剤としては最も有名な薬剤で、レビトラジェネリックの代名詞ともいえる存在でしたが、一時発売停止の影響でランキングは下降。

 

バリフの製造販売メーカーはインドのアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。

 

バイアグラジェネリックのカマグラシリーズをはじめとして、非常に多くのED治療薬を開発・販売しており、3大ED治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなど、ED治療薬ジェネリック業界の一大勢力です。また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、心臓病、眼科、呼吸器科、皮膚科分野など、さまざまな分野の医薬品を製造しています。

 


 

 



※集計期間:2017年4月~2017年9月
※当ランキング掲載以外のレビトラジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2016年度下半期:販売実績ランキング ■バイアグラジェネリック編■

ED治療薬、そのなかでもバイアグラジェネリックは種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のバイアグラジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるバイアグラジェネリックをランキング化します。バイアグラジェネリック選びの一助になれば幸いです。



第1位:サンド社製シルデナフィル100mg

 

 

 


サンド社製シルデナフィルは世界第二位のグローバル製薬会社ノバルティス社のジェネリック部門サンド社が製造するバイアグラジェネリックです。

 

やはりノバルティスグループという知名度と安心感が人気の秘訣。

 

そのうえ、サンド社は世界45ヶ国の生産拠点を持ち生産規模が非常に大きいこと、また流通ルートが世界160ヶ国以上あるため流通量も多く、価格もリーズナブルに提供されているので、「ジェネリックに不安がある」でも「安く気軽に使いたい」という方に最適なバイアグラジェネリックです。

 

錠剤が簡単に4分割にできるように凹凸がある特殊形状なのも地味ですが、カット利用者には使い勝手が良いんですよね~

 

 




第2位:カマグラポロ(パイン)100mg

 

 

 

カマグラポロ(パイン)はバイアグラジェネリックの代表格「カマグラ」のラインナップ製品で、噛んで服用するパイナップル味のチュアブルタブレット錠です。

 

パイナップル味のキャンディーなので、飲みやすいという特徴のほか、水分摂取が不要かつ直接口の中で舐めるため即効性、持続性に優れるという優位性があるバイアグラジェネリックです。カマグラポロにはイチゴ味もあるんですが、パイナップル味のほうが人気のようです。

 

また、同フレーバーを含む「バナナ」「パイナップル」「オレンジ」「イチゴ」の各味が入っていて、いろいろなフレーバーを味わうことができる製品がカマグラチュアブルです。

 

 

 

 



第3位:マイラン社製シルデナフィル100mg

 

 

 


マイラン社製シルデナフィル100mgはアメリカのグローバルジェネリック医薬品メーカーマイラン社が製造するバイアグラジェネリックです。

 

マイラン社は米国発の世界最大手のジェネリック医薬品企業の1社で、売上高は約1兆円、医薬品製造種類約1,400種類に達するなど、ED治療薬だけではなく、抗生剤、抗がん剤、皮膚・アレルギー疾患治療薬、メタボリックシンドローム等の生活習慣病治療剤など、幅広い分野における豊富な製品群を提供しています。

 

ED治療薬分野においては、バイアグラ製造会社のファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結しており、マイラン社がバイアグラジェネリックのシルデナフィルをヨーロッパで販売していました。当製品はその流れを汲むフランス現地法人のフランス・マイラン社が製造販売するバイアグラのジェネリックですので、バイアグラ(ジェネリック)製造の「熟練度の高さ」もお墨付きです。グローバルジェネリック製薬企業ならではの品質と安定供給体制は個人輸入代行を活用したケースにおいても同様の強みと安心材料です。

 

「ジェネリックに不安がある」でも「安く気軽に使いたい」という方のニーズに適したバイアグラジェネリックの代表的製品のひとつです。

 

 




第4位:ビゴレ100mg

 

 

 

 

 

ビゴレ100mgはインドのジャーマンレメディーズ社が製造・販売するバイアグラジェネリックです。

 

ジャーマンレメディーズ社は1949年にドイツのレメディズ株式会社の現地子会社としてインドのムンバイで設立された歴史のある製薬会社です。女性向けヘルスケア、呼吸器ケア、胃腸病、心血管ケア、腫瘍学を専門とし、アゼピン鼻スプレーやオーグメンチンなどが特に知られています。2001年にインド製薬大手のザイダスカディラグループの傘下に入りました。ザイダスカディラは1952年設立と歴史も古く、売上高は約700億超でインドでは売上トップ5に数えられる規模を誇る製薬会社で、バイアグラのジェネリック医薬品だけではなく、製剤、獣医製剤、原薬、OTC薬剤、薬用化粧品など幅広く手掛けています。また基礎研究として、糖尿病、肥満、心血疾患、感染症ワクチン、生物製剤の研究なども行っており、高い研究技術と品質管理を誇ることから、数多くの種類が供給されているインド製バイアグラジェネリックのなかでは定番製品のひとつにあげられます。

 

なお、錠剤は多くのバイアグラジェネリックが本家バイアグラと同じ青い菱形を模すのに対し、ビゴレは赤色と、独自路線なのも興味深いですね(効果に変わりはありません)。

 

 



第5位:カマグラゴールド100mg

 

 

カマグラゴールドはインド製バイアグラジェネリックの代名詞ともいえる製品で、ジェネリックなのに偽物が出回るほどの人気を誇ってきたバイアグラジェネリックです。

 

製造会社であるアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社で、従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなどED治療薬ジェネリックの三冠王として君臨。また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。

 

錠剤の形状、使用方法など本家バイアグラを完全コピーした正統派バイアグラジェネリックとして知名度、人気ともに安定の製品です。

 

 



※集計期間:2016年10月~2017年3月
※当ランキング掲載以外のバイアグラジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標と

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2016年度下半期:販売実績ランキング■シアリスジェネリック編■

ED治療薬売上ナンバーワンをバイアグラから奪取したシアリス。

 

そのジェネリックは日本ではまだ認可されていないものの、海外では数多くのシアリスジェネリックが流通しています。

 

ただでさえ種類、情報錯そうするED治療薬ジェネリックを巡る情報が、日本で認可されていないことも相まって、より一層混迷を深めているのが、シアリスジェネリックを巡る実態となっています。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のシアリスジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるシアリスジェネリックをランキング化します。『本命なき』シアリスジェネリック選びの一助になれば幸いです。


第1位(同率):タダリスSX 20mg

 

 

 


タダリスSXはジェネリックED治療薬の有名会社アジャンタファーマが製造販売するシアリスジェネリックです。

 

製造会社であるアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社で、従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなどED治療薬ジェネリックの三冠王として君臨しています。

 

 

 



第1位(同率):タドラ20mg

 

 


タドラ20mgは芸術的なパッケージが目を引く、ジャーマンレメディーズ社が製造販売するシアリスジェネリックです。

 

ジャーマンレメディーズ社は1949年にドイツのレメディズ株式会社の現地子会社としてインドのムンバイで設立された歴史のある製薬会社です。女性向けヘルスケア、呼吸器ケア、胃腸病、心血管ケア、腫瘍学を専門とし、アゼピン鼻スプレーやオーグメンチンなどが特に知られています。2001年にインド製薬大手のザイダスカディラグループの傘下に入りました。バイアグラジェネリックの定番製品ビゴレが有名です。ザイダスカディラはインドでは売上トップ5に数えられる製薬会社で、ED治療薬ジェネリックだけではなく、製剤、獣医製剤、原薬、OTC薬剤、薬用化粧品など幅広く手掛けています。また基礎研究として、糖尿病、肥満、心血疾患、感染症ワクチン、生物製剤の研究なども行っており、高い研究技術と品質管理を誇ります。

 

 

 

 

 


第3位:タダシップ20mg

 

 

タダシップ20mgはインドのジェネリック医薬品大手のシプラ社製が製造販売するシアリスジェネリックです。

 

シプラはインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。設立は第二次世界大戦前の1935年と、新興製薬会社が多いインドにおいて燦然と輝く歴史と伝統、信頼を重ねてきた製薬会社です。現在では、売上高は約1800億円で、インドでは売上第3位の製薬会社です。インド国内ではジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして、国外では発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬の製造でも知られています。従業員は2万人以上、世界35か所の開発施設で「すべての患者のニーズを満たすために技術とイノベーションを活用するグローバルヘルスケア企業になる」をミッションに活動していますので、ジェネリックに「安心」「信頼」を求めるユーザーにオススメの製品です。

 

 

 



第4位:メガリス20mg

 

 

 

 

メガリス20mgは通常のシアリスジェネリックと大きく異なるポイントを有する、使い勝手に拘ったシアリスジェネリックです。

 

まず第一に、通常のシアリスジェネリックよりも全体的に小ぶりで飲みやすいというと錠剤の形状に関する点。

 

第二に、一般的なシアリスジェネリックと包装が異なり、ビニール部分(銀紙包装)を切って、中の錠剤を取り出すような包装となっています。

 

製造会社のマクレオーズは1986年設立のインドのムンバイに拠点を置く製薬会社です。循環器、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器がんを主要分野に、「確かな品質を手ごろな価格で提供する」をミッションとする製薬会社です。インドでは中堅クラスの製薬会社ですが、インド国内だけではなく現在80ヶ国以上の市場に進出しています。

 

 




第5位:アプカリスSXオーラルゼリー20mg

 

 

 

アプカリスSXオーラルゼリーはシアリスジェネリック「タダリスSX」のゼリータイプです。

 

「1週間日替わりで違う味を楽しめる」がコンセプトで7つの味を梱包しています。フレーバーは「オレンジ」「パイナップル」「ストロベリー」「バナナ」「ミント」「バタースコッチ」「カシス」の7種類で、飲みやすく、1袋ずつ小分けタイプになってますので携帯に便利な製品です。

 

アプカリスSXオーラルゼリーはゼリータイプなので錠剤のED治療薬よりも吸収が早く、即効性の劣るシアリスジェネリックの中でも即効性に優位性を有する点からも人気のある商品です。

 

製造会社であるアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなどED治療薬ジェネリックの三冠王として君臨。

 

 

 


※集計期間:2016年10月~2017年3月
※当ランキング掲載以外のシアリスジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2016年度下半期:販売実績ランキング■勃起不全+早漏(ダポキセチン)防止合剤編■

ED治療成分(シルデナフィル・タダラフィル・バルデナフィル)に早漏防止成分(ダポキセチン)が含まれた合剤は日本ではまだ認可されていないものの、海外では数多くの製品が流通しています。

 

男性の性行為における早漏を防止する成分として早漏防止薬に用いられているダポキセチンですが、もともとは抗うつ剤として用いられていました。うつ病の治療のためダポキセチンを服用していた患者から射精が遅くなるという声が多いことに着目し、早漏防止薬としても開発されるようになったという経緯があります。

 

加齢によるEDや前立腺肥大などの病とともに早漏になってしまう方も多く、2種類の薬を飲む必要がないことから、合剤はとても便利です。

 

一方で、日本国内では認可をされていないことから「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他の合剤と何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたある勃起不全+早漏(ダポキセチン)合剤をランキング化します。


第1位:ダストラ30X(シルデナフィル50mg+ダポキセチン30mg)

 


ダストラ30Xはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤で、成分量が日本基準量(シルデナフィル50mg+ダポキセチン30mg)タイプの錠剤です。

 

製造会社のヘテロ社(Hetero launches Biosimilar)は1993年設立と歴史は新しいものの、カリスマ指導者に率いられ、幅広いブランドジェネリックの開発・製造に強みを有し、200以上の市販製品および150を超えるポートフォリオをもち、とくに抗レトロウイルス薬の最大手のサプライヤーに君臨するなど、一定のプレゼンスを確立しています。また、タミフル製造のライセンスをもつロシュと契約を結び、同成分の薬を製造するなど、高い品質と世界への供給能力を併せ持つインドを代表する新興製薬会社です。

 

ダストラ30Xの最大の特徴は成分量がグローバル基準の他の合剤の半分と日本人に最適な成分量出の提供錠であることです。「グローバル成分量だと効きすぎる」「カットは面倒」というニーズに最適な製品です。

 

 

 

 

 

第2位:スーパータダライズ(タダラフィル20mg+ダポキセチン60mg)

 

 

 

スーパータダライズはシアリスジェネリックの成分である「タダラフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。バイアグラジェネリックとダポキセチンの合剤である「スーパーPフォース」の製造会社としても有名です。

 

製造管理も厳重で、WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。効果の持続性と副作用の少なさが特徴のシアリスジェネリック(タダラフィル配合)のほうがバイアグラジェネリックよりも合うという方にオススメの製品です。

 

 

 

 

 

 


第3位:スーパーカマグラ(シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg)

 

 

スーパーカマグラはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

「カマグラゴールド」でおなじみのカマグラシリーズの一員であり、ED治療成分(シルデナフィル・タダラフィル・バルデナフィル)に早漏防止成分(ダポキセチン)が含まれた合剤の中では最も知名度が高い製品と言えるでしょう。

 

製造会社のアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。2000年にはインドの株式市場上場。ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。
 

 


第4位:スーパーPフォース(シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg)

 

スーパーPフォースはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。シアリスジェネリックとダポキセチンの合剤である「スーパータダライス」の製造会社でもあります(同ランク第2位)。製造管理も厳重で、WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。

 

勃起力と効果発現までの時間を優先する場合はシアリスジェネリック(タダラフィル配合)よりもバイアグラジェネリック(シルデナフィル配合)のほうが適した製品となります。ご自身のニーズに合わせてご選択ください。

 

 

 


第5位:シルディグラ スーパーパワー(シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg)

 

 

シルディグラ スーパーパワーはバイアグラジェネリックの成分である「シルデナフィル」に早漏防止成分「ダポキセチン」が含まれた合剤です。

 

製造会社のパレックスファーマシューティカルは、1978年に設立したインドのパンジャブ州を拠点とする製薬会社です。医薬品注射剤、医薬品注射剤シロップおよび医薬用カプセルをメインにGMPの基準に準拠した高品質の製品を提供しています。

 

勃起力と効果発現までの時間を優先する場合はシアリスジェネリック(タダラフィル配合)よりもバイアグラジェネリック(シルデナフィル配合)のほうが適した製品となります。ご自身のニーズに合わせてご選択ください。

 




※集計期間:2016年10月~2017年3月
※当ランキング掲載以外の製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです
 


ED(勃起不全)治療に効果的!バイアグラ,レビトラ,シアリスの違いとは?

日本で手に入れることができるED治療の効果が高いとされている治療薬は、「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」の3種類となっています。

この他にも、EDを治療するために処方される薬剤は多くなっていますが、メインとなるのはこの3種類です。

今回は、この3種類がそれぞれどのような特徴を持っているのかということについて詳しく紹介していきます。


世界で最初に開発されたED治療薬「バイアグラ」の特徴
バイアグラという薬の名称を聞いたことがないという人は少ないと思われます。

バイアグラは、世界で初めて開発されたED治療薬となっていて、世界で最も大きな製薬会社となっているアメリカのファイザー社から発売されて、現在ではバイアグラのジェネリックが多くなり、安価で手に入れることが出来るようになりました。

バイアグラが持っている特徴としては、「勃起力が強い」ということが挙げられます。

他のED治療薬と比べても、勃起を促す効果が強いために、人気があるのが特徴的です。

効果が発揮されるのは服用してから30分ほど掛かります。

持続時間については、効果が発揮されてから5時間〜6時間となっていますので、時間的な余裕は十分にあるということになります。

使用上の注意としては、バイアグラは食事に弱いという性質があり、胃の中に食べ物が入っている状態だと効き目が低いことが挙げられます。

そのため、バイアグラを服用する際には空腹時に服用することが大切です。




世界で2番目に開発されたED治療薬「レビトラ」の特徴
世界で2番目に開発されたED治療薬「レビトラ」は、ドイツのバイエル社から販売された薬剤となっています。

バイアグラと比較した際の大きな違いとしては、食事の影響を受けにくいということが挙げられます。

しかし、満腹時に使用した場合は効き目が低くなってしまうということが特徴的なので、軽食程度に留めておいた方が良いでしょう。

服用してから効果が発揮されるまでの時間については、15分〜45分程度になっていて、3種類のED治療薬の中でも即効性があることが特徴的です。

効果の持続時間についてはバイアグラと同様に5時間〜6時間程度になっています。

レビトラの効果に関する特徴としては、勃起を促すということも当然ですが、刺激に対して鈍感になるということが挙げられますので、射精までの時間が延長することが特徴的です。

そのため、EDだけではなく、早漏対策としても服用される傾向にあります。

 


日本で最も手に入りやすいED治療薬「シアリス」の特徴
シアリスは日本で最も手に入りやすいED治療薬となっています。

3種類のED治療薬の中では、最もゆっくりと効き始めるために、即効性というものはありません。

効果が発揮されるまでの時間については、服用してから1時間〜2時間程度になっていて、性行為をするまでの時間の調整が難しくなっています。

しかし、シアリスは効果持続時間が長くなっていることが特徴的で、おおよそ24時間〜36時間となっています。

バイアグラやレビトラと比べると、効き方がマイルドということもあり、自然な勃起を実感することが出来るために、多くの日本人が愛用しているED治療薬となります。


まとめ
日本で一般的に服用されているED治療薬は、こちらで紹介した3種類となっています。

それぞれ効果や持続時間、効果が発揮されるまでの時間などが大きく異なりますので、自分の状況に合わせて最適なED治療薬を服用することが重要になります。

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2016年度下半期:販売実績ランキング■3大ED薬ジェネリック以外編■

早漏防止を含むED治療薬は種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他の製品と何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたある3大ED治療薬以外のED、PE製品をランキング化します。

 

 

第1位:ミューズ(ED治療薬)


ミューズは『尿道注入型』のED治療薬です。

 

バイアグラをはじめとした多くのED治療薬は錠剤タイプですが、ミューズは陰茎の尿道に直接注入する形のED治療薬なので、有効成分が患部に的確に作用する特長をもちます。

 

メリットは大きく3つあります。第一に「即効性」で、注入後およそ5分〜10分で勃起がしやすくなります。

 

第二に「全身的副作用が少ない」ことです。錠剤タイプは成分が全身に渡るため、体中の血流量が向上し、鼻づまりやほてりといった副作用が起こるのが一般的ですが、ミューズは患部(尿道)に直接注入するので効果が限定的で、高血圧などの血管系の病気を持っている方でも安心して使用することができるとされています。

 

そして3つ目が「従来のED治療薬で効果の無かった方にも効果がある」ことです(もちろん個人差があります)。

 

今までのED治療薬がPDE5阻害薬であるのに対し、直接尿道から薬剤を取り込み尿道内部の粘膜から薬剤を吸収する事により陰茎の血管が拡張し勃起性組織である海綿体の血流の流れが良くなることで勃起を促すため、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬で効果のなかったED患者にも効く(作用効果が異なるため)と言う適応例もあります。

 

日本では「自己注射」が一般的ではないなどの理由から認可されていませんが、アメリカでは1996年に勃起不全の治療薬としてFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)により正式に市場販売が認可され、発売以来約100万人に処方されている一般的なED治療薬です(そもそもがジェネリックではありません)。

 

注射と言っても一般的に想像する「針型の注射」ではなく「米粒ほどの小ささの管」を局部に挿入するので手軽に注入でき、痛さも感じません。

製造会社のメダ(MEDA)はスウェーデンに本拠を置く、関節炎や呼吸器系疾患の医療用医薬品が主力のグローバル製薬会社です。2016年2月にジェネリック医薬品世界大手のマイラン社により買収され、傘下に入っています。マイラン社は米国ペンシルバニア州に本拠を置く世界最大級のジェネリック製薬会社で、現在ではアメリカのみならず、イギリス、フランス、日本を始めとする世界140ヵ国で取引されているグローバル製薬会社に成長しています。日本法人としてマイラン製薬株式会社があります。バイアグラ製造会社のファイザーとジェネリック医薬品普及に向けた長期戦略的業務提携を締結しており、マイラン社がバイアグラジェネリックのシルデナフィルをヨーロッパで販売するなどED治療薬との関係も深く、メダ買収により後発薬から医療用医薬品、大衆薬まで広げ、売上高は118億ドル超となっています。

 

 

 

 

 

 


第2位:ポゼット(早漏症治療薬)

 


ポゼットは「早漏治療」に効果を発揮するプリリジーと同成分のダポキセチンを含有したプリリジージェネリックです。

 

ダポキセチンは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼ばれ、ダポキセチンの日本国内での承認はないものの、男性の性行為における早漏を防止する成分として早漏防止薬に用いられています。

 

もともとダポキセチンは抗うつ剤として用いられていましたが、うつ病の治療のためダポキセチンを服用していた患者からの、射精が遅くなるという声が多いことに着目し、早漏防止薬としても開発されるようになったという経緯を持ちます。

 

現在では、ダポキセチンは世界60ヶ国以上で認可されており、数100万人の早漏症患者に使用されています。

 

製造会社のサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies)は、1995年設立されたインドのアフマダーバードを拠点にしている新興製薬会社で、インドにおいて最も急成長している製薬会社の一つです。サンライズレメディーズが製造するED治療薬や女性用医薬品は手頃な価格で販売され、高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、IT投資を重視する姿勢や仏教におけるアーユルヴェーダ(五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療)の原則に従って良心的な運営を志すとしている企業としても有名です。

 

 

 

 

 


第3位:メシル酸フェントラミン(ED治療薬)

 


メシル酸フェントラミンは第四世代のED治療薬のひとつです(ジェネリックではありません)。

 

特徴はバイアグラなど従来のED治療薬が効かない人にも効くと言われる効能と、効果が出るまでの時間が15分程度と短期での効果が見込めるため、従来のED治療薬のデメリットである「性行為の○時間前までに服用しなくてはならない」欠点をカバーする製品です。

 

メシル酸フェントラミン酸塩は交感神経拮抗薬に分類される医薬品で、アドレナリン作用を阻害し海綿体平滑筋を弛緩する作用があります。

 

この作用を活用することで大量の血液がペニス海綿体へと流入しやすい環境を生み出し勃起不全症(ED勃起障害)を改善する効果が認められています。

 

今までのED治療薬がPDE5阻害薬であるのに対し、α1受容体ブロックという別なアプローチで作用するため、バイアグラ、レビトラ、シアリスなど他のED治療薬で効果のなかったED患者にも効く(作用効果が異なるため)適応例が示されており、従来のED治療薬で効果がなかった方にはぜひお試しいただきたい製品です。また女性不感症にも有効として評価中です。

 

江蘇省中央製薬株式会社は中国の江蘇省揚州市を本拠とする製薬会社です。前立腺肥大症薬、抗アレルギーおよび心血管薬を主要分野として、GMP認証を通じて米国FDA等の要件に応じた厳格な品質保証システムをベースに厳格な管理がおこなわれています。強力なR&D機能と、科学技術の革新を重視する企業姿勢が高く評価されています。上海証券取引所上場。

 

 

 


第4位:スペマン60錠


スペマン60錠は、『精子量減少の改善』効果が期待できる天然ハーブ配合のサプリメントです。

 

アーユルベーダ処方による成分配合により、前立腺や精嚢、精巣、陰茎など男性器の機能をケアし、健康な精子生産および精子の運動性をサポートしますので、不妊対策としてもおすすめです。

 

製造会社のヒマラヤドラッグカンパニー(Himalaya Drug Company)は、ハーブ研究の分野で1930年創業の歴史を持つインドのバンガロールを拠点とする老舗サプリメーカーで、アーユルベーダ処方によって配合された天然ハーブサプリを数多く生産。心・精神・肉体の調和やバランスを考えて健康を維持する自然療法で、数百種の薬用植物を原料に製造されている歴史ある商品を多く輩出しています。今日、ヒマラヤブランドは「安全で効果的なハーブ製品」と同義であると言われるほどです。ヒマラヤの創始者は、森で植物が象に与える影響に魅了され、ハーブの特性を科学的にテストしたいと考えたのが始まりとされています。「伝統的なインドのアーユルヴェーダ科学を現在の形で社会にもたらす」をビジョンに掲げ、ハーブ製品が懐疑的と見なされた当時において、ハーブの治癒力に対する創業者の信念は不変だっといいます。1999年にはブランド名「アーユルヴェーダ・コンセプト」のもとでパーソナルケア・セグメントに参入するなど、現在では全世界90カ国以上で事業を展開し従業員500名以上、同社の製品は世界中の40万人の医師によって処方、何百万人もの健康とパーソナルケアのニーズを満たすグローバルヘルスカンパニーです。

 

 

 

 


第5位:テストRX

 


テストRX(Test RX)は、加齢による性欲の低下や筋肉量の低下などを改善する働きが期待できる男性向けサプリメントです。

 

テストステロンの分泌を促す成分を多数配合することでテストステロンを増やし、性欲の強化をはじめとする体全体の健康サポートが期待できます。いつまでも若々しく、活力に満ち、「女性にもてたい」「健康でありたい」男性にオススメのサプリメントです。

 

テストRX(Test RX)はあのアマゾンでも購入することができますが、輸入代行を活用することで、断然安く購入することができます。

 

製造会社のリーディングエッジヘルス(Leading Edge Health)は米国テネシー州を拠点とする天然サプリメントに拘った自然健康補助食品製造メーカーです。特徴として、「老化」「リビドー」「脱毛」など、利用者が若々しく活気に満ちていることを支援する、高品質のアンチエイジング、スキンケア、性的健康製品を提供しています。

 

 

 

 



※集計期間:2016年10月~2017年3月
※当ランキング掲載以外の製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


2016年度下半期:販売実績ランキング■レビトラジェネリック編■

ED治療薬は種類も多く、さまざまな媒体から数多くの情報が氾濫しているのが実態です。

 

このような環境下で、「自分に合った製品はどれ?」「実際何を買えばよいの?」「他のレビトラジェネリックと何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

 

本人にとって最適な製品は健康状態と言う個人差が大きいなかでは明確な回答を得ることはできません。

 

ですが、本稿では実際に入手可能なPOS販売実績データをもとにあまたあるレビトラジェネリックをランキング化します。

 

「即効性」と「確実な効き目」が特徴のレビトラジェネリック選びの一助になれば幸いですが、データではバイアグラジェネリックやシアリスジェネリックと異なり、まさに『1強』が圧倒的という結果に・・・。



第1位:バリフ
バリフはインドのアジャンタファーマが製造販売するレビトラジェネリックです。

 

バイアグラやシアリスに比べジェネリック流通数が少ないバルデナフィル製剤としては最も有名な薬剤で、レビトラジェネリックの代名詞ともいえる存在です。

 

バリフの製造販売メーカーはインドのアジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。

 

バイアグラジェネリックのカマグラシリーズをはじめとして、非常に多くのED治療薬を開発・販売しており、3大ED治療薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅するなど、ED治療薬ジェネリック業界の一大勢力です。また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、心臓病、眼科、呼吸器科、皮膚科分野など、さまざまな分野の医薬品を製造しています。

 


 

 

第2位以下:基準数未満のためランキング対象外
現状、『レビトラジェネリック=バリフ』が絶対王者として君臨。次回調査以降、新たなチャレンジャーが登場するか楽しみにしたいと思います。


なお、次回の期待としては、『タダラフィルオーラルストリップ(タズル)』に注目しています。タダラフィルオーラルストリップ(タズル)はODフィルム製剤で、薄く携帯性に優れているのが最大の特徴です。ODフィルム剤は包装がフィルムで防湿効果に優れたアルミで更にコンパクトなので財布や手帳、名刺入れなどにこっそりと収納して携帯できるため利便性に優れています。錠剤以外では調整しにくい成分量もレビトラジェネリックのグローバルスタンダード(日本も同様)である20mgと成分量控え目10mgの2種類が選択できる点も利用者ニーズに適した進化系レビトラジェネリックです。

 

 



※集計期間:2016年10月~2017年3月
※当ランキング掲載以外のレビトラジェネリック製品が人気がないというわけではございません。あくまでも一つの参考指標として提示するものです

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


マイルドな持続性が特長!シアリス(ジェネリック)服用の際の注意点

 

シアリスは三大ED治療薬の中でも、効果の持続時間が桁違いに長くなっていることが特徴的です。

また、ある程度の食事に関しては効果の変動がないということでも知られていますので、使い勝手が良い薬でもあります。

今回は、そんなシアリス及びシアリスジェネリックを服用する際の注意点について詳しく紹介していきます。
 

 


シアリス(ジェネリック)を服用する際の時間に関する注意点
シアリス(ジェネリック)は服用するタイミングが難しいED治療薬でもあります。

効果が発揮されるのは、服用してから3〜4時間後となっていますが、服用するときの体調によって効果が変動しますので、おおよそ1時間〜4時間程度になってしまいます。

空腹時に服用することによって効果が発揮されるタイミングが早くなりますので、何度か服用してみて、体調とタイミングを掴むことが重要です。

作用時間については、効果が発揮されてから24時間〜36時間程度になっていて、週末に服用すれば週明けまで効果が持続するためにウィークエンドピルとも呼ばれています。

連続で服用するタイミングについてですが、シアリス(ジェネリック)の場合は1日1回までの服用が原則となっていて、前回に服用してから24時間以上空けることが大切です。

 

 

 

服用時の食事や飲酒に関する注意点
シアリス(ジェネリック)は、食事の影響を最も受けにくいとされているED治療薬です。

ただし、注意点がいくつかありますのでその点について紹介していきます。

シアリス(ジェネリック)は食事の影響を受けないとされていますが、800キロカロリーという制限があります。

800キロカロリーというとイメージすることが難しいかもしれませんが、簡単な軽食程度だと判断してもらえれば問題ありません。

最近の飲食店ならメニュー表にカロリー表記がされているケースも多くなっていますので、そちらを計算して摂取するのも良いかもしれません。

800キロカロリーの制限の中に収まっていた場合でも、油分の多い食事をした場合は、薬の効果が減少してしまうことも考えられますので、基本的にはあっさりメニューで食事をすることが重要です。

 

 


シアリスは自然な勃起を促すED治療薬となっているために矯正力は低い<
シアリス(ジェネリック)の特徴としては、自然な勃起を促すということになっています。

そのため、射精後も勃起が続くというような強い勃起力を得ることが出来るタイプのED治療薬ではありませんので、シアリス(ジェネリック)の効果を実感することが難しいと感じている人も多くなっています。

また、ED治療薬を服用するとわずかな性的刺激でも勃起するようになりますが、シアリス(ジェネリック)の場合は、それほど強い勃起力を得られるということではありませんので、「思っていたよりも勃起することが出来なかった」と嘆いてしまう男性が多くなっています。

また、効果が発揮されるまでに時間がかかることも多いために、効果が発揮されているのか分からないというケースも多いです。

そして、糖尿病や高血圧症などの疾患がある場合は、効き目が低くなってしまう可能性もありますので、その点に関しても注意するようにして下さい。

あくまでもシアリス(ジェネリック)は、自然な勃起を促すED治療薬となっていますので、不自然な勃起をしないということがメリットでもありデメリットでもあるということになります。

 

 


まとめ
シアリス(ジェネリック)は使い勝手の良い点もありますが、悪い点もあります。

上手く活用することによって自分の状況をコントロールすることも可能になっていますが、慣れない間はシアリス(ジェネリック)の悪い面ばかり見えてしまうこともありますので、シアリス(ジェネリック)を服用する場合は、何度か服用してシアリス(ジェネリック)を使う状況に慣れることが重要になります。

特にシアリス(ジェネリック)は効果が発揮されるまでの時間が長くなっていますので、性行為をするまでの雰囲気作りが大切です。

 


シアリス関連商品はこちらから

シアリスジェネリックはこちら ⇒ シアリスジェネリックの紹介

 

※インド製薬最大手サンファーマ社製のシアリスジェネリック「フォーゼスト」

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)治療に効果的!レビトラジェネリック服用の際の注意点

バイアグラと似た特徴のバルデナフィル成分配合のレビトラは一般的なED治療薬の中でも、即効性が高く、食事の影響を受けにくいために、食事をしてから服用することも可能な薬となっています。

レビトラを摂取する際にも注意しなければいけないことがありますので、今回はレビトラ及びレビトラジェネリックを服用する際の注意点について詳しく紹介していきます。


レビトラ(ジェネリック)を服用する際の時間に関する注意点
レビトラ(ジェネリック)は、服用してから効果が発揮されるまでの時間が短くなっていることが特徴的です。急な対応にはもってこいですね^^

空腹時に服用した場合は、服用してから15分〜30分ほどで効果が発揮されることになり、軽食を摂った後に服用した場合でも1時間ほどで効果を発揮することになります。

作用時間については、レビトラ(ジェネリック)10mg錠を服用するかレビトラ(ジェネリック)20mg錠を服用するかによって異なりますが、10mg錠の場合は4〜5時間程度、20mg錠の場合は8時間〜10時間ほど作用するということになります。

勘違いされやすいのが、20mg錠を服用することによって10mg錠よりも強い勃起力を得ることが出来ると思っている人が多いですが、作用時間や副作用の度合いが変わるというだけとなっていて、10mg錠で効果を得ることが出来る人の場合は、20mg錠を服用しても効果が強くなるということはありません。

レビトラ(ジェネリック)の服用は、1日1回を原則として、前回に服用してから最低でも24時間は空けるようにして下さい。

 

 

食事の影響を受けにくいとされているレビトラ(ジェネリック)の食事に関する注意
レビトラ(ジェネリック)は食事の影響を受けにくいとされているために、食事をしてから服用することも可能なED治療薬になっています。

ただし、あくまでも食事の影響を受けにくいだけで受けないということではありませんので、どのような食事をすることが出来るのかということも知っておかなければいけません。

レビトラ(ジェネリック)は、バイアグラ(ジェネリック)に比べると食事の影響を受けにくいというだけで、食事をしてもレビトラ(ジェネリック)の効果を十分に得ることが出来るということではありません。

レビトラ(ジェネリック)を服用する際に、摂取しても良い食事の内容については基本的に油分の少ないメニューになっています。

油分というのは、胃の粘膜をコーティングする性質がありますので、レビトラ(ジェネリック)の中に含まれている成分の吸収を阻害する働きがあります。

また、油分が少ない食事でも満腹になってしまうと薬の成分が吸収されなくなってしまうので、あくまでも軽食に留めておくことが大切になります。

 


服用前には、健康状態や病気に関してのチェックを
レビトラ(ジェネリック)を服用する前には、自身の健康状態をチェックしなければいけません。

健康な状態ならレビトラ(ジェネリック)の服用に関して問題がありませんが、血糖値やコレステロール値が高い場合、または糖尿病の可能性がある方、身体が大きい人、肥満の方や高血圧症の方などの場合はレビトラ(ジェネリック)10mgを服用しても効果を得られない可能性があります。

このような場合には、レビトラ(ジェネリック)20mgを服用することになりますが、このような場合には、頭痛や動悸などの副作用も強くなる傾向にありますので、疾患を抱えている人の場合は服用することが出来ないこともあります。

特にレビトラ(ジェネリック)は血管に作用するED治療薬となっていますので、血管に関する疾病を患っている場合は服用できないケースも多くなっていますので注意して下さい。

 

 

まとめ
レビトラ(ジェネリック)は即効性が高いために、その場の雰囲気で服用するかどうかを決めることが出来るED治療薬でもあります。

ED治療薬を服用したのに行為をすることが出来なかったというのは悲しい状況になりますので、行為をする数十分前に服用すれば良いレビトラ(ジェネリック)は多くの人に愛用されています。

また、レビトラ(ジェネリック)を服用する際には、適度な飲酒をすることによって血行促進の効果を得ることも出来ますので、より早い作用を期待することが出来ます。

 

 

レビトラ関連商品はこちらから

 

レビトラジェネリックを確認する ⇒ レビトラジェネリックの製品情報はこちら

 

 


アジャンタファーマはどんな製薬会社?

 

 

アジャンタファーマは1973年に設立されたインドのムンバイを拠点にしているグローバル製薬会社です。

 

従業員は世界で6000人超にのぼり、世界40カ国以上で多くの製品を販売しています。2000年にインドの株式市場上場。非常に多くのED治療薬を開発・販売しており、3大ED治療薬といわれる「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅しているのはアジャンタファーマのみです。

 

また、ED治療薬以外にもジェネリック薬品の開発・販売を行っており、技術発展のイノベーションを通じて世界に必要とされている医療技術を提供するという崇高なミッションを掲げている注目度の高い製薬会社です。



設立
1973年

本拠地
インド・ムンバイ

特徴
ED治療薬に強く「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」すべてのジェネリック製品を網羅している

 

 

WEBサイト(英語)

アジャンタファーマ社HP(外部サイトへリンク)

 

株価情報
アジャンタファーマ株価情報(外部サイトへリンク)

主な製品

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ジェネリック医薬品の値段が安い理由とは?

 

ジェネリック(Generic)という言葉は、英語で「一般的な」という意味で、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品の事を指します。

たとえば、みなさんご存知の「バイアグラ」ですが、これは商品名です。医薬業界では、この薬は「シルデナフィル配合」という一般名で理解されています。

「シルデナフィル配合」という一般名をもつ薬は、バイアグラ以外にも(現在までに)何百種類も発売されており、成分はまったく同じなのです。

たとえば、当サイトでも紹介している「カマグラゴールド」「ビゴレ」は商品名ですが、成分は「バイアグラ」と同じ「シルデナフィル配合」なのです。


ジェネリックのメリットは?
「シルデナフィル配合」という一般名が同じであれば、商品名が異なっても薬効成分は全く同じです。

商品名が違うということは、発売メーカーと価格が異なるということを意味します。

一般に薬は、一番初めに開発されてものに最も高い価格が付けられています。考えてみれば当たり前のことです。その薬が生まれるまでには、多額の商品開発費用が投入されているのですから、それらの経費が価格に上乗せされることで、その先行投資を回収できるのです。

また、その長年の商品開発の対価として、20年~25年の専売特許が与えられます。
つまり、類似品が作られないよう法律で保護されているのです。ですので、バイアグラのことを先発薬といいます。

特許が切れると、他社も同じ成分で薬を製造することが可能となります。その結果、生まれてくるのがジェネリック、つまり後発薬なのです。

 


ジェネリックの価格が安い理由は?
ひとつの医薬品が誕生するまでには、長期にわたる研究期間と莫大なお金が必要となります。

しかし、ジェネリック医薬品は先発薬と同じ成分を使って製造するので、開発のための時間やお金が少なくてすみます。

また、薬としての承認手続きも先発薬に比べて簡素化されているので、その分価格を安くすることができるのです。

薬の種類にもよりますが、バイアグラジェネリックはバイアグラの5割〜9割安というお得な価格になっています。

日本でいうと、一般に医療費は「診察料+薬剤料」で構成されますが、薬剤料は総額のおよそ2割を占めています。いくら健康保険が利いて自己負担は3割だと言っても、薬剤料が減ることで医療費全体が安くなるというメリットがあります。


新薬の開発費用は?
薬の開発には長期にわたる研究期間と莫大なお金が必要といいました。実際どれくらいかかると思いますか?

一つの新薬の開発には150億円〜200億円という多額の費用がかかると言われています。開発に必要な時間も10年〜20年と長期間にわたります。

さらには、薬効成分になりそうな化合物を発見しても、それが新薬になる可能性は4000分の1以下の確率だと言われています。

開発後も発売国の役所(日本であれば厚生労働省)の認可を得るために、動物実験に5年前後、人体での確認試験に5年前後、そして審査に2〜3年かかると言われています。

こうしたコストをもとに先発薬の価格は決められます。

バイアグラを開発したのはアメリカのファイザー社です。

ファイザー社は研究開発費に毎年9000億円近くを投下しているそうですが、ファイザー本体からの新薬は1998年のバイアグラ以来登場しておらず、経営は低迷傾向にあります。

新薬開発がいかに大変かを物語るエピソードですよね。

一方のジェネリック医薬品は、先発薬と同じ薬効成分を使って製造されます。

先発薬ですでに薬の効き目や安全性が確かめられているので、研究開発の費用も少なく、期間も短くて済みます。

発売するまでの審査手順も、先発薬と比べると短期間で済むため、製薬会社各社はバイアグラのような「ニーズが莫大にあり、売れることがわかっている」ジェネリック医薬品を競って製造・販売しているのです。

副作用や飲みやすさが改良されて発売されるものも
ジェネリック医薬品の効き目は、新薬とほぼ同じです。効き目をもたらす薬効成分も新薬と全く同じものです。

バイアグラ100mgは「シルデナフィル100mg配合」でビゴレ100mgも「シルデナフィル100mg配合」です。

でも、何から何まですべてが新薬と同じものではありません。

先発薬について、ユーザーの意見や要望を聞いたうえで、副作用が出にくいように改良(基準範囲内含有の添加剤の調整など)したり、錠剤を小さくして飲みやすいものにしたり、錠剤以外の形状にするなど、従来品より進化していくものもあります。


♪勃起不全に早漏防止成分を追加配合したスーパーカマグラ

♪錠剤ではなく、フルーツ味のキャンディタイプのカマグラチュアブル

♪錠剤ではなく、フルーツ味のゼリータイプの"カマグラオーラルゼリー

♪錠剤ではなく、フルーツ味の水に溶かして飲むタイプのカマグラエファーバセント

♪錠剤ではなく、ストリップ形状のノボシルオーラルストリップ

などなど各社それぞれの工夫をして、ユーザー獲得競争をしているのです。


ジェネリック医薬品独自の試験もある
ジェネリック医薬品は先発薬と同じ薬の成分を使って製造されているので、薬の効き目もほとんど同じです。

しかし、成分が同じでも、身体の中で薬の成分が溶け込むスピードやパターンが先発薬と違っていてはそもそも後発薬とは言えなくなります。

そこで、ジェネリック医薬品の開発には厳重な試験が課せられることになっています。

詳細は国により異なるのですが、ひとつは健康な人に先発薬とジェネリック医薬品を飲んでもらい、血液の中に薬の成分が溶け込むスピードや溶け方が同じかどうかを調べる試験です。

もうひとつは、身体の中と同じ条件にした試験管の中で、薬の成分が溶け出すスピードやパターンが先発薬と同じかどうかを調べるものです。

さらには、気温や湿度に影響されず品質が保てるか、長期間保存しても変化しないかを調べる安定性試験もあります。

これらの試験に合格して初めて、その国で発売してもよいというゴーサインが出るのです。こうした厳しい試験制度によって、ジェネリック医薬品の品質は一層向上し、信用もぐんと増してきているのです。

日本以外ではジェネリック医薬品がメインで使われている
全世界に目を向けると、ジェネリック医薬品の占める割合が高い国のベスト3はアメリカ(84%)、ドイツ(76%)、イギリス(75%)で、当サイトでも多く紹介しているインドの製薬会社はこれらの国を主要顧客として想定して商品開発を進めています。

日本は23%とまだまだ低い割合で、ジェネリック医薬品の使用では発展途上にある国で、インドの製薬会社が日本の厚生労働省の認可を受けずに、日本で利用する場合には個人輸入という形でしか商品を手にすることができない理由がここにあります。

アメリカが世界で最もジェネリック医薬品の普及率が高い理由の一つに、日本のような国民皆保険制度が無いことが挙げられます。

保険未加入者はおよそ5000万人(!)も存在しており、少しでも医療費を安く抑えるために、ほとんどの人がジェネリック医薬品を選ぶのです。

さらに、アメリカには代替調剤制度と呼ばれる制度があります。これは、患者が希望した場合に限り、医師が処方した薬を薬剤師が同一成分のジェネリック医薬品に変更出来る制度の事です。

またアメリカでは、FDA(食品医薬品局。日本でいうところの厚生労働省)がジェネリック医薬品の品質を保証するリストを掲載したオレンジブックを発行するなど、アメリカでは国全体でジェネリック医薬品への移行が推進されているため、普及率が高くなっているのです。

ドイツでは、参照価格制度と呼ばれる制度が実施されています。

この制度とは、成分と効能が同じ薬をグループ分けし、参照価格を設定して、その価格までが保険で支払われる範囲となる制度です。

簡単に言えば、先発薬とジェネリック医薬品があった場合、保険が適用されるのはジェネリック医薬品だけで、先発薬を使う場合はほぼ自己負担になるという事です。

そのため、患者のほとんどがジェネリック医薬品を選択し、普及率も上がっているのです。

また、イギリスでは国を挙げてジェネリック医薬品の普及を進めています。

その政策の一つが一般名処方制度です。医師が薬を処方する際、バイアグラと記述していれば、薬剤師はそのままバイアグラを出さなければなりません。ですが、医師がシルデナフィルと書いていた場合は、薬剤師はシルデナフィルの成分を持った薬を自由に調剤出来るのです。

現在のイギリスでは、医師は一般名を使うのが主流になっており、結果としてジェネリック医薬品が多く処方されているのです。

このように、世界各国ではジェネリック医薬品の普及率を上げるためのさまざまな制度が設けられています。

これらジェネリック医薬品先進国と比較すると、日本はまだまだジェネリック医薬品を普及させる制度が不十分なのが実状のようですね。

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED治療薬、4割が偽造品 販売サイト調査

国内でED治療薬を製造・販売しているファイザー、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの4社は、ネットで購入した医薬品の真贋調査の結果を発表しました。⇒ファイザー社プレスリリースはこちら

 

 

国内で勃起障害(ED)治療薬を製造・販売する製薬4社は24日、インターネットで販売されるED薬を調べたところ4割が偽造品だったと発表した。偽造品には不純物が混じっていたり、有効成分が過剰に入っていたりするケースもあり、健康被害も懸念されるという。EDの潜在的な患者数は国内で1130万人と推計され、ネット経由での偽造品の流入が深刻化している。

 

EDの潜在的な患者数が国内で1130万人ということですが、男性成人人口がおおよそ5,348万人ですから、約20%の方が潜在を含めたEDに関して悩みを抱えていることになりますね。。。

 

 

国内および日本への流入量の多いタイの販売サイトから米ファイザーの「バイアグラ」など計70サンプルを仕入れ、成分を調べた。偽造品には有効成分が通常の1.5倍も含まれる製品もあり、服用すると低血圧などの症状が出るという。ED治療薬は症状の性質から医師への相談・処方を敬遠する人が多く、ネット販売に手を伸ばす人が後を絶たない。世界保健機関(WHO)は偽造医薬品の世界での流通額を650億ドル(およそ7兆3000億円)超と推計する。

 

ED治療研究所では適正な情報提供及び、信頼できる個人輸入代行業者のみを紹介しております。このような悪質サイト、悪質業者が一掃されるような日が来ることを祈念しております。



ニュースタイトル:ED治療薬、4割が偽造品 販売サイト調査 (日本経済新聞) 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)て?自信喪失するのは彼氏?彼女?

ストレス社会に晩婚化…日本社会を取り巻く様々な環境変化に伴い、ED彼氏は日々増加傾向にあります。

ペニスが全く勃たなくなり(勃起不全)、男性としての自信を根底から覆すED症状ですが、そんな「ED彼氏」を女性はどう思っているのでしょうか。


私に魅力がないの!?女性を取り巻くED不安
ED症状は男性特有のものですから、当然その不安も男性目線を中心に語っているものが多いですよね。


ですが、立場を変えて女性目線から見てみると、これもまた不安で一杯といった意見が寄せられます。

特に、最も多くの女性が感じている不安が、「女として魅力を感じていないのではないか?」という点です。


女性側の勝手な思い込みも甚だしく、ED彼氏としては「そんなことない!」と叫びたくなる意見ですが、やはりセックスに臨んで勃たない…となると、妻や恋人がこのように誤解するのも止む無しといったところではないでしょうか。

 


中には浮気を検討する女性も
更に、ED彼氏に不安を感じる女性の中には、浮気に走ってしまう女性もいるので困りものです。

もちろん、これらの女性は少数派ではあるものの、男性との交わりを求める気持ちはやはり否定できません。


また、「彼氏が他の女に浮気しているから勃たないんだ」とあらぬ誤解を招いた故の結末…といった事例も認められていますから、いずれにせよEDが女性に対して良い影響を与える事は少なそうです。

 


ED治療を勧めめられたら
また、ED彼氏を持つ女性の約半数は、彼氏にED治療を勧めた事があるというアンケート結果も報告されています。

ですが、残念ながら男性側の反応は芳しくないものが多く、一度伝えただけで諦めてしまったというケースも少なからず存在します。

ED問題はデリケートな部分ですから、彼女とは言え他人から指摘されると、つい言い返したくなったり否定したくなる気持ちも理解できます。


ですが、ED治療を放置して最終的に困るのはたいていの場合は男性側です。


もし彼女にED治療を進められたら、ここは男性が一歩引いて、素直にED治療の勧めを受け入れてあげると良いでしょう。

 


まとめ
勃起不全症状は、軽く見ていると大切な恋人との関係を壊してしまいかねない大変深刻な症状です。


ご自身だけでなく、妻や恋人も不安に思っていますから、早期治療する事が大切です。

幸い、バイアグラやバイアグラジェネリックは女性に対する認知度も高く、偏見や誤った認識を持たれる危険の少ない医薬品ですから、安心して治療に励むことができます。


バイアグラとバイアグラジェネリックの違いとは?

近年では、バイアグラとして販売されているED治療薬も、そのほとんどがバイアグラジェネリックとなっています。

ジェネリックと聞くと、「バイアグラとは違うのか?」とか、「効き目が低そう」というようなイメージを持っている人が多いですが、中身の成分については何の違いもないということになりますので、効き目については同じです。

今回は、バイアグラとバイアグラジェネリックの違いについて詳しく紹介していきます。


バイアグラというのは、開発した製薬会社が販売している薬剤名
新しい薬剤を開発すると、その薬剤には特許権が発生することになります。

薬剤の特許権の存続期間は20年となっていて、特許権が認められてから20年間は、その薬剤を開発した企業以外が、対象となる薬剤を販売してはいけないという決まりになっています。

そのため、1つの企業で開発・販売されている薬剤となるために、数が少なかったり、価格が効果になっていたりというようなデメリットもあります。


バイアグラの特許権が切れたことによってバイアグラジェネリックが生まれる
特許権の存続期間が切れると、他社の製薬会社でも同じ成分の薬剤を開発・販売することが出来るようになります。

これが、ジェネリック薬品と呼ばれる薬剤になっていますが、特徴としては、「同じ成分で構成されている」ということになります。

しかし、元の薬剤と比べると、開発・販売している企業も多くなり、世界中で作られているということになりますので、効き目が同じでも価格が暴落することになります。


バイアグラの特許権が切れていないのに、ジェネリック薬品が販売されているのは何故?
バイアグラというのは、1998年にアメリカのファイザー社で開発されたED治療薬です。

そのため、特許権が切れるのは2018年となっていますが、2017年現在、世界中でバイアグラジェネリックが販売されています。

この理由というのは、インドの国内法に原因があります。

インドの法律では、「特許権が切れる=ジェネリック薬品を作れる」というように定められていないために、特許権が切れる前の薬剤についてもジェネリック薬品を作ることが可能になっています。

このようなことをされると、開発元の製薬会社からすると営業妨害に近いようなことになっていますが、インドでは安価にジェネリック薬品を販売することによって貧困国に輸出することが出来るようなシステムになっています。

そのため、欧米諸国も新しい法律を作ってインドの法律に対抗しようとしていますが、インドからジェネリック薬品が輸出されなくなると、貧困国の医療が崩壊してしまうということに繋がりますので、世界の医療を守るという視点から見ると強攻策に出ることが出来ないことが特徴的です。

バイアグラジェネリックも同じように、特許権についてはまだ切れていませんが、インド国内では開発することが可能になっていますので、インドで作られたバイアグラジェネリックが世界中に出回っているということになります。


まとめ
バイアグラとバイアグラジェネリックの効果面での違いというものはありません。

同じ成分で構成されているために、効果に違いが出るということはありませんが、価格面で大きく異なるということが特徴的です。

ただし、バイアグラジェネリックの場合は、ニセモノも多くなっていて、医療関係者が独自に調べた内容だと、個人輸入で購入できるバイアグラジェネリックのおおよそ半分がニセモノだったということが挙げられますので、購入の際には十分に注意するようにして下さい。

 

JUGEMテーマ:ED治療薬

 


ED(勃起不全)の彼氏にかける3つの言葉

彼氏がED(勃起不全)に悩んでいるという女性は、思いのほか多く存在するものです。

男性特有の病気ですから、女性視点では中々言葉をかけづらい…とお悩みを持っている方も珍しくありません。

ですが、EDの半分は精神的要因から来ています。

どのような医薬品よりも、愛する女性の一言が治療へと繋がるケースも珍しくありませんから、EDに対する彼氏との接し方を知っておくと良いでしょう。

優しい言葉が何よりも良薬?
EDに悩む男性の多くは、やはりパートナーである女性に対して申し訳ないという気持ちを持っています。

言葉にするかしないかは個人差がありますが、多くの男性は男としての自信を失いかけていると言っても差し支えありません。

そんな時、パートナーである女性の言葉はとても心に染みるものです。

「触れているだけでも幸せ」「セックスだけが全てじゃない」といった優しい言葉をかける事で、多くの男性は不安や心の負担を軽くします。

EDは精神的なプレッシャーや負担も大きく影響する病気です。

長い目で見て優しい言葉をかけてあげる事が、回復への一番の近道となります。
<h2>詰め寄ったらダメ!ED彼氏を取り巻く悪循環</h2>
ED彼氏を持つ女性の中には、つい相手を詰め寄ってしまう方も存在します。

「せっかくのデートなのに…」「私に魅力を感じていないのかも…」等々の不安から、つい彼氏を責めてしまいたくなるお気持ちは十分に理解できます。

ところが、これらの行動はお互いの関係を悪くしてしまうばかりか、ED治療にも悪影響を及ぼしかねないので注意が必要です。

特に若い人のED症状は肉体的な問題よりも精神的な負担に起因する事が多く、そんな彼氏を責めてしまうと更なる負担でED症状が悪化してしまいます。

また、精神的な原因は仕事の悩みや、経験不足によるセックスそのものに対するプレッシャーといったものが多いので、決して貴方に魅力を感じていないと断言できるものではありません。

お互いの関係性を踏まえて、長い目で治療に協力してあげましょう。

 

精力剤やED治療薬の上手な勧め方
とはいえ、ED彼氏とずっと付き合っていくのは難しいですよね。

EDは治療不可能な病気ではありませんから、中々行動を起こさない彼氏に対しては、パートナーとしてアドバイスしてあげる事も必要でしょう。

ただし、あまりストレートにED治療を紹介すると、気分を悪くしてしまう男性も少なからず存在します。

多くのED彼氏は何らかのストレスを感じている事が多いので、普段から相手の様子を観察し、心に余裕がある時に声をかけてあげる</strong>と、気持ちが治療に対して前向きな気持ちになるでしょう。

 

 

 

 


国内最大級の偽バイアグラ偽造密売事件・ゴールドバイアグラとは?

 

 

2016年10月、日本・中国・韓国の3カ国にまたがる国内最大級の偽バイアグラ偽造密売事件が世間をにぎわせました。

本稿では産経新聞「金色で強力?偽バイアグラで巨利むさぼる密売集団 インクで着色、不衛生な粗悪品」の記事をもとに内容を追っていきます。


アパートの一室が偽バイアグラ工場!?

 

性的不能(ED)治療薬「バイアグラ」の模造品を販売目的で隠し持っていたとして、台湾人や韓国人ら男女3人の密売グループが10月、医薬品医療機器法違反などの疑いで大阪府警に逮捕された。

府警は複数の関係先から国内で過去最多級となる錠剤約30万錠を押収。

中には「ゴールドバイアグラ」と称して金色にコーティングし、強力な効能をうたった錠剤もあった。

グループは中国の密売組織から韓国経由で錠剤や容器などを品目ごとに輸入していたとみられ、それらを大阪で集約して拠点の“工場”で製品化。全国の密売人に売りさばいて巨利を得ていたようだ。


「韓国から偽バイアグラなどが国際スピード郵便で府内に頻繁に送り付けられている」という大阪税関からの通報が捜査のきっかけになったそうです。捜査の結果、偽バイアグラ約30万錠(!!)が押収されたそうです。ものすごい数ですね・・・

偽バイアグラ入手の手口とは??

 

府警によると、女らのグループは韓国の協力者から、府内の在日韓国人らが経営する料理店やエステ店に容器やラベルなどを品目ごとに送付させていた。後日、グループの関係者が「送り先を間違えた」などと説明し、引き取りに来ていたという。送り主の名前や住所は韓国語の通訳が読んでも意味が分からない走り書きだった。不審な荷物として大阪税関が着目し、開封して検査したことが事件発覚の端緒となった。

錠剤は郵便だけでなく台湾人の女や韓国人の男が自ら運び屋となって韓国から持ち込むこともあったようだ。今年9月までの2年9カ月の間に女は64回、男は37回も出入国を繰り返していた。他にもキャリーバッグを引いて観光客を装ったアジア系外国人が、グループの拠点に出入りする姿も確認されている。

2人が利用していた関西国際空港は韓国や中国からの観光客であふれており、捜査関係者は「大阪で外国人が大きなキャリーバッグを引いて歩いても目立たない。堂々と錠剤を持ち込むための隠れみのにした可能性もある」と指摘する。
 


シルデナフィル成分量が驚愕の220mg!?

 

こうして密輸した錠剤や容器などを拠点の一室に集め、1ボトルに30錠を詰めて次々と製品化していた。

押収した偽バイアグラは正規品のコピーである青い錠剤もあったが、捜査関係者の目を引いたのは金色に塗られた錠剤だった。

「ゴールドバイアグラ」と名付けられた架空の商品で、成分は正規品の5〜10倍の「シルデナフィル220ミリ含有」をうたっていた。

すさまじい効能がありそうだが、捜査幹部は「数字が大きければ効果が高いというものではなく、体格に応じた適量がある。粗悪品で実際に表示された含有量があるのかどうかも分からず、健康被害が心配だ」と厳しい表情で語る。

 

 

シルデナフィル220mg配合とはものすごい(笑)
上記でも述べられているように、「シルデナフィル成分量が多い=効果が高い」というわけではありません。グローバル成分量である100mgは日本では認可されていません。これは日本人の体格が欧米人よりも相対的に小さいため、100mg服用に伴う副作用を考慮した結果と言われています。ED治療研究所でも、バイアグラジェネリックの初めての利用時は50mgもしくは25mgでの服用をお勧めしています(ピルカッターなどで錠剤は簡単に分割できます)。


プリンター用インクで錠剤に着色!?

 

中国に偽バイアグラの密造所があるとの情報があり、不衛生な環境下でプリンター用のインクで錠剤を着色している形跡もある。

中国の犯罪組織が密造した偽バイアグラが韓国を経由して日本に持ち込まれた−。これが捜査当局の見立てだが、国内だけでも「卸元」や「中卸し」、「密売人」など役割が明確に分かれていた。

組織の全容は分からないが、今回の摘発も「トカゲの尻尾切り」に過ぎないのかもしれない。


今回のビジネスモデル(?)では、末端に位置する利用者はゴールドバイアグラは個人輸入品として雑誌などの広告を見て購入していたとのこと。

需要(=買う人)があるからこうした事件も起こるわけですが、偽物バイアグラ服用での死亡例もあるので、ED治療薬の購入は必ず正規品の購入を重ねて推奨いたします。

どんな薬にも副作用はあり得るため、偽物だから副作用が多いというわけではありませんが、プリンターで着色された錠剤なんて、もはや薬品とは言えませんので。。

ED治療薬としてバイアグラが悩める男性の救世主として販売され四半世紀。

ED治療薬は医者による処方箋が必要な処方薬で、簡単には入手できない薬でした。しかし今では、医者に頼らずED治療薬を手に入れる方法(個人輸入による購入)が一般化しています。

しかし、簡単に購入できるからこそ押さえてほしいポイントがあります。

それは・・

1.使用方法をきちんと守ること

2.偽物を購入しないこと


ED治療研究所ではそのための情報発信と偽物ではない正規品を販売するきちんとした個人輸入代行業者のみをご紹介していきます。

「簡単」「自由」の裏側にある「自己責任時代」の頼れる羅針盤を目指して。

 

 

出所:産経新聞デジタル:金色で強力?偽バイアグラで巨利むさぼる密売集団 インクで着色、不衛生な粗悪品

 

JUGEMテーマ:ED治療薬


ED(勃起不全)で悩む男性のための原因解決3つの方法

勃起不全を解決する方法は様々なものが存在します。

様々な原因により発症するのがED症状ですから、解決法も多種多様になるわけです。

今回は、その中でも特に効果が高いと言われている解決方法をご紹介しますので、お悩みの方は是非参考にして見て下さい。


信頼度抜群!ED治療薬でギンギンに!
第一にご紹介する解決方法が、バイアグラジェネリックなどに代表されるED治療薬の使用です。

これらバイアグラジェネリックは、いずれもシルデナフィルという有効成分を含有しており、このシルデナフィルが勃起を妨げる酵素を阻害し、血管の正常な拡張を促すというメカニズムになっています。

バイアグラジェネリックを使用した治療は、他の方法では解決が難しいと言われる、加齢による身体機能の低下などによりEDが疑われる方にも効果が高い解決方法ですから、お悩みの方は一度検討してみると良いでしょう。
多くの方が、まるで20代の頃のようにギンギンの勃起力を獲得しています。


お疲れの方必見!精力剤も見逃せない
続いてご紹介したい方法が、精力剤の使用による勃起不全の解決です。

こちらはED治療薬と異なり、興奮を促したり性欲そのものの向上を有していたりと様々な効用を持つ製品が多く、疲労やストレスなどが原因でED症状を患っている方に特に愛好されています。

滋養強壮効果を含んだ製品も多いので、体によしペニスによしと非常にオススメできるアイテムだと言えます。

ただし、ED治療薬のように肉体的な要因による勃起不全そのものを治療する製品ではありませんから、注意が必要です。

 

継続が大事!ペニストレーニング
最後のご紹介したいED対策が、ペニストレーニングです。

亀頭をむき出しにする、海綿体の伸長を促す、イメージトレーニングによりセックスへの自信をつける等々、様々な方法が存在します。

あまりに方法が多いので、どの手法を試すべきか迷ってしまう部分もありますが、逆に言うと自分に合った方法を見つけやすい点が魅力です。

また、医薬品や精力剤を使用するわけではありませんから費用はかからない点もありがたいですね。

ペニストレーニングは、一朝一夕では効果が得られません。
前述の2つの解決策と併用してED治療を目指している方も多いので、工夫と根気が必要な解決方法だと言えるでしょう。
<h2>まとめ</h2>
EDの原因が様々ならば、EDの解決方法も様々です。「どうせ自分はEDだ…」と簡単に諦めてしまわずに、根気よく様々な治療方法を探ってみると良いでしょう。

 

 


勃たない病気ED(勃起不全)とは?2つのタイプと原因と解決策

セックスに対する意欲はあるのに、何故か勃たない…そんなお悩みを抱えている方は、一度ED症状を疑ってみると良いかもしれません。

EDは様々な原因により引き起こされる病気ですが、原因別に解決策が異なる為に、まずはご自身のED症状がどの原因からくるものか正確に把握する事が肝要です。


生活習慣は大丈夫?器質性EDとは?
冒頭で述べたとおりEDには様々な原因が存在します。

そのうちの一つである器質性EDは、ED症状の中でも最も多いと言われている病気です。

器質性EDの原因は主に加齢やそれに伴う体機能の低下により、血流が悪くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまい勃起しなくなる事だと言われています。

自覚症状が勃起不全しかない事も多い病気ですから、心的なストレスなどと勘違いしてしまう事も多く、気がついたときには手遅れになっていることも珍しくありません。

人体は多くの人が思っている以上にデリケートに出来ています。

加齢による原因以外にも、喫煙や不摂生などにより血流が悪化してしまうこともありますから、生活習慣にも気を配ってみるとと良いでしょう。

 


ペニスは非常にデリケート?心因性EDとは
心因性EDとは、前述の器質性EDとは異なり心的なストレスを原因として引き起こされる勃起不全症状です。

20~30代でED症状が出てしまった場合、加齢による体機能の低下などが考えられるケースは少ないですから、こちらを疑ってみた方が良いかもしれません。

たかがストレス程度で…とお考えになる方もおられるかもしれませんが、ペニスは人体の中でも特にデリケートな部分です。

パートナーとの間にある直接的な感情は勿論、ビジネスシーンで受けたストレスや、セックスに対する緊張感などが勃起不全として表れてしまう事も珍しくありません。

肝心な時に失敗してしまわないよう、普段からリラックスできる環境を形成する事が大切です。


医薬品の思わぬトラブル?薬物性EDとは
少し特殊な事例になりますが、EDには医薬品により引き起こされるものも存在します。

精神科や心療内科で処方される精神に作用する薬の中には、勃起を妨げるものが存在しますし、循環器内科などで処方される血管の圧力を下げる薬も勃起不全を促進してしまう場合があります。

これらの医薬品を利用している場合は、ED症状などが出た場合は主治医に相談して解決を図ると良いでしょう。


おわりに
ED症状は肉体的部分だけでなく精神的な影響も大きい症状です。
うまく原因を特定して、精力剤やED治療薬など、適切な治療法を見つけ出す事が、解決への第一歩となります。

 

 

 

JUGEMテーマ:ED治療薬

 


| 1/2PAGES | >>

スマートフォン

最新記事一覧

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM